フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

詩人ジャン・ラオールの死

1909年7月1日(木)
f0028703_11302656.jpg医師のアンリ・カザリス氏が7月1日ジュネーヴで亡くなった。詩人ジャン・ラオールの筆名でミューズの庭に花を咲かせた人でもあった。彼は最近のアカデミー会員選挙に何度か立候補を続けたが果せなかった。69歳だった。彼はまた熱意と見識をもって公共施設、学校、勤労者住宅などの美化と衛生に身を捧げた。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #5526293 « Touche à tout » No.9; Sep. 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #5738243 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.32; 7 Août, 1909

[ Ψ 蛇足 ]
ジャン・ラオール(Jean Lahor)ことアンリ・カザリス(Henri Cazalis, 1840-1909)は、19世紀後半の高踏派詩人の一人として同時代のフランス歌曲の歌詞に多く採りあげられた。特にアンリ・デュパルク(Henri Duparc, 1848-1933)による少なくとも3つの歌曲(「悲しき歌」Chanson triste、「恍惚」Extase、「フィレンツェのセレナード」Sérénade florentine)は珠玉の名作とされている。他にもサン=サーンス、ショーソン、レイナルド・アーンなどが曲をつけている。

《フランス歌曲の作曲家と詩人たち》のサイトから:『悲しき歌』(Chanson triste)の歌詞を紹介する。 http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/1211/musicont/melextr/melchatris.html

『悲しき歌』       ____   Chanson triste
ジャン・ラオール詩 ____  Poème de Jean Lahor
アンリ・デュパルク曲 ____  Musique d’Henri Duparc

夏のやさしい月の      Dans ton cœur dort un clair de lune,
あかりは君のこころに    Un doux clair de lune d'été,
生きるいや気をのがれ   Et pour fuir la vie importune
溺れよう君のひかりに    Je me noierai dans ta clarté

過去の悩みを忘れよう   J'oublierai les douleurs passées,
君がやさしい腕で      Mon amour, quand tu berceras
僕のさみしい心を      Mon triste cœur et mes pensées
なだめてくれるなら     Dans le calme aimant de tes bras

病める僕の頭を       Tu prendras ma tête malade
時にはひざを枕に      Oh! quelquefois sur tes genoux,
昔話をしておくれ       Et lui diras une ballade
僕たちのことのような    Qui semblera parler de nous

悲しみに満ちた君の    Et dans tes yeux pleins de tristesse
瞳を見つめて僕は      Dans tes yeux alors je boirai
飲もう口づけと優しさを   Tant de baisers et de tendresses
きっと癒るように       Que peut-être je guérirai

(故・雲野教授の仮訳による写原案)
f0028703_16303013.jpg

上掲の写真が載った「週間評論」誌(La Revue hebdomadaire)の32号(1909.08.07付)には、文芸評論家ジュール・ボワ(Jules Bois)による『あるフランス人仏教徒:ジャン・ラオール』(Un Bouddhiste français : Jean Lahor)という興味深い小論が掲載されており、BNF-Gallicaで見ることができる。「仏教徒」という言い方が気になる。(未読)

*参考サイト:
(1)Wikipedia(仏語)Henri Cazalis
(2)Youtube(レジーヌ・クレスパンの歌唱)Régine Crespin: "Chanson Triste" by Henri Duparc

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)新刊情報:バルビュス「地獄」ほか
[3] 医師アンリ・カザリスの詩集「中東にて」と「安価な食物摂取」(1907.11)
(2)アカデミー会員補充選挙の候補者たち(1907.10)
[PR]
by utsushihara | 2009-07-08 11:28 | 文芸、評論1909-10