フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

ドイツの新宰相にフォン・ベートマン=ホルヴェーク

1909年7月14日(水)f0028703_16125845.jpg

フォン・ベートマン=ホルヴェーク氏は7月14日、フォン・ビューロー公が8年半の間務めたドイツ帝国宰相の座を退いたことに伴い、その後任となった。氏は1856年ブランデンブルクのホーエンフィノフ生まれ、52歳。1905年から政府の内務長官を務めていた。
f0028703_16134520.jpgこの日の午後にベルリンの新聞各紙による号外が出され、街頭で無料配布された。皇帝がフォン・ビューロー公の辞任を承諾し、彼に輝かしい黒鷲勲章を授与した。また内務長官のフォン・ベートマン=ホルヴェーク氏を後任の宰相に任命した。彼は同時に総務相と外務相も兼務する。通商相のデルブルック氏が内務長官に、財務長官のシドー氏が通商相となった。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #5526285 « Touche à tout » No.8; Août, 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #569123 « Le Matin » No.9270 - le 15 Juil. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288500 « Le Figaro » le 25 Juin, 1909

(これに先立つ6月25日付の「フィガロ」紙で《宰相の挫折》(Échec au chancelier)と題された記事を以下に抜粋する)
宰相は打ち負かされた。ドイツ国議会では相続税法案が決定的に否決された。法案は本日(24日)の2回目の審議に掛けられたが、議事の最初からライヒトーフェン男爵が演壇に立ち、保守派は新たな税法案を断固拒否するが、宰相の内閣を不信任することはないと述べた。むしろ彼らは政府の財政再建の方針を支援したいという立場をとった。
財務長官のシドー氏は答弁に立ち、政治が足下の支えを失う感があり、宰相はその職にしっかりと留まることを望むと表明した。次にハツフェルト伯爵は帝国党の立場として法案に賛成すると述べ、中道派のハートリンク男爵は反対意見を述べた。そのあと採決に入った。賛成187、反対195となり、新税法案の基本方針は否決され、ついで法案全体が廃案となった。もはや立ち直る余地はなかった。これは宰相が蒙った4回目の挫折であった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.55; Août, 1909

[ Ψ 蛇足 ]
ドイツ帝国宰相の交代は、フランスにとって最大限の関心事であった。ドイツも軍事予算が嵩み、新手の相続税法で財政再建を図ったが、既得権益にこだわる保守中道勢力の反対によって退陣に追い込まれた。
ベルンハルト・フォン・ビューロー(Bernhard von Bülow, 1849 -1929)
テオバルト・フォン・ベートマン=ホルヴェーク(Theobald von Bethmann Hollweg, 1856–1921)

*参考サイト:Wikipedia(和文)テオバルト・フォン・ベートマン=ホルヴェーク
[PR]
by utsushihara | 2009-07-15 16:09 | 独墺バルカン情勢1909-10