フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

<   2008年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ファリエール大統領、北欧歴訪の最後にノルウェー訪問

f0028703_16234297.jpg1908年7月31日(金)

7月31日、ファリエール大統領はクリスチャニア(現オスロ)に到着した。画像は(→)国王ホーコン7世に迎えられる大統領である。その夜、盛大な宮中晩餐会が催された。
翌日8月1日はフランス大使館での昼食会のあと、午後はノルウェー在住フランス人のレセプションが開かれ、その後美術館へ訪問した。その日の夜は再び宮中での夕食と演奏会が催された。
f0028703_16241245.jpg8月2日の日曜日は、国王ホーコン7世とモード王妃、そして幼いオラフ王子が大統領とともにフォクセンコレン(Voxenkollen)の町とホルメンコーレン(Holmenkollen)の小さな湖の岸辺をなごやかに散歩した。(←画像)夕方6時には大統領は別れを告げ出港した。ダンケルク港に帰着したのは8月4日で、その日のうちにパリに戻った。大統領は至る所で歓迎を受け、快適な旅行に大いに満足している。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.44; Sep. 1908

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)ファリエール大統領、ロシア皇帝との洋上会見(1908.07.27)
(2)ファリエール大統領ストックホルムに到着(1908.07.24)
(3)ノルウェー国王夫妻のパリ来訪(1907.05.27)
(4)ノルウェー国王の戴冠式(1906.06.22)
[PR]
by utsushihara | 2008-07-31 16:22 | フランス社会政経1909-10

[ 直近の更新状況 ] 6

ご来訪ありがとうございます。このところ記事の掲載がかなり遅れがちとなっており、ちょうど100年前の同月同日の暦の進行とはズレが出ております。なるべく取り戻したいとは思いますが、時間と気力が許す限りとご理解ください。しばらく5~6月の出来事が続きます。

7/31: 今年最強の若い牝馬フォアサイト号(1908.05.10)
7/31: 拳闘家サム・マクヴェーの新たな勝利 (1908.05.23)
7/31: ガストン・ラトゥシュの個展 (1908.05.)
7/31: ロシア歌劇団の『ボリス・ゴドノフ』のパリ初演(1908.05.19)
7/30: 自転車競技パリ大賞(1908)(1908.06.21)
7/30: 国際レガッタ競技会(1908)(1908.06.28)
7/30: ブルックナーの交響曲第8番のフランス初演(1908.05.14)
7/29: ローマ大賞をめざす女性たち(ナディア・ブーランジェ)(1908.05.12)
7/29: サン=シール陸軍士官学校の百周年 (1908.07.02)
7/29: ミシェル・セルヴェの記念碑の落成式 (1908.07.05)
7/28: モーリツ・ローゼンタールのピアノ演奏会(1908.05.09)
7/27: モンリニョンに「隠退芸術家の家」が開館 (1908.05.24)
7/25: ラ=フレシュで陸軍幼年学校(プリタネ)の百周年記念祭(1908.06.21)
7/24: 芸術座でバーナード・ショーの「キャンディダ」パリ初演(1908.05.08)
7/23: 飛行船「レピュブリック」号の初飛行(1908.06.24)
7/22: 巨大なベートーヴェン記念碑(1908.07.10)
7/21: パサージュ・デ・パノラマの宝石店泥棒(ベルエポック事件簿)(1908.05.15)
[PR]
by utsushihara | 2008-07-31 15:59

ヴィニューとヴィルヌーヴ・サン=ジョルジュの出来事

f0028703_1848943.jpg1908年7月30日(木)

全国労働者協議会は、7月30日に24時間のストライキを通告していたが、ストとデモに参加した人たちが集団でパリからヴィルヌーヴ・サン=ジョルジュまでやってきた。デモ隊の罵詈雑言に耐えて軍隊は警備を続けていたが、拳銃が何発か発砲されるに至ってやむなく何回かの応戦を余儀なくされた。スト参加者のうち4名が死亡し、多数の兵士と何人かの士官が負傷する結果となった。
こうした事態を招いてもコルベイユの郡長はレジオン・ドヌール勲章の騎士章を授かった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.44; Sep. 1908

**これまでの関連記事france100.exblog: コルベイユの採石争議で死傷者(1908.06.02)
[PR]
by utsushihara | 2008-07-30 18:45 | フランス社会政経1909-10

ダランソン夫人の首飾り消失事件(捜査篇3)(ベルエポック事件簿)

1908年7月22日(水)

それではこの事情に通じた犯人とは何者だろうか?この付近で料亭《シャルメット》(Charmettes)を経営しているロピケ氏によれば、盗難事件の2~3日前の午後6時頃に一人の青年がやってきて、ある人物と会う約束がある、その人は「スタンネル殺人事件」の秘密を知っており、人が住んでいる屋敷に見られずにいかにやすやすと侵入できるかを教えてやると言われている、と語ったという。
その後、この青年は《アルビヌ荘》(Villa Albine)にやってきたところをダランソン夫人が見かけている。しかし彼は目の前でやって来た理由を話し、それは疑わしいものではなかったのでそのまま立ち去らせたのだった。この青年とは何者だろうか?
コーム判事は、ロピケ氏とダランソン夫人にこの男の容貌をきいた。判事は昨日、昼食時にいた騎手のアレック・カーターとマリー・オタンの婚約者にも事情聴取をおこなった。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #288159 « Le Figaro » le 22 Juil, 1908

**これまでの関連記事france100.exblog:ダランソン夫人の首飾り消失事件(捜査篇2)(ベルエポック事件簿) (1908.07.22)

[ Ψ 蛇足 ]
「料亭」(Pavillon-Restaurant)と訳してみたが、今の日本語では「高級割烹旅館」とか「隠れ家ごはん」のような、パリ郊外の別荘(villa)でのゆったりとした憩いの館であったようだ。当然、当時の文芸作品にも描かれた「あいびき」、「逢瀬」の場所でもあった。
[PR]
by utsushihara | 2008-07-29 13:36 | ★ベルエポック事件簿1908

植民地相ミリエス=ラクロワのアフリカ巡訪

f0028703_22423958.jpg1908年7月

ミリエス=ラクロワ氏は素晴しい着想からアフリカ巡訪に出かけ、このほど帰着した。彼はセネガル、ダホメー、ギニアを精力的に横断し、至る所で熱烈な歓迎を受けた。ダカールに上陸後、彼は旅程を進めるためにある時は鉄道、ある時は船、ある時は担ぎ椅子で移動した。コトヌーの埠頭では、調査船シャスルー=ローバ号に乗り込むために、岸壁から伝統的な柳の網籠に入ってカヌーに移らなければならなかった。
帰国にあたっては西アフリカ植民地における生活文化に関する確かな資料の数々を持ち帰った。今回彼は、まだ交通手段が発達していないスーダンの奥地まで行けなかったことを残念に思っている。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.44; Sep. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
ラファエル・ミリエス=ラクロワ(Raphaël Milliès-Lacroix, 1850-1941)は南西フランス出身の政治家。クレマンソー内閣で植民地相を務めた。
[PR]
by utsushihara | 2008-07-28 22:41 | モロッコ問題、アフリカ1907-08

ファリエール大統領、ロシア皇帝との洋上会見

f0028703_1735019.jpg1908年7月27日(月)

スウェーデンとノルウェー訪問の合い間となる7月27日、ファリエール大統領はフランス艦隊とともにレヴェルを訪れ、そこで待っていたロシア皇室の御用船スタンダート号の上でロシア皇帝夫妻と子供たちと顔を合わせた。翌28日には戦艦「ヴェリテ」号で歓迎夕食会が催され、露仏両国の親和と交歓の乾杯が繰り返された。またロシア皇帝とファリエール大統領、両国外務大臣の間での長時間の重要な会見も行なわれた。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.44; Sep. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
(↑)画像はロシア帝室御用船「スタンダート」(Standart, Le yacht impérial)
また会見地レヴェル(Revel)とは現在バルト3国の一つ、エストニアの首都タリン(Talinn)の旧名とわかった。

*参考サイト:Wikipedia(和文)タリン
**これまでの関連記事france100.exblog:ファリエール大統領ストックホルムに到着(1908.07.24)
[PR]
by utsushihara | 2008-07-27 17:02 | フランス社会政経1909-10

ニューヨーク~パリ自動車レースのうやむやゴール

f0028703_20574270.jpg1908年7月26日(日)

今年2月に出発したニューヨーク~パリ自動車レースはうやむやに終わった。レースを競った車両はシベリア上陸以来懸念された困難を克服してパリに到着した。26日にドイツ・チームの車が最初に到着したが、走行すべきコースの一部を省略したことが判明したため、4日後の30日に到着した米国チームが優勝した。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.44; Sep. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
ニューヨーク~パリ自動車レース(Le Raid New-York-Paris)は、フランス車3台、独米伊各1台の計6台で出発したが、途中でフランス車3台ともリタイアとなり、最後は米独伊の3台がゴールした。優勝した米国チームはトーマス・フライヤー(Thomas Flyer)車をジョージ・シュスター(George Shuster)が運転した。
アラスカからベーリング海峡を船で渡って、日本を経由して満州からシベリアを経てモスクワへと至るコースは劣悪の極みとなる道路状況で、一日に何マイルも進めないことも多かったようである。
「ジュセトゥ」の記事には辛口の表現《うやむやに終わった》(s’est terminé en queue de poisson)とある。「魚の尻尾」(queue de poisson)は慣用語で「尻切れトンボ」の意味あいがある。到着順位の変更のほか、フランス・チームが全滅したのもそうした表現になったのだろう。

*参考サイト:
(1)The Great 1908 New York-to-Paris Automobile Race(英文:タイム誌の写真集: 明治期の日本を走るラリー車両=中国においてという説明だが、明らかに日本の風物である)
(2)Wikipedia(英文)1908 New York to Paris Race

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)「グレートレース」 ニューヨーク~パリ自動車ラリー出発 (1908.02.12)
(2)ニューヨーク~パリ自動車ラリー(シカゴ到着) (1908.02.22)
[PR]
by utsushihara | 2008-07-26 20:56 | スポーツ、乗物、探検1907-08

ダランソン夫人の首飾り消失事件(捜査篇2)(ベルエポック事件簿)

1908年7月22日(水)

ヴェルサイユの予審判事コーム氏に呼び出された参考人たちによるダランソン夫人の首飾り消失事件に関する証言は、この事件の真相を照らし出すほどのものとは考えられなかった。
夫人の空になったハンドバッグが庭で見つかったのはわかっている。たしかに昼食会があった別荘の女主人アロザ夫人は正面玄関のそばの植込みの中にこのバッグを見つけたと語ったのだが、一方でその時彼女に仕えていた使用人のマリー・オタンは、自分こそ庭の通路の上から拾い上げたのだと言うのである。判事としてはこの2人の女性の証言を両方とも取り上げることは不可能であった。
さらにもう一つの食違いがある。それはエミリエンヌ・ダランソン夫人の行動で、最初はこの《アルビヌ荘》にその日の午後2時に着いたと明言していたが、捜査によると彼女は別荘には前の日から泊まっていて、昼食のために部屋から下りたことがわかった。
アロザ夫人は容疑が自分に降りかけようとしていることに腹を立てており、盗みはアランソン夫人の習慣をよく知っている誰かによって予め入念に計画され、実行されたのだと主張した。犯人は夫人が別荘に来て、泊まって、食事の時には部屋に宝石を残して出ることを毎度知っていたに違いないというのだ。アロザ夫人はあたかも誰かを暗示するかのようにこの手口を強調したが、それ以上のことは話したがらなかった。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #288159 « Le Figaro » le 22 Juil, 1908

**これまでの関連記事france100.exblog:ダランソン夫人の首飾り消失事件(捜査篇1)(ベルエポック事件簿)(1908.07.21)
***この次の記事france100.exblog:ダランソン夫人の首飾り消失事件(捜査篇3)(ベルエポック事件簿) (1908.07.22)
[PR]
by utsushihara | 2008-07-25 23:55 | ★ベルエポック事件簿1908

オールネー=スー=ボワの田園劇場

f0028703_1916280.jpg1908年7月

ちょうと一年前にオールネー=スー=ボワの田園劇場で『メシドール』を上演したジュール・プランセ氏は、今年は自作の『治療師』(Le Guérisseur)の劇の役柄の一人として出演している。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.44; Sep. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
(再掲): 『メシドール』(Messidor)とは共和暦の収穫月のことで6月後半から7月に該当する。作者のジュール・プランセ(Jules Princet, 1873-1924)は地元の作家として野外の《田園劇場》(Théâtre aux Champs)を運営した。
オールネー=スー=ボワ(Aulnay-sous-Bois)はパリの北東20kmにある周辺都市の一つである。下記のWikipedia(仏語)の紹介記事によるとプランセは1919年~1925年まで6年間、ここの町長をつとめた。

**これまでの関連記事france100.exblog:オールネー=スー=ボワの田園劇場の開演(1907.06.23)
*関連サイト:Wikipedia(仏語)Aulnay-sous-Bois
[PR]
by utsushihara | 2008-07-25 19:15 | オペラ、音楽、演劇1907-08

ファリエール大統領ストックホルムに到着

f0028703_21263014.jpg1908年7月24日(金)

7月24日金曜日ファリエール大統領はストックホルムに到着し、国王グスタフ5世による親密な歓迎を受けた。サダルマニー大公夫妻およびネリシー大公への公式訪問。将軍のラップ男爵とスウェーデン宮廷貴族のブラーエ伯爵がファリエール大統領の世話役としてつけられた。その夜に宮廷晩餐会が催された。
25日にはグリップスホルム城への視察と昼食のあと、ストックホルム近郊のスカンセンでは民俗衣裳を着けた農民たちの絵のような踊りに迎えられた。その夜はフランス大使館でファリエール大統領主催の答礼晩餐会が開かれ、スウェーデン国王が招かれた。
26日の日曜日には、街中両国旗で飾られたストックホルム市内を視察。夕方6時にはレヴェルの沖合に停泊していたフランス艦隊が大統領を乗せて次の訪問国へ出発した。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.44; Sep. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
原文では (paysans dans le costume dalècarlien)のを「民族衣装を着た農民」と訳してみたが、「ダレカーリアン」(dalècarlien)の本当の意味はよくわからない。

**これまでの関連記事france100.exblog: ファリエール大統領のデンマーク訪問(1908.07.20)
[PR]
by utsushihara | 2008-07-24 21:31 | フランス社会政経1909-10