フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

タグ:ゾラ ( 3 ) タグの人気記事

ルーヴル百貨店の創業者ショシャール死去

1909年6月5日(土)f0028703_2349239.jpg

ルーヴル百貨店の創業者の一人であり、億万長者であったアルフレッド・ショシャール氏は6月5日死去した。彼は相当な金額と数量を誇る絵画と装飾品の収集家としても知られたが、そのほとんどをルーヴル美術館に遺贈した。また、独身生活を送った彼には遺産相続人がおらず、その莫大な遺産は遺言により親しい友人や使用人たちに分け与えるか、さまざまな慈善団体への寄付となった。受贈者としては、元文部大臣だった政治家のジョルジュ・レイグ氏、フィガロ紙の編集長ガストン・カルメット氏、ブルサン夫人などが挙げられる。
葬儀はマドレーヌ寺院での告別式のあと、ペール・ラシェーズ墓地までの葬列に物見高い大勢の人々が沿道に集まり、念入りに用意されていた豪華な装飾の霊柩車を見送った。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.54; Juil. 1909
画像Crédit photographique:©BNF-Gallica #5526278 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.25; 19 Juin, 1909

[ Ψ 蛇足 ]
アルフレッド・ショシャール(Alfred Chauchard, 1821-1909)は実業家として、仲間のオーギュスト・エリオと共にルーヴル美術館の近くのリヴォリ街に面したグラン・オテル・デュ・ルーヴルの一階で店舗を構え、「ギャルリ・デュ・ルーヴル」と称していた。折しも産業革命の進展と万国博ブームで、パリでは消費文化が急速に拡大し、あちこちにデパート(グラン・マガザン)が開業した。彼らも新たにパレ・ロワイヤル広場に面したビルを買い取り、2年の改装工事のあと1877年にデパート「レ・グラン・マガザン・デュ・ルーヴル」(ルーヴル百貨店)を開店した。ショシャールらは巨万の富を築いた。このデパートは、エミール・ゾラの小説『ボヌール・デ・ダム百貨店』のモデルともなった。

f0028703_23494220.jpgその後1879年にエリオが死去し、後継者に経営権が移ると、理由は不明だがショシャールは1885年に株を譲渡し、経営から手を引いた。それからは美術品の収集や文化人との交遊を深め、例えばバルビゾン派の巨匠ミレーの名画「晩鐘」が米国の美術館に売られそうになるのを、高値で競り落として買い戻したりした。

(←)画像はパリ8区ヴェラスケス通りの自邸を出てロンシャンの別邸に赴くありし日のショシャールの姿である。

*参考サイト:
(1)Wikipedia(仏語)Grands Magasins du Louvre
(2)Les Grands Magasins du Louvre - Paris 1er(仏語)写真でたどる変遷
(3)Wikimedia commons; Fichiers multimédias dans la catégorie « Grands Magasins du Louvre »
(4)BNF-Gallica Exposition de “Au bonheur des Dames” de Zola(ゾラの小説の挿絵展)

**これまでの関連記事france100.exblog:デパートのお歳暮広告(1908)(1908.12.07)
[PR]
by utsushihara | 2009-06-05 23:48 | フランス社会政経1909-10

パンテオンへのゾラの改葬

f0028703_172557.jpg1908年6月3日(水)~4日(木)

国会での採決に従い、6月3日ゾラの遺骸のモンマルトルの墓地からパンテオンへの改葬が着手された。その翌日4日、パンテオンにおける厳粛な祝典が行なわれたあと、ファリエール大統領をはじめ、政府高官など多数の参列者が建物の前で儀仗兵を観閲するために出てきたとき、ルイ・グレゴリという政治評論家が参列者の中にいたアルフレッド・ドレフュス司令官に向かって2発続けて銃弾を発射し、腕を負傷させた。犯人はただちに計画殺人未遂の容疑で取り押さえられた。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102982 « Je sais tout » No.42; Juillet, 1908
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288112 « Le Figaro » le 5 Juin, 1908
画像 Crédit d’image : © Wikimedia Image: Zola au Panthéon 1908.jpg
Couverture de "L'Assiette au beurre" No.374, 30 mai, 1908
f0028703_1715045.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
「余は弾劾す」(J’accuse !)の新聞論説でドレフュス事件の大論争の契機となったエミール・ゾラ(Emile Zola, 1840-1902)は1902年に不慮の死を遂げ、当初はモンマルトル墓地に埋葬された。その後、裁判のやり直しが進められ、1906年にドレフュスの無罪が確定し、名誉回復が行なわれた。それとほぼ同時にゾラの遺骸のパンテオンへの移葬(panthéonisation)、つまり国家的な偉業を成し遂げた人物をパンテオンに「合祀」すること、が議決され、2年後の1908年に改葬が実行されたのである。(↑)画像は当時の風刺的な絵入新聞の一つ「うまい汁」(アシエット・オー・ブール Assiette au beurre=バター皿の裏の意味)の表紙絵である。

アルフレッド・ドレフュス(Alfred Dreyfus, 1859-1935)はつくづく強運の持ち主だと痛感させられる。
和文ウィキペディアの《アルフレド・ドレフュス》(小文字のッがない表記)も参照させてもらったが、明らかに翻訳ミスと思われる個所があった。近々修正されるだろう。(↓)
>ドレフュスは1908年にエミール・ゾラの翻訳会に出席していた際、不満を持ったジャーナリストに銃撃され腕を負傷した。

なお銃撃犯のルイ・グレゴリ(Louis Gregoli)はイタリア系の国粋主義者で、ドレフュスに対する抗議行動として発砲したと主張し、数ヵ月後の公判ではなぜか無罪放免となった。

*参考サイト:Centre des monuments nationaux: L'Exposition « Zola au Panthéon »
パリのパンテオンでは、ゾラの改葬100周年を記念する展示会 "Zola au Panthéon" が2008年6月から10月まで開催されている。
**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)ドレフュス事件の再審(1906.06.15)
(2)ドレフュス事件、第2回目の再審(1906.07.12) ドレフュスの無罪判決

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2008-06-03 16:52 | フランス社会政経1909-10

ドレフュス事件の再審

f0028703_17202486.jpg
1906年6月15日(金)

6月15日、破毀院においてドレフュス事件の再審の第2回公判が開かれた。裁判長はバロ=ボープレ氏(M.Ballot-Beaupré)である。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.18; Juillet, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
19世紀末のフランス社会全体を混乱させた「ドレフュス事件」は下記の経過で要約される:
1894年10月:ドレフュス大尉の突然の逮捕。
 同 年12月:スパイ行動の容疑で軍法会議。
1895年01月:位階剥奪となる。
 同 年02月:仏領ギアナ、悪魔島への終身流刑。

1895年11月:ベルナール・ラザールによる小冊子「裁判の誤り-ドレフュス事件」の発行。
 同 年11月:アンリ・ロシュフォールによる裏切り的反論記事「反逆者の名誉回復、無益な試み!」
1896年03月:情報部長ピカール中佐によって本当のスパイ行動の軍人が発覚する。ただし軍は自ら過ちを認めるのを嫌い、ピカール中佐をチュニジアに転勤させる。
1897年06月:ピカールは真犯人を暴く書面を弁護士に託す。クレマンソーが立場を変えて再審請求の言論活動を始める。

1898年01月:ドレフュスの兄マチューによる真犯人エステラジー少佐の告発。
 同 年01月:軍法会議によるエステラジー少佐の無罪放免。
 同 年01月:エミール・ゾラによる大統領宛ての公開書簡「私は弾劾する!」が「オーロール」紙に掲載。
 同 年02月:ゾラが軍からの告訴を受けて有罪判決となる。ピカール中佐も退役処分となる。

1898年07月:新任陸相カベニャックによる議会演説でドレフュス有罪の決定的な証拠文書の公開。
 同 年07月:ピカールによる「オーロール」紙上の公開書簡で証拠文書の偽造を指摘。
 同 年08月:調査により情報部次長アンリ少佐が偽造の事実を自白。獄中で自殺。
 同 年09月:陸相カベニャックの辞職。

1899年06月:破毀院(最高裁)による94年の判決の破棄決定。
 同 年09月:ドレフュスに対する特赦。
1900年07月:パリ万博を理由に再審開始に反対する下院の決議。

※参考:川上源太郎「ソレルのドレフュス事件」、中公新書1996年5月刊


画像は、1898年のゾラによる有名な「私は弾劾する!」(J’accuse !)の紙面。この新聞「オーロール」(Aurore)はジョルジュ・クレマンソー(Georges Clemanceau)が所有する新聞で、そのセンセーショナルな見出しも彼の天才的な編集力で付けたと言われている。上記の略年譜以降から1906年までは「うやむや」のままで数年が過ぎ去った感がある。しかしこの年の3月にクレマンソー自身がサリアン内閣の内務大臣に就任したことで、この事件の最終的な決着に向けての動きとなったのかもしれない。

ドレフュス事件ではジョルジュ・クレマンソーとアンリ・ロシュフォールという真っ向から対立する2人の言論人が際立っているが、いずれもロダンやカリエールによって肖像(彫像)を残しているのが興味深い。「知識人の事件」であるとも言われたこの事件は、特に新聞メディアにおける言論と「真偽の検証は二の次」の新事実の報道合戦によって当時の人々が右往左往させられたことが特徴づけられはしないだろうか。

松本さんの「発見記録Blog」の中に、あまり好きになれない狡猾な論客アンリ・ロシュフォールの小伝がうまくまとめられていて貴重である。彫像の共和国(6)アンリ・ロシュフォール また、事件に振り回される芸術家ロダンの姿:彫像の共和国(8)ロダンのバルザック像とドレフュス事件も参照することができる。

カナダのトロント大学にある「ジョゼフ・サブレ19世紀フランス研究センター」(Centre d’études du 19e siècle français, Joseph Sablé; University of Tronto, Canada) のサイトにある資料(仏文):L’affaire Dreyfusは図版が豊富なので興味のある方はどうぞ。
[PR]
by utsushihara | 2006-06-15 17:20 | フランス政治社会1905-06