フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

ベルギー国王レオポルド2世の死去(1909)

1909年12月17日(金)f0028703_169234.jpg

ベルギー国王レオポルド2世は12月17日午前2時に死去した。2日前に施した腸閉塞の手術が成功したかに見え、医師団の経過報告にも「国王の容体は良好、体温37度3分、脈拍72」と伝えられたのだが、容体が急変し、医師たちが呼ばれたが手の施しようがなかった。国王は数日前から体調を崩し、レーケン城のそばの「ヤシの館」(Le pavillon des Palmiers)内の居室で静養していた。74歳だった。

レオポルド2世は1835年4月9日ブリュッセルに生まれた。ベルギーが立憲君主国となって初めての王レオポルド1世とその妃としてオルレアン王家から嫁いだルイーズ=マリー・ドルレアンとの間に出来た最初の息子であった。彼は1853年にハンガリー王族の姫君マリー=ヘンリエッテを娶り、1865年12月の父王の死に伴い、王位を継いだ。彼には息子が1人、娘が3人あった。しかし王位を継ぐべき息子は10歳で病死したため、王位は王弟フランドル伯フィリップの息子で甥にあたるアルベールが継承することになっていた。

彼の治世における偉大な業績はアフリカ中部ベルギー領コンゴの創設と開発であり、その地からもたらされたゴムを主とした生産物の富はベルギーの国力を豊かに潤わせた。そかしその強引な植民地統治施策は、非人道的な残虐なものとして治世半ばからしばしば批判の的となった。
f0028703_1610142.jpg

レオポルド2世は遺言として、葬儀は質素であることを望む、と記していたが、その謙虚な願いにかかわらず12月22日、世界各国からの参列者を含め、ブリュッセルで厳かに執り行なわれた。(画像↑)

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.60-61; Jan-Fév. 1910
出典Crédit:©Larousse - Chronique du 20e siècle, 1908.09 @MFJ
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #4059976 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.51; le 18 Déc. 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #5738467 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.1; le 1 Jan. 1910

[ Ψ 蛇足 ]
レオポルド2世(Léopold II de Belgique, 1835-1909)の時代にベルギーは小国ながら財政は富み、国内各地に壮大な建造物が建てられた。首都ブリュッセルを訪れてみると、王宮や裁判所、劇場、博物館など軒並みに規模の大きな建築物の立ち並ぶ中心部に意外な驚きを感じた。数多くのアール・ヌーヴォー様式の邸宅などもこの時代のベルギーの繁栄が背景にあったのだろうと思う。

**これまでの関連記事france100.exblog:ベルギーのアルベール王太子がコンゴから帰還 (1909.08.16)
[PR]
# by utsushihara | 2009-12-17 16:07 | 各国事情1909-10

黒人ボクサー3度目の王者決戦

1909年12月11日(土)f0028703_14201520.jpg

12月11日、シルク・ド・パリの特設リングにおいて、サム・マクヴェーとジョー・ジーネットの対戦が行なわれた。2人の黒人ボクサーの王者対決は3度目となり、どちらが強いかを決定づける試合は大いに待ち望まれていた。カナダ出身のジョー・ジーネットはこれまで見たこともないほど敏捷で科学的な豪腕ボクサーとして知られ、またサム・マクヴェーはその強力なパンチで牛を撲殺できるという評判だった。
第1回目の対戦では20ラウンドの末、判定でサムが勝った。2回目では48ラウンドのあとサムがリングに戻らなかったため、ジーネットの勝利となっていた。
今回は、第26ラウンドで疲労し始めたサムが、ジョーのリズムを鈍らせようとして組みかかるようになり、30ラウンドのあと結局試合は無効と宣言された。満場の観客席ではそれを不服とする怒号と口笛が飛び交った。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.60; Jan. 1910
出典 Crédit:©BNF-Gallica #5526304 « Touche à tout » No.1; Jan. 1910
出典Crédit avec l’illustration:Larousse Chronique du 20e siècle / 1987.09 @MFJ

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)ボクシングの大試合(サム・マクヴェー対ジョー・ジーネット)(1909.02.20)
(2)史上最長のヘビー級ボクシング・マラソン試合 (1909.04.17)
[PR]
# by utsushihara | 2009-12-11 14:19 | スポーツ、乗物、探検1909-10

ノーベル文学賞にスウェーデンのセルマ・ラーゲルレーヴ女史

1909年12月10日(金)
f0028703_2247314.jpg

1909年のノーベル文学賞は、12月10日スウェーデンの作家セルマ・ラーゲルレーヴ女史に与えられた。彼女は『ゲスタ・ベルリングの伝説』(La Saga de Gösta Berling, 1890-91)や『ニルス・ホルゲルソンの驚異の旅』(ニルスのふしぎな旅)(Le Merveilleux voyage de Nils Holgersson, 1906-07)が知られる。選考の過程で複数の受賞者となる可能性があったが、最終的に彼女だけとなり、20万クローネの賞金を受け取った。

上掲(↑)は彼女の有名な小説をもとに劇化し、ストックホルムで上演された『ゲスタ・ベルリングの伝説』の一場面である。

f0028703_22482074.jpg
出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.60; Jan. 1910
出典Crédit:©Larousse - Chronique du 20e siècle, 1908.09 @MFJ

[ Ψ 蛇足 ]
セルマ・ラーゲルレーヴ(Selma Lagerlöf, 1858-1940)はスウェーデン人としては最初のノーベル賞受賞者であり、また女流作家としての最初の文学賞となった。当時のフランスの新聞・雑誌でも彼女の受賞は画期的であったことが注目される。
[PR]
# by utsushihara | 2009-12-10 22:45 | 文芸、評論1909-10

2人の文筆家シャルル・モーラス対ジャック・ランドーの決闘

1909年12月6日(月)
f0028703_10101836.jpg


とにかく異例な決闘が12月6日午前11時、パルク・デ・プランスの敷地内でおこなわれた。シャルル・モーラス氏が書いた記事に関してジャック・ランドー氏が批判記事を寄せたことが、2人の間での剣による決闘に至った原因である。
シャルル・モーラス氏の介添人はフレデリック・ドレベックとリュシアン・モローの両氏であり、ヴィヴィエ医師も立会った。一方、ジャック・ランドー氏にはピエール・モルティエ、ユベール・ドレ=ド=カストニエの両氏とアラゴン医師がついた。
双方の合意のもと、介添人4名はルージエ=ドルシエール氏に決闘の進行役を依頼した。彼はモーラス氏に難聴の障害があるのを鑑みて、特別な条件で進行役を果たすことになった。
決闘する2人が対峙する前に、ドルシエール氏は型通りの決闘の再考を促す言葉を声高に読み上げた。慣例の「始め!」(Allez, Messieurs!)という合図の言葉がモーラス氏にはよく聞こえないため、ドルシエール氏は、両者を剣を合わせたままで待たせ、審判の手にするハンカチを勢いよく振り上げるのを合図に決闘が開始した。
戦いの間、このハンカチの合図は仕切り直しのために20回余り振られた。激しい撃ち合いになったのは5回ほどあり、一方の剣が壊れたため、また尖先が鍔に当って磨耗したため、取り替えを余儀なくされた。
結局、休憩の後の5回目の激しい撃ち合いのとき、モーラス氏が激しく攻め立て、それに応戦したランドー氏の剣がモーラス氏の右腕にかなり深く突き刺さったのである。血がほとばしり、モーラス氏は医師たちに傷を見せた。診断の結果、傷は明らかに戦いの続行には不利益と判断されたため、決闘は取りやめとなった。
両氏は和解の言葉なくそれぞれに立ち去った。

出典Crédit:©BNF-Gallica #618830 « Le Petit journal » No.17147, le 7 Déc. 1909
画像Crédit:©BNF-Gallica #5526611 « Touche à tout » No.1; Jan. 1910

[ Ψ 蛇足 ]
20世紀に入っても決闘が頻繁におこなわれ続けている。文筆家同志の批判の応酬が「ペンから剣へ」と発展するのだが、かといって「腕で」片をつけることが本当の意味で決着と言えるのかどうか?どんなことをしても割り切れなさは残るのではないだろうか。ある意味では「戦争のむなしさ」にも通じる。

シャルル・モーラス(Charles Maurras, 1868-1952)は、思想的には君主制の復帰を望み、反ドレフュス派として盛んな論議を戦わせた。1899年以降、国粋的な政治団体「アクシォン・フランセーズ」(L'Action Française)を結成し、その中心人物として同名の機関紙を発行し、愛国運動を牽引した。介添人のリュシアン・モロー(Lucien Moreau, 18xx-1932)もその主要な一員で、出版人ラルースの親族にあたる。
対戦相手のジャック・ランドー(Jacques Landau)については詳細は今のところ見つからない。

**これまでの関連記事france100.exblog:批評家シュヴァッシュ対劇作家ベルンスタンの決闘(1909.10.27)
[PR]
# by utsushihara | 2009-12-06 23:22 | 文芸、評論1909-10

ワルデマール公妃マリーの急死

1909年12月4日(水)f0028703_230742.jpg

旧オルレアン王族シャルトル公の長女マリー・ドルレアンは1885年、現デンマーク国王の弟君にあたるワルデマール公と結婚していたが、12月4日コペンハーゲンにおいて流行性感冒のため急死した。44歳の若さであった。彼女は4人の公子オージュ、アクセル、エリク、ヴィゴと1人の公女マルグリットの5人の子供を残し、とりわけ露仏同盟の下地をつくるなど政治的な仲介者の役割を果たした。デンマーク王室では不可欠な親しまれる存在であった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.60; Jan. 1910

[ Ψ 蛇足 ]
ワルデマール公妃マリー・ドルレアン(Marie d’Orléans, Princesse Waldemar, 1865-1909)は気品の漂う顔立ちで人気があった。
[PR]
# by utsushihara | 2009-12-04 22:58 | 各国事情1909-10

フェミナ劇場で『クリスマス・レヴュー』が大好評

1909年12月f0028703_21243480.jpg

(←)左掲はフェミナ劇場で上演が続いている『クリスマス・レヴュー』(Revue de Noël)の一場面である。この作品はジャック・ブランドジョン=オッフェンバック氏が書き上げた子供による子供のための楽しいクリスマス劇で、パリ中の子供たちとその親たちを魅了している。劇を見守る子供たちを笑わせ、大人たちを楽しませるのは、作者の力量の現われである。彼の機転のきいた歌詞や創意に富んだ表現は、見事な演出に助けられてこれまでにないほどの成功を生み出している。
主な「かわいい」出演者たちは、モナ・ゴンドレ、ジェルメーヌ・パリゼル、メリンドル、ソーテルヌの諸嬢とマティヨン氏、ウェベール氏などであるが、フェミナ劇場の支配人ダヴァン氏もジャヴォー(Javaut)という役者名で出ている。特に評論家たちが注目するモナ・ゴンドレ(Mona Gondré)嬢は天才子役として有名であるが、このレヴューでは彼女がこれまで演じた出し物を超える仕上がりとなっている。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.60; Jan. 1910
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288668 « Le Figaro », le 7 Déc. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
作者のジャック・ブランドジョン=オッフェンバック(Jacques Brindejont-Offenbach, 18xx-19xx)は作曲家オッフェンバックの孫にあたる人物で、後年『わが祖父オッフェンバック』(Offenbach, mon grand-père)を書いている。

**これまでの関連記事france100.exblog:「ムジカ」誌の「オッフェンバック」特集号(1908.03)
[PR]
# by utsushihara | 2009-12-03 21:22 | オペラ、音楽、演劇1909-10

ローマの盲学校での体育教育

1909年12月f0028703_22372978.jpg

掲載の写真はローマの聖アレッシオ盲学校での体育の授業風景である。セガンティ教諭の指導の下、生徒たちは様々な動きができるようになった。(→)右掲では互いの手を触れながらまっすぐな横列をつくり、教師の声を聞きながら編隊行動をおこなっている。
f0028703_22343370.jpg(←)また左掲では、跳躍板と信頼心によって少しずつ練習を重ね、彼らは1m50の跳躍が出来るようになった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.60; Jan. 1910

[ Ψ 蛇足 ]
障碍を克服する人々の姿はいつの時代でも驚嘆と敬意の念に囚われるものだ。体育の跳び箱の授業で使う「跳躍版」の仏語は「トランプラン」(Tremplin)というが、「トランポリン」(Trampolin)とは似て非なる単語である。

**これまでの関連記事france100.exblog:点字の発明者ルイ・ブライユの百年祭(1909.01.04)
[PR]
# by utsushihara | 2009-12-02 22:33 | 各国事情1909-10

ロダンの手による作家バルベー=ドールヴィイの胸像落成

1909年11月28日(日)f0028703_22512670.jpg

11月28日、マンシュ県のサン=ソヴール=ル=ヴィコントの町で、大彫刻家ロダンの作による作家バルベー=ドールヴィイの胸像の落成式がおこなわれた。この作家はこの地で1808年に生まれ、1889年にパリで没した。式典にはアカデミー会員の歴史家フレデリック・マッソン氏をはじめ、文筆協会長のジョルジュ・ルコント氏、「演劇評論」誌を代表してカミーユ・ル=センヌ氏が、かつて《文筆の元帥》(Connétable des Lettres)と称されたこの作家の業績を讃えて代わる代わる賛辞を述べた。彼は代表作として『憑かれた女』(Ensorcelée)、『騎士デ・トゥシュ』(Le Chevalier Des Touches), 短篇集『魔性の女たち』(Diaboliques)、評論集『作品と人間像』(les Oeuvres et les Hommes)などが知られている。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.60; Jan. 1910
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #4059976 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.49-50; le 4 et 11 Déc. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
f0028703_22513836.jpgジュール・バルベー=ドールヴィイ(Jules Barbey d’Aurevilly, 1808-1889)は、19世紀の作家たちの中でも特異な存在であった。ノルマンディの貴族の家系に生まれ、カーンで法律を学んだあとパリに出て文筆活動に入った。思想的には極端かつ強硬なカトリック信者であり、市民階級の自由な思考を軽蔑し、ダンディスムに徹した生活を送った。この胸像の建立は彼の生誕100年を記念して発起された。

邦訳された彼の作品はごくわずかだが、信仰心の希薄な一般人の人生に現われる悪徳の諸相、特に男女関係の情愛にからんだ局面を強烈に描きだす筆力は、読む者の心を深く魅了する。
以前は「バルベー=ドールヴィリ」という表記がほとんどだったが、より原語発音に近い「ヴィイ」が仏文学会でも採用されているようだ。
[PR]
# by utsushihara | 2009-11-28 22:50 | 文芸、評論1909-10

ポルトガル国王のパリ訪問

1909年11月27日(土)

若きポルトガル国王マヌエル2世は、11月27日ダンケルク港に到着した。今回の訪問は「半ばお忍び」(en demi incognito)ということで、パリではブリストル・ホテルに投宿し、市内での移動や散策は従って儀典長や衛兵隊なしの自動車でおこなわれた。マヌエル王は20歳、フランスのオルレアン家出身の母親の前王妃アメリーによく似ており、競馬場や劇場などの出先では、群衆は高貴でかつ好感の持てる若き王を歓迎し、王母アメリー妃の名前を交えながらの歓呼に快く応えた。ポルトガルの外相ボカージュ氏は、26日に外相ピション氏と会談を実施した。f0028703_144091.jpg

マヌエル国王は3度観劇に赴いた。オペラ座の歌劇「ファウスト」(Faust)、コメディ・フランセーズ座の「愛は眠らずに」(L’Amour veille)そしてオペラ・コミック座の歌劇「マノン」(Manon)である。いずれにおいても熱烈な歓迎を受け、拍手喝采を浴びた。王はまた、ヴェルサイユ宮殿、カルナヴァレ博物館、ルーヴル美術館、ゴブラン織美術館、労働者団地などを訪ねた。ファリエール大統領は夕食会を催し、ランブイエでは狩猟に招き、若い王は機転の利いた巧みな狩の腕前を披露した。(→)右掲の写真はオートゥイユ競馬場にて。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.59; Déc. 1909
出典Crédit:©BNF-Gallica #563440 « Le Petit Parisien » No.12084, le 29 Nov. 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #4059976 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.50; le 11 Déc. 1909

f0028703_14402986.jpg[ Ψ 蛇足 ]
はじめての外遊でポルトガルのマヌエル2世は、スペイン、英国、フランスを歴訪した。最後にパリを「半ばお忍び」(en demi incognito)という形で訪問したのは、公式行事で身動きがとれずに行きたいところや見たいところが制約されるのをきらってのことと思われる。(←)左掲はパリのルーヴルに隣接する「装飾美術館」(Musée des Arts décoratifs)の見学を終えて車に乗るマヌエル国王の姿である。
英国王エドワード7世もオペラや演劇を楽しむために「お忍び」でパリを何度も訪れていた。

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)若きポルトガル国王の初めての外遊(1909.11.07)
(2)コメディ=フランセーズの「愛は眠らずに」の大成功(1907.09.30)
[PR]
# by utsushihara | 2009-11-27 14:37 | 各国事情1909-10

歌劇『クオ・ヴァディス』のパリ初演

1909年11月26日(金)
f0028703_18501682.jpg

シェンキェヴィッチの小説にもとづいた5幕7景の歌劇『クオ・ヴァディス』(Quo Vadis)は11月26日、ゲテ座においてパリでの最初の公演がおこなわれ、大成功をおさめた。この歌劇の台本はアンリ・ケーン氏、作曲はジャン・ヌーゲス氏であり、今年2月10日にニース歌劇場(Opéra Municipal de Nice)で初演されたものである。出演は、マリー・ラファルグ女史、テヴネ女史、ジャン・ペリエ氏、セヴェイヤック氏などで、中間部のバレエのディヴェルティスマンをトルーアノヴァ嬢が踊り、注目された。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.59; Déc. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288658 « Le Figaro » le 27 Nov. 1909
画像 Crédit d’image : ©CMN: Ministère de la Culture de France (Médiathèque du Patrimoine et de l'Architecture) Archives photographiques diffusion RMN
f0028703_1851265.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
1905年にノーベル文学賞を得たポーランドの作家シェンキェヴィッチ(Henryk Sienkiewicz, 1846-1916)は、皇帝ネロ治世下のローマを舞台とした歴史小説『クオ・ヴァディス』(Quo Vadis, 1895)で世界的な評価を得た。(画像→)
フランスでは数年前にエミール・モローによって戯曲化され、ポルト・サン=マルタン座で上演された。オペラ化は台本作家としても有名なアンリ・ケーン(Henri Cain, 1857-1937)と若手作曲家のジャン・ヌーゲス(Jean Nouguès, 1875-1932)によって進められた。
パリでの公演は、2大歌劇場を補完する市立歌劇場ゲテ座(Théâtre lyrique de la Gaîté)の支配人イゾラ兄弟によって取り上げられたが、歌手たちが二番手クラスで賄われたのは致し方なかった。それにもかかわらず著名な歴史小説が原作であったせいか、オペラ作品としては人気があり、第1次大戦後の頃まで、欧州各地や米国で繰り返して取り上げられた。
f0028703_18514924.jpgディヴェルティスマンを踊ったナターシャ・トルーアノヴァ(Natacha Trouhanowa, 1885-19xx)はロシア出身のバレリーナで、踊りとともに美貌で注目され、この年の月刊誌「ル・テアトル」No.253の表紙写真に掲載された。(←画像)彼女はこの数年後、デュカのバレエ曲「ペリ」で艶めかしい姿で主役を踊ることになる。

[ ΨΨ 蛇足の蛇足 ]
「クオ・ヴァディス」とは、ラテン語で「あなたはどこに行くのですか?」とペテロが(キリストに)問いかけたという言葉だが、この百年前当時にも好んで使われたようで、競走用気球や競走馬の名前としてつけられていた。現代でも欧州を中心とした(日本でも)ビジネス・ダイアリーや手帳の文具ブランド名となっている。下記(↓)の文具メーカーのサイトに(英文)「そもそもの由来」が絵入りで掲載されている。

*参考サイト:
(1)Quo Vadis Blog, Tools for Creative Minds (ラテン語の意味:英文解説)
(2)Wikipedia(英文)Jean Nouguès 作曲家ジャン・ヌーゲス

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)コレットのパントマイム「欲望と愛情と妄想」ジャン・ヌーゲス作曲(1906.02)
(2)オペラ・コミック座の新シーズン(1909~1910)(1909.10)
[PR]
# by utsushihara | 2009-11-26 18:49 | オペラ、音楽、演劇1909-10