フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

ナポレオン帝政転覆史劇「鷲の身震い」

f0028703_17554875.jpg1906年1月27日(土)

サラ・ベルナール劇場では、27日ポール・ガボー氏の新作「鷲の身震い」5幕6場の上演が行なわれた。この劇は、ナポレオン帝政の転覆を図ったマレ将軍の陰謀を題材としている。

事件は1812年10月22日の夜に起きた。この陰謀は失敗に終わったが、鷲=皇帝は衝撃を受け、身震いし、モスクワの敗退者はまもなく自らの転落を予見する。すべての出来事はこの10月22日の夜の間に展開する。興味深い6場の場面のなかで、警察官パスクの姪と訳を知らぬままに陰謀に加わった若い兵士シャルルとの恋愛がからむ。

この劇の与えてくれる新鮮な感動を読者に約束したい。各紙も好意的に受け入れており、とても華麗な舞台である。出演は、アンドレ・カルメット氏、クラウス氏、モーリー氏、ポール・プラン氏、ネリー・コルモン女史、マルグリット・ブレジル女史などである。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.13; Fév. 1906

f0028703_14511796.jpg[ Ψ 蛇足 ]
このマレ将軍のクーデター未遂事件についてはほとんど知らなかった。ロシア遠征中、パリで留守を預かる将軍の一人、クロード=フランソワ・ド・マレ Claude-François de Malet (1754-1812) が陰謀をめぐらし、ロシアでナポレオンが銃撃されて死んだというデマを流し、政権を乗っ取ろうとしたが失敗に終わった。これは時の権力者に対する賭け勝負のようだが、後年のヒトラー暗殺未遂事件やゴルバチョフ事件などと同じようにあっけなく暴露され、彼は一週間後に処刑された。ナポレオンがこのことを知らされたのは12月初めになってからであるが、すでにロシアからの退却の途上にあり、すぐさま全軍の指揮をミュラに任せ、急遽フランスに戻ることとなった。

第一帝政に関する歴史文献を掲載したサイト<< Anovi >> にマレ将軍の陰謀事件la conspiration Maletの詳細が読める。(仏文)
画像(↑)は当時のフランス警察庁長官ロヴィゴ公爵の名による事件の顛末公告である。

(←)画像は出演者の一人ネリー・コルモン(Nelly Cormon, 1877-19xx)の舞台姿である。アングルの絵を思わせる端整さである。
[PR]
by utsushihara | 2006-01-27 17:55 | オペラ、音楽、演劇1905-06