フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

エヴリー=プチブールの城館で強盗と銃撃戦3時間

1909年8月12日(木)
f0028703_10273039.jpg
小ぢんまりとした美しい町エヴリー=プチブールは鉄道リヨン線でコルベイユの手前に駅がある。ここが昨夜大きな騒動に見舞われた。この町の中でも最も立派で麗しい「コタージュ」(Cottage)城館に昨夜、武装した6人組が侵入したのである。
この町は丘の中腹に作られており、傾斜の多い町として知られている。坂の途中にあるシャトー通りが町の中心であり、教会のほかは見事な邸宅が並んでおり、庭園や菜園が石壁で仕切られ、実際に人々が暮らしている。シャトー通り6番地にあるこの「コタージュ」館は長い間住人が住み続け、現在では96歳になる寡婦のクレマィイ夫人(Mme Crémailly)が5人の孫とその妻たちとで暮らしている。つまりこの城館には使用人を除いて11人が暮らしていたことになる。ここは4年前にも一度盗賊に入られたことがあり、多くの金品が持ち去られていた。

深夜午前1時半ごろ、パリ発午前0時15分の夜行列車がいつもの騒音とともにエヴリー駅に到着したのだが、「コタージュ」の住人は近隣の犬たちが気が狂ったように吠え立てるのを聴いて不審に思い、起き出して見た。
強盗たちは裏道のロン・ポワン通りの塀に梯子を掛けて乗り越えるために列車の騒音を利用しようとしたのだ。クレマィイ夫人の5人の孫たちはいずれも20~30歳代の男たちであり、それぞれの部屋の窓辺に寄り、菜園に侵入した6人の人影を認めた。強盗たちは見つかっていないと思い込んだまま館のほうに這い寄った。
その時「コタージュ」の窓々から一斉に銃が発射された。住人たちは彼らを追い払うために発砲したのであって、狙い撃ちはしなかったのだが、驚いた強盗たちは自分たちに向けて撃たれたと思い、2つの拳銃で応戦した。銃弾は窓の近くの壁に食い込んだ。これだけ多くの銃声が起きれば隣人たちも目を覚まさずにはいられない。同じ通りの8番地と10番地に住むギシャール氏とルノー氏が窓を開け、大声で「コタージュ」の住人に応援が必要かとたずねた。そして彼らもすぐに6人の姿を見つけ、菜園の方に銃を放った。
強盗たちは広い菜園の茂みの中に巧みに身を隠し、おとなしくして周囲が静けさを取り戻したときに逃走しようとしているように思えた。ところが住人と隣人たちは、賊の一人でも姿が見えたと思ったらすぐに銃を撃ち続けた。それは午前4時頃まで続いた。
f0028703_1028265.jpg平穏な町エヴリー=プチブールでは興奮した住民たちの間ではこの話で持ちきりとなった。幸いにも双方ともに負傷者は出なかった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #618713 « Le Petit journal » No.17030, le 12 Août, 1909
地図画像 Crédit topographique:©2010 Google – 地図データ ©2010 Tele Atlas

[ Ψ 蛇足 ]
新聞記事の見出しは、「エヴリー=プチブールの城館への襲撃」(Attaque d’un chateau à Évry-Petit-Bourg)、「真夜中の3時間に及ぶ銃撃戦」(Trois heures de fusillade dans la nuit) となっており、まるで西部劇のような事件であった。犯人たちが逮捕されたという記述がないので、逃走したものと思われる。
「コタージュ」(Cottage)は、英語の「コテージ」から来た外来語で、別荘、小屋、の意味は同じである。
エヴリー=プチブール(Évry-Petit-Bourg)は、現在ではエヴリー(Évry)だけとなっている。パリ南東のセーヌ川沿いの近郊都市の一つである。
[PR]
by utsushihara | 2009-08-11 10:26 | フランス社会政経1909-10