フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

コルトー・ティボー・カザルスの三重協奏曲

f0028703_21362598.jpg1908年2月16日(日)

2月16日(日)午後2時半からのコロンヌ管弦楽団の演奏会は当代一流の名演奏家たちを迎えた盛り沢山で大いに興味を引く内容であった。
まず何よりもベートーヴェンのピアノ、ヴァイオリン、チェロのための三重協奏曲の初演である。この曲は大作曲家の作品の中では気晴らし的なものであるが、緩抒楽章での深い人間性あふれる感情の高まりはこの演奏ほど表情豊かに表現されたことはない。コルトー・ティボー・カザルスの三重奏団による独奏は、繊細さ、明確さ、そして輝きに満ちていた。またティボー氏とカザルス氏は、この曲の前にブラームスの二重協奏曲も独奏し、満場の聴衆は素晴しい名演奏家たちに惜しみない賞賛をおくり続けた。

もう一つの初演は、ガブリエル・ファーブル氏作曲の「四つの詩」である。これらの曲は、詩人メーテルランク氏と女流作家ジュディット・ゴーティエ女史の詩に付けたもので、意識的に簡素化した形式の中に魅惑的な親密な感情表現を盛り込んでいる。優れた歌手としても有名なジョルジェット・ルブラン=メーテルランク女史によって歌われた。彼女はこの前にラモーの歌劇「カストールとポリュックス」から美しいアリア「悲しい身支度を」を歌った。

フランスの若手作曲家による作品を積極的に取り上げているエドゥアール・コロンヌ氏は、今回アンリ・ダリエ氏の交響曲ヘ長調の初演を行なった。オルガン奏者でもあるダリエ氏の曲はしっかりした構成で非常に豊かな音楽的創造性に満ちており、確かな展開の積み重ねと管弦楽の響きがすぐれている作品であった。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #287995 « Le Figaro » le 11 Fév. 1908
出典 Crédit:©BNF-Gallica #287997 « Le Figaro » le 13 Fév. 1908
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288001 « Le Figaro » le 17 Fév. 1908
画像 Crédit photographique:© BNF-Gallica; Alfred Cortot(1877-1962).
http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/btv1b77204950

f0028703_12403977.jpg(←画像)ガブリエル・ファーブル氏(Gabriel Fabre, 1858-1921)はかつてジュディット・ゴーティエ女史の「翡翠小話集」(Les contes de Jade)にとても美しい曲をつけたことで知られるが、このたび1月15日にデロー(Delaw)氏の挿絵入りの子供のための新しい曲集を刊行した。
出典Crédit:©BNF-Gallica #102982 « Je sais tout » No.38; Mars, 1908

[ Ψ 蛇足 ]
この日のプログラム全体を下記に掲示する。
①ヴァンサン・ダンディ(Vincent D’Indy): 歌劇「フェルヴァール」第1幕への序奏(Introduction du 1er Acte de “Fervaal”)
②アンリ・ダリエ(Henri Dallier): 交響曲ヘ長調(Symphonie en fa majeur)
1.Largo et Allegro / 2.Allegreto et Final
③ラモー(Rameau): 歌劇「カストールとポリュックス」(Castor et Pollux)からアリア「悲しい身支度を」(Tristes apprêts ...) chanté par Mme Georgette Leblanc-Maeterlinck
④ブラームス(Brahms): ヴァイオリンとチェロのための協奏曲(Concerto pour violon et violoncelle)作品102
interprété par M. Jacques Thibaud et M. Pablo Casals
⑤ガブリエル・ファーブル(Gabriel Fabre): 四つの詩(Quatre poèmes) chantés par Mme Georgette Leblanc-Maeterlinck
a) 「三十年探した」J’ai cherché trente ans (Maeterlinck)メーテルランク詩
b) 「オルラモンドの七人の娘」Les sept filles d’Orlamonde (Maeterlinck) メーテルランク詩
c) 「聖母讃歌」Cantique de la Vierge (Maeterlinck) メーテルランク詩
d) 「愛の陶酔」Ivresse d’amour (Judith Gautier)ジュディット・ゴーティエ詩
⑥ベートーヴェン(Beethoven): ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための協奏曲(Concerto pour piano, violon et violoncelle) interprété par M. Alfred Cortot, M. Jacques Thibaud et M. Pablo Casals
⑦ワーグナー(Wagner): 歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲(Prélude du 3e acte de « Lohengrin »)

*参考サイト:
CNRS(Centre National de la recherche scientifique)
CAT.INIST : Un symboliste oublié : Gabriel Fabre (仏語)ガブリエル・ファーブル:忘れられた象徴主義作曲家

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)パブロ・カザルスの初めての指揮と独奏(1908.02.07)
(2)ポール・デュカの「アリアーヌと青髭」初演(1907.05.10) ジョルジェット・ルブラン=メーテルランク主役
[PR]
by utsushihara | 2008-02-16 12:35 | オペラ、音楽、演劇1907-08