フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

革命記念日の飛行船

1909年7月14日(水)
f0028703_14857.jpg
ロンシャン競馬場で行なわれた革命記念日の軍事パレードの際に、上空に2つの飛行船「共和国(レピュブリク)」(République)号と「ナンシー市」(Ville de Nancy)号が飛来し、観衆から大きな喝采を受けた。「ナンシー市」号は数日後パリからナンシーに向けて飛び立った。

(6月25日付の「マタン」紙の記事から)
軍事相のピカール氏は訓練用飛行船「ルボーディ」(Lebaudy)号を数日前から露営させる実験を指示した。この「空気よりも軽い」(plus léger que l’air)機体が天候次第では逸失する恐れもある。しかしこの試みは8日間無事に続いており、その小さな機体はヴェルサイユ付近のサトリー基地の緑地で一昨日来の厳しい風雨に耐え抜いた。隊員たちは毎日、艫綱と縁索を使う訓練に取り組み、夜は機体の傍の緑地にテントを張っている。
この訓練は恐らく来週火曜日まで続けられ、その後飛行船は畳み込んでシャレ=ムードンに移されることになっている。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.55; Août, 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #5526285 « Touche à tout » No.8; Août, 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #569104 « Le Matin » No.9251 - le 26 Juin, 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #5738247 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.30; 24 Juil. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
第一次大戦直前における軍事的な飛行船の重要度を示す記事である。この時代には7月14日の軍事パレードはシャンゼリゼではなく、ブローニュの森の中の競馬場で例年行なわれていたようだ。
飛行船はその大きな存在感とともに国民の期待も大きかった。しかし何と言っても「空気よりも軽い」ため、悪天候に弱く、ドイツの「ツェッペリン」号もあっけなく大破してしまうような事故が頻発した。露営訓練もそれを克服したい意図があったと思われる。「ルボーディ」は4年前の記事(↓)では最先端の機能を誇示していたが、ここでは老朽化した訓練用飛行船となっている。

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)操縦可能な気球「ルボーディ」号 (1905.11)
(2)飛行船「ツェッペリンZ-II」の不時着 (1909.06.02)
[PR]
by utsushihara | 2009-07-14 14:05 | 科学、軍事、海事1909-10