フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

オペラ「サロメ」のパリ初演

f0028703_2153710.jpg1907年5月6日(月)

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウス氏の作曲になる「サロメ」の初演が5月6日シャトレ座で行なわれ、異例なほどの物議をかもす結果となった。ドイツの歌劇団によって歌われ、作曲者自身が指揮をとっている。

出典:BNF-Gallica #102980 « Je sais tout » No.29; JUIN, 1907
画像 Crédit d’image : ©Photo RMN 81376 -©René-Gabriel Ojéda; Musée Gustave Moreau, Paris

[ Ψ 蛇足 ]
オスカー・ワイルドの原作にもとづくリヒャルト・シュトラウス(Richard Strauss, 1864-1949)の1幕オペラ「サロメ」(Salomé)は、下記の関連記事で参照できるように1905年のドレスデンでの初演のあと世界各地で上演された。1907年にはニューヨーク、ブリュッセル、そしてこのパリでも公演が続けられたが、ワイルドの原作そのものから与えられる異常な心理表現は19世紀末から20世紀初頭にかけての芸術各分野への衝撃でもあった。

f0028703_21532885.jpg画像(←)はギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau, 1826-1898)のデッサン「踊るサロメ」(Salomé dansant)。モローはサロメをテーマとした傑作「出現」(Apparition)を完成させるまで実におびただしい数のスケッチ、デッサンを残している。また当時のサロメ熱を反映する作品としてアメリカ・ナショナル・ギャラリーが所蔵するアルメニア出身の画家ヴァルジェス・シュレニアンツ(Vardges Sureniants, 1860-1921)による「サロメ」(Salome, 1907)も印象深い。
f0028703_1757328.jpg画像(→)はパリ公演でサロメを歌ったエミー・デスティン(Emmy Destinn, 1878-1930)。

*参考サイト:National Gallery of America; Armenian Culture; Vardges Sureniants; Salome (1907)

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)「サロメ」の初演(ドレスデン)(1905.12.09)
(2)オペラ「サロメ」のニューヨーク公演で物議(1907.01.22)

*** 新潮文庫「ジイドの日記」第2巻、新庄嘉章・訳、1907年5月22日より引用:
昨夜、シュトラウスの『サロメ』。ゲオンが、シュトラウス夫人が言ったという言葉をわれわれに伝える。夫人は、パリの聴衆が彼女の夫の作品に十分な拍手を送らないのをみて、次のように言ったというのである。「さあ、こうなったら、銃剣を持ってまた引き返して来なくてはね。」と。どうも眉唾ものだ…
ベッリーニを愛さずにはいられなくさすような、オーケストラのレトリックばかりが多い、下らないロマンティック音楽。ただ、喜劇的な絵画美、あるいは病的な絵画美の部分と、ヘロド王がサロメに踊りを所望する(…)時のサロメの沈黙のところだけは、注目すべき《腕前》を証明している。(中略)不謹慎な方法、単調な効果、しつこい繰り返し、眼に見えて明白な不誠実、あらゆる手段の間断なき動員。ユゴーでもワーグナーでも、一つの観念を表現するために隠喩が頭に浮かぶと、決して選択などはせずに、その一つをも省こうとはしないであろう。(以下略)

****アンリ・ビュッセル著『パリ楽壇70年』、池内友次郎・訳編、音楽之友社(1966.10)刊より引用。
1907年4月14日:ブリュッセルのテアトル・ド・ラ・モネ。リヒャルト・シュトラウスの「サロメ」の初演。この大音楽家の劇作品を聴くのは初めてである。オスカー・ワイルドの輝かしい妖艶な詩に基いて、作曲者は感嘆すべきオーケストラの色彩をもつ極めて豊かな総譜を書いている。シャルル・マザラン夫人がサロメの役を情熱的に演じる。オーケストラを力強く指揮するのは、著名な指揮者シルヴァル・デュピュイである。パリへ帰って、印象をメサジェに伝える。彼はこの作品をパリで上演することに決定する。
[PR]
by utsushihara | 2007-05-06 21:56 | オペラ、音楽、演劇1907-08