フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

婦人参政権運動

f0028703_1750496.jpg1906年1月

女性の権利拡大に関する宣伝活動で知られるユベルティーヌ・オークレール女史から先月本誌に届けられた手紙は次のようなものである。
「ここにお送りしたシールと絵葉書は当《女性選挙権》協会が作成したものです。もし出来ましたらこれらの複製画像を貴誌に掲載して、このシールと絵葉書がロケット街15番地にある当協会で取扱っている旨を広く知らしめていただきたいのです。」
絵葉書には次のような宣言文が記載されている。
「男性たちと同じように、法律を遵守し、税金を払っている女性たちは投票する権利を持つべきである。」

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.13; Fév. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
婦人参政権運動というと用語そのものがすでに時代がかった響きとなっているが、日本でも女性に選挙権が与えられたのは約60年前でしかない。
すでに19世紀の末頃からこの運動が活発となったが、フランスでもこの記事にあるユベルティーヌ・オークレール Hubertine Auclerc が精力的な活動を行なっていたようだ。この協会があるロケット街はパリ11区のバスティーユ広場から北東に伸びる古くからの道である。パリの情報サイトPariszine にこの女性に関する記事があったのでご参考に紹介する。Hubertine Auclerc, figure du féminisme de notre quartier 
また別な記事によると、男女の性の平等という考え、「フェミニスム」« féminisme » という言葉を最初に用いたのもこの女性で1882年のことだという。

これから先のことになるが、女性に選挙権が与えられたのは、ロシア革命および第一次世界大戦後の1920年前後が多く、ロシア、英国、ドイツ、北欧3国、米国など次々に実施された。今となってはとても不思議なことにフランスでは、法案が議員たちの頑迷な抵抗にあって承認されず、第二次大戦で占領から解放された1944年にようやく導入の暁となった。
[PR]
by utsushihara | 2006-01-26 17:42 | フランス政治社会1905-06