フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

ネリー・メルバのパリ特別公演

f0028703_2114555.jpg1908年6月

7年ぶりに大歌手ネリー・メルバ女史がパリにやってくる。来たる6月11日、オペラ座で催される「劇作家作曲家協会」のガラ公演でその感嘆すべき才能の輝きをもたらしてくれるのである。
彼女の声は今耳にすることができる声の中では最も美しく、この偉大な女性歌手はその技法、その流儀、その比類ない名人芸を自在に表現することができる。恐らく生まれながらにして稀にみる天分を備えていたのに違いなく、また芸術家としての経歴を指図されていたわけでもない。
彼女は7歳のとき豪州の教会でのコンサートで最初の成功の甘美さを味わった。13歳で初めて歌手になりたいという希望を表明し、欧州に行って声楽の勉強をすることになった。パリで教えていたマルケージ女史は彼女の歌を聴くや、すぐさま自分のオペラ歌唱の教室の生徒にしたほどである。
メルバは1887年ブリュッセルのモネ劇場の『リゴレット』でデビュを果たし、栄光への道は最初から開かれていた。彼女はパリのオペラ座での『ハムレット』のオフィーリア役を歌い、その夜はカーテンが10回も揚がるほどの大喝采であった。その後、ミラノのスカラ座での成功、そして英国コヴェント・ガーデン劇場で看板歌手として留まることとなった。
かくしてメルバは11日、オペラ座の舞台に仲間のエンリコ・カルーソやモーリス・ルノーとともに現れる。パリの聴衆は改めて彼らの美声を聞き、大いなる喝采を送ることだろう。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #288117 « Le Figaro » le 10 Juin, 1908
画像 Crédit d’image : ©CMN: Ministère de la Culture de France (Médiathèque du Patrimoine et de l'Architecture) Archives photographiques diffusion RMN:NA 238 07452 N; Nellie Melba

[ Ψ 蛇足 ]
ネリー・メルバ(Nellie Melba, 1861-1931)は、オーストラリア生まれのコロラトゥーラ・ソプラノ歌手。本名はヘレン・ミッチェル(Helen Mitchel)だが、芸名をメルバにしたのは出世地のメルボルン(Melbourne)からつけたという。演奏活動は英米圏が中心であったようだ。

マチルデ・マルケージ(Mathilde Marchesi, 1821-1913)は、ドイツ出身のメゾ・ソプラノ歌手。イタリアのバリトン歌手サルバトーレ・マルケージ(Salvatore Marchesi, 1852-1926)と結婚し、パリやウィーンで声楽の教室を営んだ。上記の記事にあるようにメルバの歌唱を聞いてすぐに弟子にしたという逸話がある。

*参考サイト:
(1)Wikipedia(英文)Nellie Melba(ネリー・メルバ)
(2)Wikipedia(英文)Mathilde Marchesi (Mathilde Graumann)(マチルデ・マルケージ)
(3)全音オンラインショップ:声楽ライブラリー:「マチルデ・マルケージ」
[PR]
by utsushihara | 2008-06-08 21:18 | オペラ、音楽、演劇1907-08