フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

ごみ箱氏プベルの死去

f0028703_11143688.jpg1907年7月16日(火)

元セーヌ県知事ウジェーヌ・プベル氏は7月16日死去した。彼の名前はその幸運な改革の一つに結びついており、末永く銘記されるだろう。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907
画像 Crédit d’image : ©CMN: Archives photographiques (Médiathèque du Patrimoine et de l'Architecture)

[ Ψ 蛇足 ]
ウジェーヌ=ルネ・プベル(Eugène-René Poubelle, 1833-1907)の名前は、日用品の普通名詞(ただしフランス語圏のみ)として残った珍しい事例である。(他に有名なのは電話帳/紳士録のボタン(Bottin)氏がある)
それは「ごみ箱」(プベル:poubelle)である。この単語を最初に覚えたとき、”poubelle”でなく “pour-belle”(町の美化などを連想する)だと勘違いしたが、その人名が定着したのもその連想のせいかもしれない。
(pour la belle ville de Paris)美しいパリの街のために、県知事のプベルは1884年3月に布告を出した。それは、パリの住居に供する建物のすべての所有者にごみ箱の設置を義務づけるものであった。入居者の出す生活ゴミに関して、共用の、蓋のついた、十分な量を収容できる容器であり、さらに当然ながらこれを定期的に回収する仕組みも必要とされた。ほどなくこの容器は「プベル」と呼ばれることになり、広くそれが定着し、普通名詞になった。フランスのパソコンの画面ではどうだろうか?
f0028703_11211631.jpg集合住宅(アパルトマン)がほとんどのパリの街では、現在でもコンシエルジュ(管理人)がゴミ回収日の朝にこの大型の車輪つきプベルを転がして表に出す姿を目にする。こうしてパリの街の衛生環境は飛躍的に改善し、(犬の糞以外は)きれいになった。
余談だが、街路で犬の糞の被害に会ったときは、思わず呪いの言葉(Mxxxx !) を発し、犬自身よりも、平然と立ち去るその飼い主の顔をにらみつけたくなる。(と清潔好きの被害者は怒る。)

プベル氏は「第3共和制の偉大な県知事」(Le grand Préfet de la Troisième République)とまで称された。また晩年はローマ法王庁へのフランス大使の職にも就いた。上掲(↑)の写真はその頃のものである。
*参考サイト:
(1)Wikipedia(仏語)Poubelle(ごみ箱)
(2)Wikipedia(仏語)Eugène Poubelle(人名)
(3)松本さんの「発見記録Blog」中の「ボタン氏の紳士録」(2007.04.28)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-07-16 11:09 | フランス政治社会1907-08