フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

偉大な化学者ベルトロの国葬

f0028703_0264060.jpg1907年3月

フランスにおける科学界の栄誉の一人、マルスラン・ベルトロ氏は3月21日(*) その妻が死んだことを知った直後、学士院内の住居で急死した。1827年パリに生まれ、あと半年ほどで満80歳になるところであった。彼の最大の業績は有機物の合成に至る研究であり、化学に画期的な革新をもたらした。彼はまた科学アカデミーの終身幹事であり、フランス・アカデミーの会員であった。政治的には上院の終身議員でもあり、文部大臣と外務大臣を歴任している。
画像で見られるように盛大なベルトロ夫妻の葬儀には、ダルスタン将軍指揮のパリ駐屯部隊が装飾の施された霊柩車を引導し、パンテオンまで運んだ。

出典:BNF-Gallica #102980 « Je sais tout » No.28; MAI, 1907

f0028703_026575.jpg[ Ψ 蛇足 ]
マルスラン・ベルトロ(Marcelin Berthelot, 1827-1907)は19世紀後半から20世紀にかけてフランスの科学の発展に大きな貢献をした一人である。生涯に1200を超える有機化学や熱化学に関する論文を出したが、産業界はその発見の多くを享受している。

( *) 死去の日は現在では1907年3月18日(月)とされている。記事の日付とは異なるが、当時の情報伝達の不確実さはやむを得ない場合が多い。ベルトロの最愛の妻ソフィが息を引き取ったとき、彼は余りの悲しみに30分も経たぬうちに心身の不調に陥り、急死した。夫妻の遺骸はパンテオンに埋葬された。

名前のマルスランについては、Marcellin と l が2つ続く表記もあり、Marcelin か Marcellin のどちらが正しいのかがわからない。(検索で出る権威のある数サイト中でも五分五分である。)

にほんブログ村フランス情報ブログへ
[PR]
by utsushihara | 2007-03-24 00:25 | 科学、軍事、海事1907-08