フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

飛行船《ナンシー市》号の不時着

1909年7月16日(金)f0028703_19122618.jpg

飛行船《ナンシー市》(ヴィル・ド・ナンシー)号は7月14日の革命記念日のパレードにおいてロンシャン競馬場上空でその優美な姿と機動性のすばやさで人々の熱狂を引き起こした。この飛行船はその名前の町「ナンシー」を表敬するため最初の大旅行を試みたが、雨と強風という悪天候により、パリ東方約60kmのクロミエ付近の小村ファルムーティエに不時着し、風よけの森の木立の陰でさびしく繋留されるとことなった。

ナンシー市民は長い間、自分たちの名前のついた飛行船の飛来を待ち望んでいた。気象条件の悪い日々が続いたこともあり、また7月14日のパレードにも参加しなければならなかった。それも大成功で済ませ、昨夜、シュルクフ、カプフェレ両氏はナンシーへの飛行を決めたのである。
けさ天候は最良の好天、信じられないことに晴天だった。気圧計は高気圧を示し、風は弱く、とにかく飛行には好条件であった。《ナンシー市》号は出航準備を整え、サルトルーヴィルの格納庫を出た。最終的な検査が行なわれ、午前4時半きっかりにシュルクフ、カプフェレ両氏が乗り込んだ。「全部放せ!」(Lâchez tout !)の号令で飛行船はエンジンの唸り音の中、ゆっくりと浮かび上がった。
《ナンシー市》号はアニエール側からパリ上空をすべるように通過し、ヴァンセンヌの森を抜けてナンシーへ進路をとった。ラニーやモーを過ぎたときには時速64kmで航行していたが、急に雲が出てきて視界が悪くなり、高度を下げることにした。午前5時半頃だった。飛行船がファルムーティエ村に近づいたときエンジンの不調が起きた。それまでは至って快調に飛び、1時間に70km近く稼いだエンジンが小刻みに震えだし、急に出力が衰えた。すぐに機械を止めて原因を確かめねばならなかった。電気のショートか、燃料パイプの詰まりかわからなかった。
f0028703_19124525.jpgエンジンを切ろうとしたがそのまま動き続けた。墜落を回避するため乗組員は冷静に最大限の努力を行なった。素早く方向舵を切りながら森の木に衝突するのを避け、最後は馬肥草の畑に着陸した。しかし最後までプロペラの回転を止めることができず、羽根の1枚が地面に接触して大破した。(→)右掲はクロミエの副郡長ブファール氏と共に破損したプロペラを見るシュルクフ氏である。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #569125 « Le Matin » No.9272 - le 17 Juil. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288524 « Le Figaro » le 19 Juil. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
その翌々日7月18日の早朝、大急ぎの修理を済ませ、晴天に恵まれた《ナンシー市》号はカプフェレの操縦により、再出発し午前8時10分にナンシーに市民の大歓声に包まれて無事到着した。

**これまでの関連記事france100.exblog:革命記念日の飛行船(1909.07.14)
[PR]
by utsushihara | 2009-07-16 18:06 | スポーツ、乗物、探検1909-10