フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

大航空週間の開幕

1909年8月20日(金)

ランスの北部、ベテニーでは盛大な熱気をもって航空立国の創設者たちを迎えようと準備が進められている。これまでにない大がかりな飛行機のための祭典は《大航空週間》(La Grande Semaine d’Aviation)と呼ばれ、22日から29日まで飛行機のさまざまな性能を競い合う大会が催される。以下はその概要である。
f0028703_20554889.jpg

22日(日):ゴードン・ベネット杯:フランス国内予選。および飛行距離賞(10万フラン)第1回戦。 20時半から大音楽会と舞踏会:パットドワ庭園にて
23日(月):30km飛行速度賞(2万フラン)および複数搭乗員賞(1万フラン)
24日(火):指標周回飛行賞(1万フラン)
       夜の運河で大灯籠大会
25日(水):飛行距離賞(10万フラン)第2回戦
26日(木):円周飛行競技
       夜、音楽コンクール(器楽と声楽):パットドワ庭園にて
27日(金):飛行距離賞(10万フラン)第3回戦
28日(土):ゴードン・ベネット国際飛行杯(2万5千フラン)
       地方の祭礼の松明行列、自動車のパレード含む
29日(日):30km飛行速度賞(2万フラン)および飛行高度賞(1万フラン)
       夜9時にフィナーレの花火大会。10時にパットドワ庭園にて大ダンスパーティ。

3つの大型観覧席が飛行場の西側10kmにわたって設置され、3千人の観客を収容する。また委員会の運営のための仮設事務所と通信郵政事務用の建物が作られている。秩序維持のために130名の騎馬憲兵と竜騎兵隊が配置されている。
ランス市内ではすでに大勢の見物客が集まって来ており、ホテルの部屋はかなり高額な料金に引き上げられているし、貸間もほとんど借り手がついている。

20日にはすでに試験飛行が行なわれ、ルイ・ブレリオは3度の素晴しい飛行を見せ、群衆の歓呼を受けた。
また7日に長時間飛行の世界記録を出したロジェ・ソメもその複葉機で15分間の安定した飛行を見せた。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.57; Oct. 1909
出典Crédit:©BNF-Gallica #618722 « Le Petit journal » No.17039, le 21 Août, 1909

[ Ψ 蛇足 ]
1909年はフランスの人々にとって飛行機という乗物・スポーツ・産業・文明の記念すべき年となった。
競技会が催されるたびごとに、そして懸賞金が設けられるたびに、その記録がこれほど矢つぎ早に次々と塗り替えられていった年はなかった。人々はその無限大にも思える可能性の広がりに狂喜したのである。

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)ルイ・ブレリオの単葉機、ロンドン展後にフランスへ(1909.08.12)
(2)ロジェ・ソメの長時間飛行の世界新記録(1909.08.07)
[PR]
by utsushihara | 2009-08-20 20:52 | スポーツ、乗物、探検1909-10