フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

英露協商の成立(三国協商の完成)

f0028703_21173691.jpg1907年8月31日(土)

1907年8月31日、セント=ペテルブルクにおいて英国ロシア間の協商条約が成立した。交渉の当事者は、ロシアの外相アレクサンドル・イズヴォルスキー伯爵と駐露英国大使アーサー・ニコルソン男爵だった。
(←)左掲の画像は英国王の使者ウェンダム大尉(Captain Wendham)がロンドンに戻ってきたところである。右手に下げた厳重に密閉された手提げ鞄の中にロシア皇帝によって署名された条約文書が入っている。
f0028703_2118586.jpg
出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.33-34; Oct-Nov 1907

[ Ψ 蛇足 ]
ロシアの外相はアレクサンドル・イズヴォルスキー伯爵(Alexander Petrwich Iswolsky, 1856-1919)。
アーサー・ニコルソン(Arthur Nicolson, 1849-1928)は、1905年から1910年まで駐露英国大使を務めた。
第一次世界大戦に至る列強の対抗軸は《独墺伊の三国同盟》と《英仏露の三国協商》であると世界史の授業で学んだ。英仏露の「三国協商」(Triple entente)については、1892年の仏露同盟(Alliance Franco-Russe)と1904年の英仏協商(Entente cordiale)に続いてこの1907年の英露協商(Entente Anglo-Russe)で三角形が完成したことになる。

右掲(→)の地図は「ジュセトゥ」第34号に掲載された巻頭特集記事「世界の野望」(L’Appétit du Monde)の図版の一つで、「ロシアが欲する欧州地図」と題されている。その説明文には、「これが汎スラヴ主義(Panslavisme)の願望である。スラヴ民族の国々をすべて統合すること、クロアチアからアドリア海に到達し、セルビアとブルガリアからコンスタンチノープルを併呑し、ダータネルス海峡の航行が自由になる」、と書いている。
この特集記事にはすでにオーストリア=ハンガリー帝国の脆弱性が指摘されており、バルカン諸国が戦争の火種となると考えられていたようだ。

*参考サイト:Wikipedia(英文)Anglo-Russian Entente(英露協商)
[PR]
by utsushihara | 2007-08-31 21:15 | ロシア帝政末期1907-10

北京~パリ自動車ラリー80日の終幕

f0028703_15464923.jpg1907年8月30日(金)

8月10日のボルゲーゼ公爵のあと、3組の競争者たちが8月30日パリに到着し、80日間のレースは終了した。画像は最終区間の出発地モントリニョン(Montlignon)で撮られたもので、左からスパイカー(Spyker)の車、次がコリニョンとデュ・テリス(Collignon & Du Taillis)、右がコルミエとビザール(Cormier & Bizard)の車である。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.33; Oct 1907
f0028703_1547814.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
1着のボルゲーゼ公爵から遅れることちょうど20日、3台そろってのゴールである。壮大なレース計画は、最後は完走することに意義があったようだ。オランダのスパイカー社の車(→)は性能的にも一番すぐれていたが、機械の性能だけでは勝てなかった。この会社はその後航空機の製造も行ない、現在はF1グランプリのチームも編成している。(今日の日経新聞によれば、アラブ首長国連邦がスポンサーになっていて日本人レーサーが乗っている。)
モントリニョン(Montlignon)はパリ北郊外のモンモランシーの森(Forêt de Montmorency)のふもとの町。

*参考サイト:Spyker cars(英文)オランダの自動車メーカー
**これまでの関連記事france100.exblog:北京~パリ自動車ラリーの優勝者(1907.08.10)ボルゲーゼ公爵
[PR]
by utsushihara | 2007-08-30 15:48 | スポーツ、乗物、探検1907-08

ファリエール大統領に日本から叙勲

1907年8月29日(木)

在仏日本大使栗野閣下(S.E.Kurino)は8月29日、ファリエール大統領に対し日本からの勲章を授与した。これは明治天皇睦仁陛下(S.M.Mutsu-Hito)から委託を受けた「大勲位菊花大綬章」(Grand Cordon de l’Ordre Impérial du Chrysanthème)の勲章である。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.33; Oct 1907
画像 Crédit d’image : © Photo RMN162518 - ©Hervé Lewandowski ; Auteur : Léon Bonnat (1834-1922); Titre : Portrait du président de la République Armand Fallières (1841-1931); Localisation : Musée d'Orsay, Paris
f0028703_17112890.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
閣下 S.E.=Son Ecxellence
陛下 S.M.=Sa Majesté
大勲位菊花章は日本で最高の勲章である。「大勲位菊花章頸飾」と「大勲位菊花大綬章」の2種類があるが、「頸飾」は既に「大綬章」を受けたことのある人に与えられる。外国の元首に儀礼的に授与される例も多く、この時も大統領就任後1年半を経過したファリエールに対する儀礼だったと思われる。
上記の日本大使は栗野慎一郎(1851-1937)で公使として各国を歴任し、1906年から初代駐仏日本大使に就任していた。
右掲(→)は、この年の春のサロンに出展された肖像画の巨匠レオン・ボナ(Léon Bonnat, 1834-1922)によるファリエール大統領の肖像。

*参考サイト:
(1)中野文庫 「大勲位菊花章
(2)Wikipedia(和文)栗野慎一郎

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-08-29 17:13 | フランス政治社会1907-08

タイ国王ラーマ5世のランブイエ訪問

f0028703_22293132.jpg1907年8月

シャムのチュラロンコーン国王は7月のあいだフランス南部で長期滞在をしていたが、公式な接待を受けなかった。8月末に再入国したときにファリエール大統領はちょうどバカンスを過ごしていたランブイエに招待し、昼食会と狩猟でもてなした。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.33; Oct 1907
画像 Crédit d’image : ©Centenaire Armand Fallière, Le Président de la République; Réceptions de souverains
http://www.cg47.fr/archives/histoire/Fallieres_centenaire/president_republique/index.html
f0028703_22295395.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
タイ国王ラーマ5世(Rama V, 1853-1910)は、チャクリ王朝の5代目として1868年に即位した。幼名のチュラロンコーン(Chulalongkorn)も愛称として多用された。19世紀末、インドシナ地域で植民地獲得競争をしていた英仏間で西側マレー半島を英国に、東側ヴェトナム、ラオスをフランスに支配権を認めて、その間の緩衝地として独立を維持した。国の近代化に努力し、奴隷制の廃止や教育制度の充実などをはかった。欧州には1897年と1907年の2度渡航し、各国君主との親交を深め、タイ王朝の存在をアピールした。
上記の記事では7月に南仏に滞在と書かれているが、別の史料では6月にはスイス、ドイツ、7月は北欧3国を歴訪し、パリには8月14日に到着したとある。
上掲(↑)の写真はランブイエ訪問を終えたところ。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-08-28 22:32 | フランス政治社会1907-08

イタリア軍の大演習

f0028703_1420166.jpg1907年8月27日(火)~9月6日(金)

8月27日から9月6日にかけてイタリア軍72,000人の兵士が注目すべき大演習を行なった。仮想敵軍2部隊が1つはグラン・サン=ベルナール峠(Grand St.Bernard)から、もう1つはシンプロン峠(Simplon)から侵入し、オルタ湖(Orta)に向かってその勢力を結集しようと試みたという想定で、イタリア軍はノヴァーラ(Novara)に集結した。敵軍の合流を阻止するために、一度に2方面の敵に立ち向かった。ラジオ無線基地がボルゴマネロ(Borgomanero)の作戦本部に設置された。左掲(←)画像は作戦を検討するイタリア軍参謀たち。
f0028703_1413254.jpg
出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.33; Oct 1907
画像 Crédit d’image : ©Michelin Carte Touristique; Italie

[ Ψ 蛇足 ]
右掲(→)はイタリア北部、シンプロン峠からミラノに至る地域。18世紀末にナポレオン軍がアルプス越えでイタリア侵攻したときと同じように、陸路イタリアに攻め入るにはこうした険しい峠からしか方法がなかった。グラン・サン=ベルナール峠はこの地図の左手欄外になる。百年前にはまだ飛行機や自動車が未発達だったので、こうした悠長な陸軍的演習が大勢を占めていたことになる。
[PR]
by utsushihara | 2007-08-27 14:10 | 科学、軍事、海事1907-08

米国入植記念碑の起工式

f0028703_17514782.jpg1907年8月25日(日)

英国からの最初の入植者がアメリカの地に上陸したことを記念する石碑の起工式が8月25日ニューヨークで行なわれた。この機会にルーズベルト大統領は、大企業トラストに反対する熱のこもった演説を行ない、彼らに敵対する措置をとることを約束した。この演説の直後から米国における株価の混乱が発生している。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.33; Oct 1907

[ Ψ 蛇足 ]
1607年4月末に初めて、英国人入植者たちは現ヴァージニア州のヘンリー岬(Cape Henry)に上陸し、その後ジェームズ川を遡って、ジェームズタウン(Jamestown)に北米大陸で最初の安定した英国植民地を建設した。上記の行事はその300周年を記念してのものと思われる。(21世紀では400周年になる。)世界史的に有名な「メイフラワー」号の到着(1620)の13年前のことである。

またセオドア・ルーズベルト大統領は、19世紀末から20世紀にかけて米国でも産業の発展に伴い独占資本の形成が進行し、企業間の自由競争を阻害する事態が顕在化したのを重く見て、反トラスト法(Antitrust law)を発動し、数多くの独占的な企業を解散させ、「トラスト・バスター」(Trust buster)の異名を取ったことでも知られる。

*参考サイト:Wikipedia(英文)Mayflower(メイフラワー号)
[PR]
by utsushihara | 2007-08-26 17:49 | 各国事情1907-08

セント=ペテルブルクのキリスト復活教会の竣工

f0028703_14311262.jpg1907年8月25日(日)

8月25日の日曜日にセント=ペテルブルクのキリスト復活教会の落成を祝って皇帝ニコライ2世と后妃アレクサンドラが式典に臨んだ。この教会は皇帝の祖父に当たるアレクサンドル2世が1881年に暗殺されたその場所に建てられたもので素晴らしい教会建築である。
f0028703_14313157.jpg
出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.33; Oct 1907

[ Ψ 蛇足 ]
(←)左掲はこの年(1907)に描かれたアレクサンドラ后妃(Alexandra Fyodorovna, 1872-1918)の肖像画である。ドイツのヘッセン公家に生まれ、英国で育った美貌の后妃であったのだが、ロシアの宮廷にも国民にも好まれなかった人物で、この後皇太子の健康問題(血友病)で怪僧ラスプーチンにつけ入れられることになる。

*参考サイト:Virtual Tour of St. Petersburg : Church of the Resurrection of Christ(英文)
[PR]
by utsushihara | 2007-08-25 14:28 | ロシア帝政末期1907-10

アンナ=キャサリン・グリーン《アメリカ探偵小説の母》の仏語版

f0028703_21213085.jpg1907年8月

先般フェミニスムに関する小説を出したロニー兄弟は新奇な題材に積極的に取り組んでいるが、このたび米国の女流作家アンナ=キャサリン・グリーン女史の「グラマーシー公園の犯罪」(Le Crime de Gramercy Park)を美しい翻訳で刊行した。新鮮で息を呑むような描写の作品である。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.33; Oct 1907

[ Ψ 蛇足 ]
アンナ=キャサリン・グリーン(Anna Katherine Green, 1846-1935)は19世紀後半の米国で初めて推理小説を書いた作家として知られる。今でも米国では「探偵小説の母」"The Mother of the Detective Novel" と称されている。1878年に発表した処女作「リーヴェンワース事件」(The Leavenworth Case)が代表作の一つとなっており、戦後『世界推理小説大系』東都書房刊の第7巻として邦訳も出ている。
彼女の作品は、すでに探偵小説の黎明期だった英仏の小説、特にフランスのエミール・ガボリオの「ルコック探偵」の作風をモデルにした新聞連載小説(ロマン・フイユトン= Roman feuilleton)に通じる。つまり最初に犯罪の発生、そして事件の捜査が進む。しかしその過程で事件の関係者の背景、一族の過去の歴史、盛衰、憎悪、嫉妬、恐喝、家庭内紛あるいは復讐などのメロドラマが延々と続くパターンである。
彼女の作品でもう一つ特徴的なのは、アガサ・クリスティのミス・マープルに先んじて女性の素人探偵アメリア・バターワース(Amelia Butterworth)を作り出したことである。これをフェミニスム思想の芽吹きが見られた19世紀末における女性の活躍、つまり事件への主体的・行動的な関わり、あるいは作家活動としての女性の台頭にフランスの作家ロニーが着目したのかも知れない。上記の翻訳作品は残念ながらフランスでも、あるいは原作としての米国でもどんな内容だったかは不明である。
彼女の作品は現在グーテンベルク計画(Project Gutenberg)で何点かを電子図書として読むことができる。(英文index

*参考サイト:
(1)Lady Bluestocking Facsimile Dust Jackets:Anna Katherine Green : America’s First Lady of Detective Fiction(米国初期探偵小説の書影集)
l(2)はてなダイアリー「押入れで独り言」:[ミステリの歴史]アンナ・カサリン・グリーン「探偵小説の母」
**これまでの関連記事france100.exblog:ロニー兄弟のフェミニスム小説「境遇に抗して」(1907.06)
[PR]
by utsushihara | 2007-08-24 21:16 | 文芸、評論1907-08

文芸消息(1907年8月)

f0028703_23105182.jpg1907年8月

[ 1 ] アンリ・ド・ロートシルト男爵は感情の高揚と当惑に満ちた短篇集「人生の反映」(Les Reflets de la vie)を出版した。(表紙画像←)

[ Ψ 蛇足 ] アンリ・ド・ロートシルト男爵(Le Baron, Henri de Rothshild, 1872-1947)英国ロスチャイルド財閥の系列を継ぐフランス貴族の一人で、自身多才多芸の人物だった。企業の経営のほか、慈善活動や医師として病院の運営に携わり、また詩人・劇作家として作品を発表し続けた。

*参考サイト:Wikipedia(仏語)Henri de Rothshild
**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)競馬パリ・グランプリ・レース(1907.06.16) 持ち馬の優勝
(2)ドリュド将軍カサブランカ上陸~モロッコ戦役(2)(1907.08.05) 医療チームの派遣

[ 2 ] 独自の視点を持つ評論家レオン・ブルム氏は近著「結婚について」(Du Mariage)で大胆な逆説を展開し、すでに激しい論争が生じている。

[ Ψ 蛇足 ] レオン・ブルム(Léon Blum, 1872-1950)は政治家としての業績が巨大であったゆえに20世紀初頭の文筆活動がかすんで見えるが、上記の「結婚論」でも、男女の結合は法的手続による結婚ではなく自由であるべきだと説いて、社会の規範に逸脱する不道徳な思想として論議を呼んだことを指している。戦後に邦訳も出ていた。

*参考サイト:Wikipedia(仏語)Léon Blum
**これまでの関連記事france100.exblog:レオン・ブルムの演劇評論集(1906.03)

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.33; Oct 1907

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-08-23 23:02 | 文芸、評論1907-08

ドーヴィルの夏競馬

f0028703_16371640.jpg1907年8月

8月18日行なわれたドーヴィル競馬の大賞レースでは5歳の牝馬「プンタ・ゴルダ」(Punta Gorda)号が優勝した。賞金は7万5千フラン、馬主はリュー氏(M.Lieux)、騎手はJ.チャイルズ(J.Childs)だった。

同じドーヴィルで8月23日から25日まで開催された馬術コンクールでは、最後にトルーヴィル=ドーヴィル大賞(障害)レースが行なわれ、ベリル氏(M.Berille)所有のジュビレー(Jubilée)号が優勝した。画像(←)
f0028703_16373955.jpg
画像右(→)はパリでの女性騎手の活躍である。うら若きオルブ伯爵夫人は高さ2mの障害を飛んだ。これは一台の馬車の上をごく軽々と乗り越えるのと同じである。
f0028703_16381156.jpg
出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.33; Oct 1907
画像 Crédit d’image : © Ebay.com , Estampe originale d'Edgar Chahine

[ Ψ 蛇足 ]
女性の騎手オルブ伯爵夫人(La Comtesse d’Orb)については詳しい情報が皆無だが、エドガー・シャイヌ(Edgar Chahine, 1874-1947)という画家のリトグラフ「女性騎手オルブ伯爵夫人」(L'Ecuyère ou la Comtesse d'Orb, 1907)が作られたものが現在も売買されている。(←)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-08-22 16:35 | スポーツ、乗物、探検1907-08