フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

タグ:ウィルヘルム2世 ( 11 ) タグの人気記事

独飛行船『ツェッペリン3号』のベルリン訪問

1909年8月~9月f0028703_182834.jpg

好天と微風に恵まれ、ツェッペリン3号(Zeppelin-III)は8月29日正午過ぎに無事ベルリンに到着した。市の中心部上空とテンペルホーフの演習場の上を高度150~200mで通り過ぎた後、テーツェル射撃場に着陸した。皇帝ウィルヘルム2世は搭乗するツェッペリン伯爵がゴンドラから降り立つのを待ちうけ、最初に握手をして飛行の成功を祝福した。軍楽隊が愛国賛歌「ドイツ、すべてに冠たるドイツ」を続ける中、皇族一行は搭乗員を歓迎し、ベルリン市長ベイッケ氏が公務員を代表して飛行船とツェッペリン伯爵(→)の栄誉を称える演説を行なった。
式典の後、皇帝はツェッペリン伯爵のほか、操縦士のコルスマン氏、機関士のデュルとコバーらの搭乗員を皇室主催の昼食会に招いた。宮殿の外には入場を許された群衆が集まり、皇帝と伯爵が演台に何度か立ち現われると歓呼の声と賛歌で包まれた。この飛行船は民衆の愛着心の対象であり、伯爵はあたかも英雄であった。

f0028703_18283432.jpg
ツェッペリン3号は29日の夜11時24分に南西方向の母基地フリートリヒスハーフェンを目指して離陸した。30日朝、飛行船はウィテンベルク付近のバルジッヒに緊急着陸を余儀なくされた。前面の2番目のプロペラが破損して飛び散り、その破片が飛行船の本体に穴をあけ、ガスが抜けてしまったのである。錨と砂袋を捨ててバランスを保ちながら飛行を続けることはできたが、着地して修理するほうを選んだ。デュル技師は電信を打ち、補修部品と修理工員を派遣するよう要請した。修理には約2日間かかる見込みである。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.57; Oct. 1909
出典Crédit:©BNF-Gallica #618731-32 « Le Petit journal » No.17048-49, le 30-31 Août, 1909

[ Ψ 蛇足 ]
フリートリヒスハーフェン(Friedrichshafen)はコンスタンス湖畔の町。ヴュルテンブルク侯の夏の離宮があった。地名の由来は、1811年領主フリートリヒ1世が古来修道院のあったホーフェン村と自由市ビュヒホルンを併せて新しい町を作ったときに命名された。
飛行船はその存在感は人々を圧倒させるが、風雨や事故に対して非常に脆弱な機体であり、操作の扱いにくさからも、やがて飛行機にとって代わられる運命にあったと予見できる。

**これまでの関連記事france100.exblog:飛行船「ツェッペリンZ-II」の不時着(1909.06.02)
[PR]
by utsushihara | 2009-09-01 18:25 | 科学、軍事、海事1909-10

アルザスのホー・ケーニヒスブルク城に独帝来訪

f0028703_1724532.jpg1908年5月13日(水)

ドイツ皇帝ウィルヘルム2世は、ここ3日間シュヴァルツ・ヴァルト(黒森)で狩をしていたが、5月13日車でアルザスに入り、12時にホー・ケーニヒスブルク城に到着した。この中世の城はかつてアルザスの歴史上重要な役割を果していた。今日、城は修復され、厳かな式典が行なわれた。皇帝の目の前に各時代を想起させる装束の行列が続いた。城の再建にかかった費用は5百万フランにのぼった。最近この修復計画の本来の形と異なる不正確さが明るみに出たが、責任者の建築家エプハルト氏はヴィオレ=ル=デュックのドイツ版と言われる人物で、皇帝の個人的な友人でもある。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102982 « Je sais tout » No.41; Juin, 1908
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288088 « Le Figaro » le 13 Mai, 1908
出典Crédit photographique:Copyright © L'Alsace au tournant du siècle dernier, CRDP d'Alsace - 2004
Image : Hohkoenigsbourg1901.jpg

[ Ψ 蛇足 ]
ホー・ケーニヒスブルク城(Hohkönigsburg – Hohkoenigsbourg – Haut Koenigsbourg)はアルザス地方でも屈指の眺望と威容を誇る名城で知られる。当時アルザスは普仏戦争後の講和条約でドイツ領になっていた。当時この城跡を管理していたシュレットシュタットの町は維持費もままならず1899年にこの城をドイツ皇帝に贈呈することで修復してもらえると考えた。修復は1901年から8年間かかった。(↑)写真は1901年に撮られた修復前の城の姿である。
建築家のボード・エプハルト(Bodo Ebhardt, 1865-1945)はドイツ各地の城郭の修復を手がけたが、19世紀フランスの修復建築家ヴィオレ=ル=デュック(Eugène Viollet-le-Duc, 1814-1879)と同様に勝手に様式を変えた都合のいい修復をしたと指摘されることとなった。
ウィルヘルム2世のアルザス訪問は、それを報じる新聞記事によれば、被征服地の民衆が占領軍に抱くような冷ややかな雰囲気に満ちていた。
現在ではフランス国内となっているので、「オー・ケーニクスブール城」と発音されている。

*参考サイト:
(1)L'Alsace au tournant du siècle dernier(仏語)
(2)Wikipedia(独語)Bodo Ebhardt
[PR]
by utsushihara | 2008-05-13 17:23 | フランス社会政経1909-10

オーストリア皇帝の在位60周年記念式典

f0028703_23283951.jpg1908年5月7日(木)

オーストリア皇帝フランツ=ヨーゼフ1世の在位60周年記念式典がウィーンで5月7日に執り行われ、ハンガリー国王としての即位41周年の祝賀とともに華やかな祝典となった。ドイツのウィルヘルム2世をはじめとする王侯貴族たちも同盟国として参列し、汎ゲルマン主義的な色合いを強調しようとしたが、フランツ=ヨーゼフ1世は独墺伊の三国同盟の上に保たれる平和を望んだ。
画像(→)はパレードで王室の馬車に同乗するウィルヘルム2世とフランツ=ヨーゼフ1世である。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102982 « Je sais tout » No.41; Juin, 1908

*参考サイト:Wikipedia(和文)フランツ・ヨーゼフ1世 (オーストリア皇帝) Franz Joseph I, 1830-1916
**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)オーストリアのフランツ=ヨーゼフ皇帝の重病と皇位継承者(1907.10.10)
(2)ウィルヘルム2世のウィーン訪問(1906.06.07)
[PR]
by utsushihara | 2008-05-07 23:24 | 各国事情1907-08

独皇帝のコルフ島到着

f0028703_23151385.jpg1908年4月10日(金)

ドイツ皇帝一家を乗せた帝室御用船「ホーエンツォレルン」号は恐ろしい速さで4月10日朝10時、ギリシアのコルフ島に到着した。出迎えたギリシアの国王および王族は、アテネ駐在のドイツ大使のダルコ伯爵とともにただちに乗船し、そこでは昼食が供された。
上陸は午後2時に16本の櫂をもつボートでなされ、ウィルヘルム2世はギリシア提督の制服姿で、またギリシア国王はドイツの提督の制服を着ていた。コルフの市長はギリシア語で祝辞を述べ、ウィルヘルム2世もこれにギリシア語で答礼した。次にギリシア正教の大司教が、ドイツ国家の栄光が久しく保たれることを祈念し、皇帝はフランス語で感謝の意を表した。そして儀仗兵の閲兵のあと、桟橋広場を横切り、60人ほどの政府高官、外交官、報道関係者の迎えを受けてから、自動車に乗り込み、アヒリオンに向かった。
ベルリンの新聞の伝えるところでは、皇帝のコルフ滞在は15日間の予定である。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102982 « Je sais tout » No.41; Juin, 1908
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288056 « Le Figaro » le 11 Avril, 1908

[ Ψ 蛇足 ]
現在では「ケルキラ島」(Kerkira)と呼ばれる。市の中心から南へ10kmほどのところにある英雄アキレウスにちなんだ地名アヒリオン(Achillion)には、1898年に暗殺されたオーストリア皇后エリザベートの夏の離宮があった。

*参考サイト:ギリシャ政府観光局、イオニア諸島:ケルキラ(コルフ)島 Kerkira (Korfu)
**これまでの関連記事france100.exblog:独皇帝のヴェネチア訪問(1908.03.25)
[PR]
by utsushihara | 2008-04-10 12:22 | 独墺バルカン情勢1907-08

独皇帝のヴェネチア訪問

f0028703_1755875.jpg1908年3月25日(水)

イタリア国王ヴィットーリオ=エマヌエーレ3世は、3月25日ヴェネチアにドイツ皇帝ウィルヘルム2世を出迎えた。独皇帝は、皇妃と最年少の2人の王子を同伴していた。市内のあらゆる家々はドイツとイタリアの国旗で飾られた。王宮で昼食会が催され、両国の同盟の強固さを祝福する乾杯が繰り返された。独皇帝一行は「ホーエンツォレルン」号にてヴェネチアを後にした。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102982 « Je sais tout » No.40; Mai, 1908
[PR]
by utsushihara | 2008-03-25 17:04 | 独墺バルカン情勢1907-08

独皇帝ウィルヘルム2世の英国訪問

f0028703_16373625.jpg1907年11月11日(月)

ドイツ皇帝は皇室御用船「ホーエンツォレルン」号に乗り込んでフレシング港を発ち、11月11日英国のポーツマス港に到着した。ベレスフォード提督(Beresford)が出迎えたが、濃い霧のため上陸が遅れた。ウィルヘルム2世とその妃はウィンザー城で国王エドワード7世の歓迎を受けた。簡単なロンドン市内視察の後、一行はクライストチャーチ近郊のハイ・クリフ城に赴いた。その城はアルフレッド・クーパー卿から皇帝の滞在先として提供されたもので、海を望める南向きの丘の上に位置し、周囲は森林に囲まれ、快適な滞在先である。皇帝はおそらくこの城に2週間ほど滞在し、その後まっすぐドイツに戻る予定である。

出典Crédit:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.35; Déc. 1907

f0028703_163758100.jpg*「フィガロ」11月1日付の記事から:
皇帝は軽い風邪をひかれたが、寝込むほどにはなっていない。戦艦「シャルンホルスト」(Scharnhorst)、「ケーニヒスベルク」(Königsberg)、「スライプナー」(Sleipner)の3隻が御用船「ホーエンツォレルン」(Hohenzollern)とともに回航して8日にフレシング港に入り、皇帝自身は特別列車でそこに9日に到着し、すぐに御用船に乗り込まれる。11月10日の朝に英国に向けて出港される。
出典Crédit:BNF-Gallica #287893 « Le Figaro » le 1er Nov. 1907

[ Ψ 蛇足 ]
この独皇帝の英国訪問の目的は、先般掲載のスペインの王族の一人、両シチリア公国のドン=カルロス公爵とフランス・オルレアン家のルイーズ公女との結婚式に参列のためと思われる。欧州各国の王室では相変わらず政略結婚が続いており、どの国の王族も親戚関係でないのは皆無というのが当然だった。
画像はいずれもポーツマスでの独皇帝の上陸歓迎の様子。
クライストチャーチはポーツマスの西の海岸沿いにある地方都市である。

*参考サイト:Highcliffe Castle, Rothesay Drive, Christchurch(英文)ハイクリフ城
**これまでの関連記事france100.exblog:スペイン国王一行のパリ訪問(1907.10.28)
[PR]
by utsushihara | 2007-11-11 16:33 | 独墺バルカン情勢1907-08

欧州バカンス外交(1907)

f0028703_18115646.jpg1907年8月

バカンス期の7~8月は各国首脳の交流には好適で、相次いで会見が持たれている。イタリアの外相ティットーニ氏(Tittoni)とオーストリアの外相アーレンタル男爵(Ahrenthal)はデジオ(Desio)で会談し、二国間および現状の三国同盟の連携を確認し合った。
また8月5日にはロシア皇帝がドイツのウィルヘルム2世をスヴィネミュンデ(Swinemünde)の沖合に停泊した「スタンダート」(Standart)号に招いて盛大な晩餐会を開いた。その返礼としてウィルヘルム2世は、ロシア皇帝を御用船「ホーエンツォレルン」号でもてなした。その機会にドイツ帝国が集結させた30隻もの戦艦による目覚しい演習が披露され、日没となった最後には満艦の照明が灯された。
英国王エドワード7世も、代わる代わるウィルヘルム2世、オーストリア皇帝、そしてクレマンソー首相を招待し、会談をしている。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907

[ Ψ 蛇足 ]
デジオ(Desio)はミラノ近郊の保養地。外相ティットーニ(Tommaso Tittoni, 1855-1931)の別荘(Villa Traversi-Tittoni)があったようだ。上掲の画像は会談を終えて出てくる2人の外相である。
スヴィネミュンデ(Swinemünde)は、現在はポーランドのバルト海沿岸の西端にあたる保養地で、ポーランド語でシフィノウィシチェ(Świnoujście)と呼ばれる。

*参考サイト:
(1)Wikipedia(英文)Desio
(2)The Imperial Yacht 《Hohenzollern》(英文)
[PR]
by utsushihara | 2007-08-03 18:11 | 各国事情1907-08

ウィルヘルム2世のウィーン訪問

f0028703_17275276.jpg1906年6月7日(木)

ウィルヘルム2世は6月6日、ウィーンに到着した。特に歓迎式典はなかった。駐墺ドイツ大使館での昼食のあと、ウィルヘルム2世とフランツ=ヨーゼフ皇帝は、連名で三国同盟としての第3の忠実な盟友であるイタリアのヴィットーリオ=エマヌエーレ3世に宛てて、変わらぬ友誼の念を表明する電報を送った。イタリア国王はその返答として同様の内容の電報を送ってきた。ドイツ皇帝は6月7日、ベルリンに向けて出発した。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.18; Juillet, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
独墺伊の三国同盟は、第一次大戦突入となる1914年にはイタリアが脱退するほど当初から関係の脆弱さが認められたが、中心的な存在のドイツとしては様々な工作による連携強化を図ったが、こうした皇帝自らの行動は、かえって軽々しく見えてくるから不思議である。
画像は、フランツ=ヨーゼフ皇帝の馬車に同乗してウィーン市内を巡るウィルヘルム2世。
[PR]
by utsushihara | 2006-06-07 17:28 | ドイツ情勢1905-06

デンマーク国王の葬儀

f0028703_144528.jpg1906年2月18日(日)

先般逝去されたクリスチャン9世の遺骸は、首都コペンハーゲンから数里離れたデンマーク歴代の王家の墓所であるロエスキルデに移送され、18日そこの教会で葬儀が執り行われた。
新国王フレデリック8世、王妃のほか、スウェーデン王妃ルイーズ、英国王妃アレクサンドラ、ドイツ皇帝ウィルヘルム2世、ギリシア国王、ロシア皇太子妃、およびノルウェー国王ホーコン7世などが参列した。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.14; Mars, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
画像はコペンハーゲンに到着した英国王妃アレクサンドラを迎えるフレデリック8世。
[PR]
by utsushihara | 2006-02-18 14:43 | 各国事情1905-06

独仏間の論争

f0028703_1526235.jpg1905年10月13日(金)

パリのある新聞が今月初めに連載記事を出し、モロッコ問題に関する独仏間の抗争でデルカッセ前外相が辞職した原因を明らかにするとともに、さまざまな事実を暴露すると主張した。

それらの記事の中に、もし独仏間で戦争が勃発したら英国は直ちに10万人の兵士を北独シュレスヴィヒ=ホルスタイン地方に上陸させ、キール運河の出口を封鎖すると約束した、というのである。
この密約の一件は欧州に大きなセンセーションを巻き起こし、各国の新聞で熱心な議論が交わされることとなった。
イギリスの新聞は、英国政府がこのような約束をすることはまずありえない、と主張したが、もしフランスがドイツから攻撃を受けることになれば、英国が力のこもった支援を行うであろうことはとにかく明らかである。

他方、ドイツの新聞は自国に対する英国の敵意に対して抗議し、またデルカッセの政策があたかもドイツへの侵攻を準備する意図をもっていたかのように書き立てた。ドイツの新聞は同時に、皇帝ウィルヘルム2世が蛮勇をもってモロッコのタンジールを訪れ、ドイツを包囲するべくして企てられたデルカッセ氏の孤立策の輪を断ち切ったことを賞賛した。

10月13日、フランス政府は新聞各紙に対し声明を発表し、デルカッセ氏の辞任について書き立てられた話はまちがったものであると語った。ほぼ同時にロイター通信社は、政府消息筋からの話としてフランスは英国に援助を依頼したことはなく、また英国もみずから支援を申し出たことは決してない、というコメントを配信している。この中で、英国政府としてはこの問題に関して何のコメントもしないだろうと語っている。

結果的に、これまでの出来事と、独帝国の宰相フォン・ビューロー氏が行なったフランス人記者たちとの会見とフランスに対する彼のまともな歩み寄りの姿勢とをつなぎ合わせて考える必要がある。

出典:BNF-Gallica #102977 « Je sais tout » No.10; Nov.1905

[ Ψ 蛇足 ]
外交裏話を連載した新聞名は不詳。画像は話題の中心人物のデルカッセ Théophile Delcassé (1852-1923)
Who's Who: Théophile Delcassé
[PR]
by utsushihara | 2005-10-13 15:24 | モロッコ問題、アフリカ1905-06