フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

タグ:ファリエール ( 24 ) タグの人気記事

ポルトガル国王のパリ訪問

1909年11月27日(土)

若きポルトガル国王マヌエル2世は、11月27日ダンケルク港に到着した。今回の訪問は「半ばお忍び」(en demi incognito)ということで、パリではブリストル・ホテルに投宿し、市内での移動や散策は従って儀典長や衛兵隊なしの自動車でおこなわれた。マヌエル王は20歳、フランスのオルレアン家出身の母親の前王妃アメリーによく似ており、競馬場や劇場などの出先では、群衆は高貴でかつ好感の持てる若き王を歓迎し、王母アメリー妃の名前を交えながらの歓呼に快く応えた。ポルトガルの外相ボカージュ氏は、26日に外相ピション氏と会談を実施した。f0028703_144091.jpg

マヌエル国王は3度観劇に赴いた。オペラ座の歌劇「ファウスト」(Faust)、コメディ・フランセーズ座の「愛は眠らずに」(L’Amour veille)そしてオペラ・コミック座の歌劇「マノン」(Manon)である。いずれにおいても熱烈な歓迎を受け、拍手喝采を浴びた。王はまた、ヴェルサイユ宮殿、カルナヴァレ博物館、ルーヴル美術館、ゴブラン織美術館、労働者団地などを訪ねた。ファリエール大統領は夕食会を催し、ランブイエでは狩猟に招き、若い王は機転の利いた巧みな狩の腕前を披露した。(→)右掲の写真はオートゥイユ競馬場にて。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.59; Déc. 1909
出典Crédit:©BNF-Gallica #563440 « Le Petit Parisien » No.12084, le 29 Nov. 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #4059976 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.50; le 11 Déc. 1909

f0028703_14402986.jpg[ Ψ 蛇足 ]
はじめての外遊でポルトガルのマヌエル2世は、スペイン、英国、フランスを歴訪した。最後にパリを「半ばお忍び」(en demi incognito)という形で訪問したのは、公式行事で身動きがとれずに行きたいところや見たいところが制約されるのをきらってのことと思われる。(←)左掲はパリのルーヴルに隣接する「装飾美術館」(Musée des Arts décoratifs)の見学を終えて車に乗るマヌエル国王の姿である。
英国王エドワード7世もオペラや演劇を楽しむために「お忍び」でパリを何度も訪れていた。

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)若きポルトガル国王の初めての外遊(1909.11.07)
(2)コメディ=フランセーズの「愛は眠らずに」の大成功(1907.09.30)
[PR]
by utsushihara | 2009-11-27 14:37 | 各国事情1909-10

ランス郊外ベテニーでの大航空祭の盛上がり

1909年8月24日(火)
f0028703_18363413.jpg

ランス近郊のベテニー(Bétheny)で開かれた大航空祭は、国家的な行事と呼べるほどの大盛会となった。8月24日には、ファリエール大統領夫妻をはじめ、ブリアン首相、ミルラン建設相、軍事相ブリュン将軍などの政府要人と、英軍使節団長のフレンチ将軍などが次々と飛び立つ飛行機を貴賓席から見守った。英国政府からは大蔵卿(chancelier de l’Echiquier d’Angleterre)のノースクリフ卿(Lord Northcliffe)と財務大臣のロイド・ジョージ氏(Lloyd George)も来場し、フランス人飛行家たちが次々に見せる素晴しい飛行をして「仏国の航空技術がはるかに英国を上回っていることを認めざるを得ない」と言わしめた。
この行事の一週間を通してあふれんばかりの来場者があり、いかにこの新スポーツの未来に多くの人々が期待を抱いているかを如実に示している。
この日はフェルベ大尉(Ferber)の試験飛行の数々が特筆すべきものであった。
f0028703_18391681.jpg
出典 Crédit:©BNF-Gallica #5526285 « Touche à tout » No.9; Sep. 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #5738615,#5738268 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.35-36; 28 Août-4 Sep. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
(↑)貴賓席の最前列に左から、軍事相ブリュン将軍、英軍フレンチ将軍、ファリエール夫人、大統領、ブリアン首相、ミルラン建設相が並ぶ。

**これまでの関連記事france100.exblog:大航空週間の開幕(1909.08.20)
[PR]
by utsushihara | 2009-08-24 18:35 | 科学、軍事、海事1909-10

ロシア皇帝夫妻のシェルブール来訪

1909年7月30日(木)~8月2日(月)
f0028703_1905629.jpg
ロシア皇帝一行は御用船《スタンダート》号(Standart)で7月30日、わがシェルブール港に来航した。警護の艦隊は《北極星》、《ルリック》、《マコロフ提督》の3隻が随伴した。ファリエール大統領はその日の夜、シェルブールに赴いた。翌日午後2時に戦艦《真実》(ラ・ヴェリテ)上で歓迎式典が行なわれた。(→)画像はロシア皇妃を迎えるファリエール大統領である。
ニコライ2世はその後大統領とともに《ガリレオ》(Galilée)号に乗り込み、シェルブールの沖合で展開された海軍の大規模な演習に臨んだ。その夜は華やかな晩餐会が催された。
f0028703_1911687.jpg8月1日にはシェルブールの突堤において潜水艦の潜水演習と水中翼船の機動訓練がおこなわれ、ファリエール大統領はじめ、皇帝夫妻と小さな皇女たちが見学した。(↑)画像は、先頭に大統領の腕に従う皇妃、続いてロシア皇帝に連れられた小さな皇女で、突堤に向かうところである。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.56; Sep. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #5526293 « Touche à tout » No.9; Sep. 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #5738246 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.29; 17 Juil. 1909
[PR]
by utsushihara | 2009-08-02 19:00 | 科学、軍事、海事1909-10

オスマン・トルコの特使の欧州歴訪

1909年6月13日(日)
f0028703_16342162.jpg
オスマン・トルコ帝国で新たに即位したモハメッド5世の新体制を欧州各国に対して公式に告知するため、ガジ・ムクタル・パシャ元帥を特使とする代表団が組まれた。パリには6月13日午後2時25分にリヨン駅に到着し、駅のホームでは駐仏トルコ大使のナウム・パシャをはじめとする全大使館員、総領事のジェミル・ベイ、副儀典長のフーキエール氏、警護のエヴルー竜騎兵連隊長トラフォー大佐などが出迎えた。
一行はクリヨン・ホテルに宿泊し、翌14日午前10時に外相のピション氏と会談し、11時30分にはファリエール大統領に来訪の主旨を伝える予定である。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.55; Août, 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #569092 « Le Matin » No.9239 - le 14 Juin, 1909
f0028703_1635443.jpg画像Crédit photographique:©BNF-Gallica #5738247 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.30; 24 Juil. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
ガジ・ムクタル・パシャ元帥(Maréchal Ghazi Mouktar pacha, 1839-19xx)は軍人として40年の経歴があり、4回の従軍のうち3回は司令官として手腕をふるった。1867年のパリ万博の際には当時の皇帝アブドゥル・アジズに随行した。その後1885年からエジプトの統治官を20年以上続けていた。

**これまでの関連記事france100.exblog:青年トルコ党の勝利(1909.04.24)
[PR]
by utsushihara | 2009-06-15 16:33 | 独墺バルカン情勢1909-10

パリの犬(イヌ)品評会

1909年5月20日(木)f0028703_16144910.jpg

5月20日ファリエール大統領は、チュイルリ公園のオランジュリー・テラスでイヌ品評会の開会式をおこなった。そのあと大統領は、手柄を上げ続ける優秀な警察犬の演技を観覧した。今年もっとも人気の高い犬種を列挙すれば、スコッチ・テリア(Scotch-terrier)、フォックス・ブルドッグ(Fox-bull-dog)、ポメラニアン(Loulou de Poméranie)、鼻の尖った黄褐色で絹のような尻尾のコリー(Colley)、頭が細長く快活で動きのしなやかなキング・チャールズ(King-Charles)またはグリフォン(Griffon)、脚の短い小型スパニエルのクッカー(Cooker)、そして最も引っ張りだこのイヌは、黒と炎褐色の硬い毛のダックスフント(Tekel)となっている。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.54; Juil. 1909
出典Crédit photographique : ©BNF-Gallica #55256245 « Touche à tout » No.6; Juin, 1909

f0028703_1619342.jpg[ Ψ 蛇足 ]
イヌ品評会(Exposition canine)は、今風に言えばドッグショーだろう。フランス語の「犬」は « chien » だが、「犬の」という場合にはラテン語系の « canin(e) » を使うことを知った。これで連想するのは、ポンペイ遺跡観光で紹介される「猛犬注意」の見事なモザイク画である。そこにはラテン語(古代ローマ語?)で « Cave canem »(犬に注意)と書かれている。

*参考サイト:Chien.wikibis.com(仏語)Cave canem

「猛犬注意」はフランス語を学ぶうえでも覚えやすい語句で ”Attention, chien méchant ! “ つまり「性悪な犬に注意」と直訳してみてなるほど、となる。百年前のパリでも犬は大きなブームであったようで、様々な犬種が取引されていたようだ。「テケル」(Tekel)が「ダックスフント」のこととはまったく知らなかった。

ついでにパロディ絵本の話題: 『三匹の子オオカミと大きな恐いブタ』(Les trois petits loups et le grand méchant cochon)を amazon.fr で見かけた。「猛豚」(méchant cochon)とは猪八戒のような暴れん坊なのだろうか? 関連図書にある『三匹の子ブタ事件の真相』(La Vérité sur l'affaire des trois petits cochons)も民俗学的には面白そうだが…
*参考サイト:amazon.fr(仏語)Les trois petits loups et le grand méchant cochon
[PR]
by utsushihara | 2009-05-21 16:11 | フランス社会政経1909-10

ファリエール大統領のイタリア艦隊訪問と日本の梨本宮殿下夫妻

1909年4月27日(火)

ガンベッタ記念碑の式典の翌日26日(月)にファリエール大統領はイタリア国王の叔父にあたるジェノヴァ大公の表敬訪問を受けた。またその次の日27日(火)には、ジェノヴァ大公への答礼訪問とともにヴィルフランシュ沖合に停泊するイタリア艦隊の戦艦「ヴィットリオ=エマヌエーレ」号を視察した。これには日本から来欧し、ニースで静養中だった梨本宮殿下と妃殿下も同行した。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.53; Juin, 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #5526271 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.18; 1er Mai, 1909
f0028703_12552686.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
梨本宮(なしもとのみや)は1868年に伏見宮第9王子守脩親王が創設した宮家で、上記の記事にあるのはその3代目守正王(もりまさ・おう)とその妃、伊都子(いつこ)夫妻のことである。守正王はかつてフランスのサン=シールにある陸軍士官学校に在学しており、日露戦争のため一時帰国して従軍し、戦後再びフランスに滞在していた。(ひょっとすると士官学校へ再入学し、卒業した後、妃殿下を伴って欧州各地を歴訪した可能性が高い。)

日露戦争を境に、西欧世界における日本国家の存在感は格段に高まっていたことがわかる。掲載した写真はBNFの「週刊雑誌」(La revue hebdomadaire)のもので、当時のフランスの各新聞雑誌にこうして大きく取り上げられていたのに驚く。このとき守正殿下(1874-1951)は35歳、伊都子妃殿下(1882-1976)は27歳であった。彼女は皇族では随一の美貌という定評であった。

上記の行事に先立って、夫妻はパリで大統領官邸を訪問している。
(4月20日付の「ル・プチ・ジュルナル」紙の記事から)
日本のミカドの従弟にあたる梨本宮殿下と妃殿下は19日(月)の午後エリゼ宮を訪れ、大統領に迎えられた。大統領はその後すぐに答礼の訪問を行なった。
出典Crédit:©BNF-Gallica #618599 «Le Petit journal» No.16916, le 20 Avr. 1909

(4月25日付の週刊新聞「繁栄」の記事から)
19日月曜の午後3時半に大統領は、略式で日本の天皇の従弟の梨本宮殿下と妃殿下を官邸に迎えた。梨本宮夫妻は欧州を旅行中である。大統領夫妻は水曜日に歓迎昼食会を催す予定である。
出典Crédit:©BNF-Gallica #573825 « La Fraternité » No.26, le 25 Avr. 1909

*参考サイト:Wikipedia(英文)Prince Nashimoto Morimasa
[PR]
by utsushihara | 2009-04-27 12:54 | フランス社会政経1909-10

ニースにガンベッタの記念碑落成

1909年4月25日(日)f0028703_18424990.jpg

4月25日、ファリエール大統領はクレマンソー首相、ピカール軍事相らを伴ってニースで行なわれた英雄ガンベッタの記念碑の除幕式に出席した。記念碑は高さ3m、重さ1.5tという巨大なもので、彫刻家ルイ・モーベール氏らの制作により、ニース市内の中心部となるベアトリクス広場に建てられた。
式典ではニース市長のソーヴァン氏、ガンベッタ協会を代表してエティエンヌ氏、そしてクレマンソー首相が演説をおこなった。ガンベッタの実妹レリス夫人と甥にあたるジュイノ=ガンベッタ少佐も参列し、ファリエール大統領の表敬を受けた。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.53; Juin, 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #5526271 « Touche à tout » No.6; Juin, 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #5526271 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.18; 1er Mai, 1909

f0028703_18423180.jpg[ Ψ 蛇足 ]
レオン・ガンベッタ(Léon Gambetta, 1838-1882)は普仏戦争時のパリ攻囲戦での英雄的な行動をはじめ、政治家・ジャーナリストとして第3共和制の基盤づくりに活躍した。当時はフランスで最も偉大な人物の上位に挙げられていた。
この記念碑の主要部分を制作した彫刻家ルイ・モーベール(Louis Maubert, 1875-1949)は南仏トゥーロン出身で主にニースで活動した。ほかにヴィクトリア女王の記念碑なども手がけた。(画像↓)はBNFの「週刊雑誌」(La revue hebdomadaire)に掲載された写真であるが、当日の記念式典がいかに盛大なものであったかがわかる。これはアルプス山岳狙撃兵部隊の行進の模様である。この巨大な記念碑は1942年にドイツ軍によって金属調達のため取り壊されてしまう。f0028703_23212260.jpg

*参考サイト:
(1)Nissa La Bella; Les Places(仏語)ニースの広場の変遷
(2)NiceRendezVous©(仏語)Dictionnaire historique et biographique : Louis Maubert

**これまでの関連記事france100.exblog:軽気球飛行士たちの記念碑(1906.01.28)
[PR]
by utsushihara | 2009-04-25 18:39 | フランス社会政経1909-10

シャルル・フロケの記念碑

1909年3月7日(日)
f0028703_16595320.jpg
3月7日、パリ11区のリシャール・ルノワール大通りとレピュブリック通りの交差する角にシャルル・フロケの記念像の落成式が行なわれた。フロケはセーヌ県知事、下院議長、各大臣を歴任した。記念碑は11区長の依頼で彫刻家デキャン氏と建築家ヴィエ氏が制作した。式典にはファリエール大統領も臨み、クレマンソー首相がフロケの業績を賞賛する重要な演説を行なった。しかし付近では社会主義者たちが組織した抗議行動も起き、レーピン警視総監は100名余りの逮捕者を余儀なくされた。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.51; Avr. 1909
出典Crédit:©BNF-Gallica #55256243 « Touche à tout » No.4; Avr. 1909

f0028703_170927.jpg[ Ψ 蛇足 ]
f0028703_1729065.jpgシャルル・フロケ(Charles Floquet, 1828-1896)は19世紀末の第3共和制初期に活躍した政治家である。記念碑の落成式はかなり大がかりだったことが写真で推察できる。地図上ではバスティーユ広場の一角と思われるが現在では記念碑の存在は確認できない。

*参考サイト:Wikipedia(仏語)Charles Floquet
[PR]
by utsushihara | 2009-03-06 16:57 | フランス社会政経1909-10

スウェーデンの新王グスタフ5世のパリ訪問

f0028703_2324425.jpg1908年11月22日(日)

スウェーデン国王グスタフ5世夫妻はフランスへの初の公式訪問をおこなった。国王はヴィクトリア王妃とともに11月22日パリに到着し、ファリエール大統領の熱烈な歓迎を受けた。翌23日はランブイエで狩が催され、沢山の収獲があった。雉324羽、小鹿4頭、牡鹿1頭、穴兎352匹、野兎3匹、山鶉10羽、ヤマシギ1羽、そのうちグスタフ5世は4分の1を仕留めた。その晩はエリゼ宮で晩餐会。次の日は市庁舎訪問とオペラ鑑賞が組まれ、両国間の友好を深める演説が交わされ、王にはフランスの美術工芸品が贈られた。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.48; Jan. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288283 « Le Figaro » le 23 Nov. 1908

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)スウェーデン国王オスカー2世の葬儀(1907.12.12)
(2)ファリエール大統領ストックホルムに到着(1908.07.24)
[PR]
by utsushihara | 2008-11-23 23:22 | フランス社会政経1909-10

ファリエール大統領令嬢の結婚

f0028703_16414522.jpg1908年8月10日(月)

ファリエール大統領の長女アンヌ嬢と大統領首席秘書官のジャン・ラーヌ氏との結婚式が8月10日、パリ8区区役所と聖マドレーヌ寺院とで行なわれた。ラーヌ氏は現在ヴェルサイユの首席出納役でもある。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.44; Sep. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
このとき長女のアンヌ(Anne Fallières, 1874-19xx)は34歳になっていた。当時の慣習からすればかなり晩婚ではなかったかとは思うが、下記の記念サイトでも「娘のアンヌは母親同様に控え目で愛らしく上品でさっぱりした女性で・・・」とあるが、どうして遅くなったかの詮索はしていない。「フィガロ」のような新聞社も当時はさすがにパパラッチのようなことはしていない。新郎となった大統領府の首席秘書官ジャン・ラーヌ(Jean Lanes)についても詳しい情報は得られなかった。

*参考サイト:Armand Fallières Centenaire 1906-2006 (アルマン・ファリエール百年記念サイト)
[PR]
by utsushihara | 2008-08-10 16:46 | フランス社会政経1909-10