フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

タグ:ラロ ( 1 ) タグの人気記事

ラロ作曲のバレエ「ナムーナ」の再演

1908年3月27日(金)

(「フィガロ」3月21日付の記事から)
オペラ座では「ナムーナ」の総稽古を来週3月26日(木)に決定した。翌金曜日が再演初日となる。このエドゥアール・ラロのバレエがオペラ座で初演されて以来、ちょうど26年半となる。完全に忘れ去られていた作品の再演までにかくもすみやかに進められるまでにはかなりの労力が必要だった。支配人のメサジェ、ブルッサン両氏の指示により演出がやり直され、振付が修正され、舞台装置や衣裳まで新調された。
f0028703_16404567.jpg
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288034 « Le Figaro » le 21 Mars, 1908
画像 Crédit d’Image:© BNF-Gallica : ”Namouna” 1er acte, 1er tableau; par Philippe Chaperon, Juillet 1881. / http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/btv1b7001124z

[ Ψ 蛇足 ]
エドゥアール・ラロ(Edouard Lalo, 1823-1892)の家系は、スペイン国境に近いバスク地方の出身だった。北仏リール生まれながらその音楽には情熱的な一面を感じさせるものが多い。作曲が一般に認められたのは50歳を超えた1870年代以降になってからだった。
上掲(↑)の画像は「ナムーナ」の原型となった同名の劇作品の舞台装置画と思われる。フィリップ・シャプロン画。
「ナムーナ」(Namouna)はオペラ座バレエ団からの注文で、リュシアン・プチィパの振付で初演されたが、斬新だったためか極めて不評で、ほとんど埋没されていた。初演当時、ドビュッシーやフォーレが絶賛したことでも知られ、恐らくメサジェも同意見だったはずで、今回の再演に至ったのだろう。下記のとおり、現在では主要なバレエ団のレパートリーに入っている。
初演の直前にラロが病気で動けなくなり、グノーが手助けして楽譜を完成させた話は他でも読んだことがある。

***アンリ・ビュッセル著「パリ楽壇70年」、©池内友次郎・訳編、音楽之友社刊より引用:
[第10章] 3月30日:オペラ座でエドゥアール・ラロの舞踊曲「ナムーナ」。極めてユニークな音楽性を有する作品。友人ラロが重病になったとき、グノーが、すばらしい熟練で書きあげたオーケストラ編成。・・・この総譜は、わがバレエ曲目の宝石の一つである。しかしながら、これは不当にも忘れ去られている。

*参考サイト:
(1)Wikipedia(和文)エドゥアール・ラロ
(2)「白の組曲」:東京バレエ団初演:1997年10月04日音楽:エドゥアール・ラロ (「ナムーナ」からの抜粋)
[PR]
by utsushihara | 2008-03-27 16:38 | オペラ、音楽、演劇1907-08