フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

タグ:ファリエール大統領 ( 1 ) タグの人気記事

スペイン国王一行のパリ訪問

f0028703_18776.jpg1907年10月28日(月)

スペインの国王アルフォンソ13世夫妻が幼い皇太子(アストゥリアス公)を連れて「非公式に」パリを訪れた。同行したのは外務大臣のサラザール閣下、宮廷女官長のサン=カルロス公爵夫人、大貴族のサント=マウロ公爵、侍従長のトレシーラ侯爵、参謀副官のグロス伯爵である。一行は11月17日に英国で行なわれる予定の両シチリア公国のカセルタ伯爵家のカルロとフランス・オルレアン家のルイーズ公女との婚礼に参列するための旅行であり、その途上でパリに立寄ったものである。夜にはエリゼ宮で夕食会が開かれ、芸術的な夕べが催された。その後、エリゼ宮を後にした一行はまっすぐアンヴァリッド鉄道駅に赴き、シェルブールに向けて出発した。シェルブールでは国王の栄誉を称える駆逐艦の演習が行なわれる。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.35; Déc. 1907

[ Ψ 蛇足 ]
写真(↑)は、ファリエール大統領に生後5ヶ月の皇太子を会わせるヴィクトリア妃。同妃にとっては今回の英国旅行が里帰りの機会でもあり、赤児を連れてきた理由が納得できる。
f0028703_1873118.jpgまた今回のフランス立寄りには、外務大臣のサラザール(Allen de Salazar)や参謀副官のグロス(Grosse)が同行しており、モロッコで展開中の軍事作戦で仏西が協力して行動している点も見逃せない。
右(→)画像は、射撃を愛好し、自信もあるアルフォンソ国王が滞在のわずかな時間をさいてその腕前を披露している。
スペインの皇太子は伝統的にイベリア半島北部のアストゥリアス公爵領(Principado de Asturias)を受け、その名を称している。英国のウェールズ公(Prince of Wales)と同様である。

**これまでの関連記事france100.exblog: スペイン王室で長子誕生(1907.05.10)
[PR]
by utsushihara | 2007-10-28 18:04 | フランス政治社会1907-08