フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

「タンホイザー」のパリ再演

f0028703_17153830.jpg1907年10月14日(月)

***アンリ・ビュッセル著『パリ楽壇70年』、池内友次郎・訳編、音楽之友社(1966.10)刊より引用。
1907年10月14日(月):「タンホイザー」の初日も指揮する。「ヴェーヌスベルク」は、極めて悲壮な最後の幕全体と同じく、特に、ローマ巡礼の独唱とおなじく、私を熱狂させる。マルト・シュナルは、若く胸をゆさぶるエリーザベトを演じて、聴衆を心底から感動させる。

画像 Crédit d’image : ©CMN: Archives photographiques (Médiathèque du Patrimoine et de l'Architecture)

[ Ψ 蛇足 ]
アンリ・ビュッセル(Henri Busser, 1872-1973)は8月にミュンヘンにおけるフェリックス・モトルのワーグナー作品の演奏手法に大いに触発されてパリに帰り、8月、9月、10月とオペラ座でワーグナーを積極的に取り上げた。
上記の「タンホイザー」はワーグナーにとっては自身の音楽で再度パリ席捲を狙った因縁の歌劇だった。当時のフランス歌劇では必ずバレエの場面が織り込まれなければならないという伝統に妥協して、第1幕「ヴェーヌスベルク」の冒頭を改作してバレエ音楽を加えたが、それでも1859年の初演は大失敗に終わり、その後20年以上も取り上げられることはなかった。この1900年代の初めでもビュッセルらの尽力でようやくワーグナーの作品がフランスの聴衆に浸透され始めた頃である。
マルト・シュナル(Marthe Chenal, 1881-1947)はこのときはまだデビュ2年目の新進歌手(26歳)だったが、やがて第一次世界大戦が勃発すると、オペラ=コミック座の舞台でフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」(La Marseillaise)を頻繁に歌って国民を鼓舞したことでも有名になった。

*参考サイト:Marthe Chenal, la diva des années folles(歌姫マルト・シュナルのサイト:仏語)
**これまでの関連記事france100.exblog:8月のオペラ座「ワルキューレ」(1907.08.20)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-10-14 17:14 | オペラ、音楽、演劇1907-08