フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

ラ・ロッシェルで大海事週間(1909)

1909年8月25日(水)
f0028703_2373516.jpg1909年の大海事週間(La Grande semaine maritime de 1909)は8月末にフランス西海岸のラ・ロッシェル(La Rochelle)、ラ・パリス、ロシュフォール、レ・サーブル・ドロンヌの4港にまたがって開催された。
8月25日は朝から雨が降り続き、婦女子の白いドレスや夏のお出かけ着にはあいにくの天候だった。昼頃にようやく空が明るくなり、午後には素晴しい太陽が照りつけた。14時にはラ・パリス(La Pallice)で恒例のヨットレースが行なわれた。

f0028703_2382285.jpgしかし今年は大きな催しが人々の注目の的であった。それは新たに海事相となったブエ・ド・ラペイレール提督(Boué de Lapeyrère)の指示で地中海艦隊の主力を現地に巡航させ、大西洋艦隊と交歓するという大がかりな行事が含まれていた。地中海艦隊には大型戦艦「ガリレオ」、「エルネスト・ルナン」、「民主主義(デモクラシィ)」、「共和国(レピュブリク)」、「祖国(パトリィ)」の5隻も参加しており、双方で戦艦12隻、巡洋艦17隻というまさにフランス海軍力の壮大な集結であった。  
予告されていた合同演習はなかったが、我が海軍艦隊の雄姿を間近に眺めたいと望む人々を満載した船舶が湾内を出入りし、それだけでも賑やかな一日となった。
f0028703_2375620.jpgまたラ・ロッシェル駅では夕方5時頃、海事相のブエ・ド・ラペイレール提督が列車で到着するのを迎える人々でごった返した。県知事をはじめラ・ロッシェル市長や当局者が国旗やリボンを飾った待合室で待機していた。待ち構えた群衆が拍子抜けしたのは、到着した大臣の服装が儀礼に則った軍服ではなく、平凡な平服と黒い帽子姿で、そのまま部屋を通り抜けて車に乗り込んだことである。提督は直接県庁舎に赴き、レセプションが開かれた。それに続き市議会と商工会議所主催の晩餐会が大広間で催され、300人の要人たちが招かれた。
ラ・ロッシェルでの催事はこの日が最後だったが、大海事週間の祭典は、明日はロシュフォール(Rochefort)で、日曜日にはサーブル・ドロンヌ(Sables d’Olonne)で続けられる。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.57; Oct. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #5526285 « Touche à tout » No.8; Août, 1909
画像 Crédit photographique:© notrefamille.com; Cartes Postales 1900 - Souvenir de la Grande semaine maritime (Août, 1909) Le cuirassé "Ernest Renan"
[PR]
by utsushihara | 2009-08-22 23:06 | 科学、軍事、海事1909-10