フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

アナトール・フランスの最新作と黄禍論

f0028703_22175946.jpg1905年2月

『白き石の上にて』(Sur la pierre blanche) これが最近出版されたアナトール・フランス氏の最新作のタイトルである。この大作家はとりわけ都市の未来、生活、風俗、社会問題などを洗練された筆致で描き出している。2240年におけるユートピア物語である。

出典:BNF-Gallica #102976 « Je sais tout » No.2; Mar. 1905
図版の出典:BNF-Gallica #102976 « Je sais tout » No.2; Mar. 1905; Le Péril jaune より

[ Ψ 蛇足 ]
記事ではこのように書いてあったが、たまたま1月にあった記事の《 黄禍論 》に関連して『黄禍論とは何か』という本を参照してみた。その第4章「黄禍論にたいするフランスの視点」でアナトール・フランスのこの小説に言及する記述を見つけた。

「現在ロシアが満州で日本を相手に戦っている戦争は、もはや本来の意味での植民地獲得戦争ではない。なぜなら、植民地獲得戦争というのは、これまですべて、ヨーロッパ側が相手に対して優位に立つというのが定石だったからだ。」とアナトール・フランスは苦々しい皮肉をこめて語る。(瀬野文教・訳:ゴルヴィツァー著『黄禍論とは何か』)

「白禍が黄禍を作ったのですよ。この世界において神の正義としての存在が必然的に導く連鎖なのです。・・・日本は、これまで中国と朝鮮に厳しい姿勢をとりながらも、中国に対するヨーロッパ諸国の犯罪を償わせる目的でその復讐者の役となり、黄色人種の希望となるような気がします。」(写原祐二・試訳:Sur la Pierre blanche;Chap.IV)

いずれにしても日露戦争は、歴史的な意味で欧米諸国には大きな衝撃と反響を呼んだ事件だったと再認識する。《黄禍論》についてはさまざま角度からの多様な議論があり、必ずしも黄色人種に対する脅威もしくは蔑視だけではないようだ。また取り上げる機会が出てくるかもしれない。

◇参考文献
○ハインツ・ゴルヴィツァー『黄禍論とは何か』瀬野文教・訳1999年、草思社刊
 Heinz Gollwitzer : Die Gelbe Gefahr
○アナトール・フランス『白き石の上にて』権守操一・訳 1950年、白水社刊<長編小説全集11>
○Anatole France(1844-1924) Sur la Pierre blanche, 1905 Calmann Lévy, Paris
http://visualiseur.bnf.fr/Visualiseur?Destination=Gallica&O=NUMM-101910
[PR]
by utsushihara | 2005-02-06 22:15 | 文芸、評論1905-06