フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

<   2007年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

カサブランカで仏人労働者殺害~モロッコ戦役(1)

f0028703_14155581.jpg1907年7月31日(水)

モロッコの西岸フェズ州カサブランカで7月31日、9人のフランス人労働者が港の埠頭の改修作業中に殺害されるという事件が起きた。フランス政府はただちに自国民の身の安全と治安の徹底を目的に艦隊と部隊の派遣を決定した。これは先般のアルヘシラス国際会議において承認されたことである。
作戦はフィリベール提督とドリュド将軍の指揮に委ねられた。特にアルジェリアのオラン港が最も近い軍管区であるため、派遣部隊は巡洋艦「栄光」「コンデ」「ジャンヌ・ダルク」に乗り込んで、モロッコへ向かった。先にカサブランカ沖合に到着した「ガリレオ」「デュ=シャイラ」はカサブランカの市街に艦砲射撃を加えた。上陸を試みたフランスの海兵たちは叛徒化した土着民の攻撃を受け、負傷者が出ている。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907
画像 Crédit d’image : © www .ABC de la CPA .com; CAMPAGNE DU MAROC (1907-1914)Cartes Postales d'Afrique du Nord
f0028703_14165925.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
3月のフランス人医師モーシャン殺害事件に続くモロッコの外国人排斥運動の表われである。左掲(←)は、カサブランカを砲撃する巡洋艦「ガリレオ」(Galilée)の写真である。また(↑)はカサブランカの埠頭の改修工事の様子である。

*参考サイト:
(1)Wikipedia(仏語)Campagne du Maroc 1907-1914 第一次大戦前までのモロッコ戦役
(2)Marocantan, Documents t souvenirs du Maroc d’autrefois(仏語)Le Centenaire du débarquement franco-espagnol à Casablanca en 1907カサブランカ砲撃百年

**これまでの関連記事france100.exblog:モロッコでフランス人医師殺害される(1907.03.19)
[PR]
by utsushihara | 2007-07-31 14:12 | モロッコ問題、アフリカ1907-08

ソーミュールの騎兵パレード(カルーゼル)

f0028703_12485835.jpg1907年7月30日(火)

毎年恒例のソーミュールの騎兵部隊のパレードが7月30日イエナ錬馬場で開催され、不変不動の成功を博した。1万人を超える観客が若い士官たちを賞賛に満ちた熱烈な歓声をおくった。アンジェ歩兵師団の司令官ビゾ将軍(Général Bizot)が式典を主催し、その他の将官とともにムーレ将軍(Général Mourret)と騎兵学校の校長マゼル大佐(Colonel Mazel)が列席した。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907
画像 Crédit d’image : ©La ville de Saumur, EAABC, ENE- La 158ème édition du Carrousel de Saumur
画像 Crédit d’image : ©Guide Michelin France 1993; Saumur

f0028703_1249276.jpg[ Ψ 蛇足 ]
ソーミュール(Saumur)はロワール中流の城下町でワインと伝統ある軍の馬術学校が有名である。上掲のポスターは2007年のパレードの案内で、今年は7月21~22日に開催された。ここの馬術の教官は伝統的に「カードル=ノワール(黒将校)」(Cadre-Noir)と呼ばれ、その高い技能には定評がある。
左掲(←)のソーミュール市内地図の左端に騎兵学校(École de Cavalerie)と現代の錬馬場シャルドネ広場(Place du Chardonnet)がある。
騎兵パレードがカルーゼル(Carrousel)と呼ばれるようになった理由は、パリのルーヴル宮殿の中庭にあるカルーゼル広場で凱旋パレードが行なわれたことによる。ここには小さな凱旋門が建っている。(L'Arc de triomphe du Carrousel)元来、カルーゼル(Carrousel)とは、ルイ14世の時代に行なわれた騎馬試合(tournoi)だったらしい。

*参考サイト:Le 158ème Carrousel de Saumur(仏語)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-07-30 12:47 | フランス政治社会1907-08

眼球の研究

f0028703_10393313.jpg1907年7月29日(月)

7月29日、科学アカデミーにおいてフォルタン博士(Dr. E. P. Fortin)の代理のダストル氏(M. Dastre)によって非常に興味深い研究発表が行なわれた。その主題は、クーパー=ヒューイット水銀灯を利用して我々の眼球の構造の詳細を見ることができた成果についてである。左掲(←)の図のうち:
1.眼球の中央部、小さな泡体が網膜細胞に繋がっている。(1立方ミリメートルあたり25万個)
2.血流の様子
3.ニコル(Nicol)のプリズムを通して見えるハルディンガー視神経叢(Houppe de Haldinger)
である。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907

[ Ψ 蛇足 ]
この分野は疎いので情報の掲載のみにとどめる。科学者たちの詳細も専門用語も不明である。
ピーター・クーパー=ヒューイット(Peter Cooper-Hewitt, 1861-1921)は米国の発明家。水銀灯を考案して電気器具会社を設立した。

*参考サイト:
(1)Lamptech; The Cooper-Hewitt Era(英文)
(2)The Forges & Manor of Ringwood; Peter Cooper-Hewitt(英文)ピーター・クーパー=ヒューイット略伝
[PR]
by utsushihara | 2007-07-29 10:38 | 科学、軍事、海事1907-08

競泳女子100mの優勝者(1907)

f0028703_17531159.jpg1907年7月28日(日)

7月28日、ジョワンヴィルで行なわれたフランス競泳女子100mの決勝では、サドゥ嬢(Mlle Sadoux)が1分56秒で優勝したが、国際選手権ではフットマン嬢(Miss Footman)に敗れた。

f0028703_17532645.jpg(←)7月21日に行なわれたパリ横断競泳(アマチュア)レースでは、英国のジャーヴィス氏(Jarvis)が全長11.4kmのコースを2時間41分5秒で泳ぎ、オランダのドムス、ベルギーのマースを押さえて優勝した。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907

[ Ψ 蛇足 ]
女性がスポーツ大会に進出してきたことがうかがえる記事である。ジョワンヴィル=ル=ポン(Joinville-le-pont) 市はパリの東部ヴァンセンヌの森のさらに外側で、マルヌ川が蛇行する地点で、鉄道や道路に大きな高架橋がかかっている。昔は人々が川遊びに興じた場所の一つである。
パリ横断競泳(La traversée de Paris)はパリの街を流れるセーヌ川を泳ぐというレースだったようで、企画と面白いが、水運が盛んな川としては危険が大きかったのではないだろうか>

*参考サイト:Joinville-le-pont 市のサイト(仏語)

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-07-28 17:46 | スポーツ、乗物、探検1907-08

超弩級戦艦「ベレロフォン」の進水

f0028703_1632711.jpg1907年7月27日(土)

英国ポーツマスで7月27日に進水式が行なわれた英国海軍の戦艦「ベレロフォン」は、「ドレッドノート」よりもさらに600トン重い、つまり現在世界で一番強力な戦艦となるだろう。この艦の名付け親は、ヘンリー・オブ・バッテンベルグ公爵夫人ベアトリス公女(Princess Beatrice of Great Britain, 1857-1944)で、若きスペイン王妃の母親にあたる。掲載の写真は戦艦の艦橋から撮られたもので、その並外れた幅の広さをうかがい知ることができる。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907

[ Ψ 蛇足 ]
ベレロフォン(Bellerophon)はギリシア神話に出てくる英雄の一人。翼馬(ペガサス)にまたがって活躍する。ナポレオン時代のフランス海軍でも同名の戦艦(武装帆船)があったようだ。
この英国超弩級戦艦は約1年半後の1909年3月に就役となる。

*参考サイト:
(1)Wikipedia(和文)ベレロポン
(2)Answers.com(英文)HMS Bellerophon (1907)

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)世界最強の戦艦「ドレッドノート」(1906.02.10)
(2)新戦艦「真実」の進水式(1907.05.28)
[PR]
by utsushihara | 2007-07-27 16:32 | 科学、軍事、海事1907-08

新進作家フィシェ兄弟の新刊

f0028703_1732535.jpg1907年7月

フィシェ兄弟のマクスとアレクスは、短篇集「夫婦で楽しむために!」(Pour s'amuser en ménage ! ) をセムの挿絵入りの新装版で刊行した。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907

[ Ψ 蛇足 ]
19世紀後半から20世紀前半までのフランス文学界では兄弟作家(しかも二人の合作で作品を発表する例が多い)が多数排出した。(6月に紹介したロニー兄弟もそうである。)

f0028703_18354991.jpgこの兄弟は、マクス・フィシェ(Max Fischer, 1880-1957)とアレクス・フィシェ(Alex Fischer, 1881-1935)といい、本名は兄マクスはマクシム(Maxime)、弟アレクスはアレクサンドル(Alexandre)だったようだ。表記は、マクス・エ・アレクス・フィシェ(Max et Alex Fischer)と名前を連記し、共同制作は1928年まで続いた。彼らはフランスのユーモア作家の一人(二人?)と括られているが、19世紀末にパリで注目された文学カフェのシャノワールに集った人々、フュミスト(煙巻き族芸術家)たちなど、その代表格のアルフォンス・アレの作風を受け継ぐ作家だったと思う。

残念ながらネット上ではあまり詳しい情報は、フランスはおろか英米圏でも古書サイト以外は今のところ手に入らない。Amazon. fr や Chapitre を見ても第2次大戦後、フランスで出版された情報は皆無だし、英米で改めて翻訳された形跡もない。(ABEの古書検索などによる。)そのうえ兄のマクスが死去したのは1957年なので、著作権保護法(没後70年)の壁でむやみに紹介できない状況にある。むしろ日本で何点かの短篇が戦前から戦後にかけて翻訳紹介されていたので、多少の知名度があるような気がする。

そのドイツ風の名前でもわかるように、彼ら(またはその祖先)はアルザス付近の出身と思われる。普通ならばマックス・フィッシャーと表記するだろうが、そのままフランス語風に読むとマクス・フィシェとなるので、日本での紹介者(水谷準、岡田三郎、堀口大學、田辺貞之助など)はそれに近い表記にしている。
日本の翻訳書誌サイトでも生没年の誤りや兄弟の取り違え(弟を兄にしたり)が見られるが、フランス国立図書館(BNF)のデータによれば、兄マクスは1880年5月10日生まれ、弟アレクスは1881年5月20日生まれ、でほとんど1歳の差である。おそらく1900年の20歳頃から新聞に共同で短篇小説(コント)を書き始め、上記記事の本も1903年に出したあと好評だったようで、この年(1907)に人気イラスト画家セム(Sem)の挿絵入りの新版を出したものと思われる。

最新の紹介は白水社白水uブックス「笑いの錬金術・フランス・ユーモア文学傑作選」に収録されている2篇のコント(竹内廸也・訳)で楽しむことができた。
「笑いの文学」とはそれぞれの国民性が持つ長い歴史に裏打ちされている。フランスでも英国のユーモア文学とは一線を引いた固有の文学であり、読んで笑う(lire pour rire)行為を人間は自ずと求めており、書く側も(écrire=éc+rire)そこに笑いを込めたくなったりするのだろう。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-07-26 18:34 | 文芸、評論1907-08

フランス共和国近衛部隊音楽隊スペインへ

f0028703_16293192.jpg1907年7月24日(水)

近衛部隊音楽隊はスペインのバレンシアで開かれる国際音楽コンクールに出演を招待された。掲載(→)の写真はトロス広場への入場行進で大観衆から喝采を受けた。また(↓)下掲は、音楽隊長のパレス(Palès)氏と副隊長のパパイクス氏(Papaïx)で7月24日に国際音楽コンクール開催を祝っての飛行船祭に出席した様子である。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907

f0028703_16301570.jpg[ Ψ 蛇足 ]
フランス共和国近衛部隊音楽隊(La Musique de la Garde Républicaine)は、軍楽隊として管楽器と打楽器に非常に優れた奏者を集めていることは既成の事実である。ベルリオーズ作曲のような規模の大きい編成の曲を見事に演奏したレコードを聴いて圧倒されたことを今でも覚えている。

バレンシアはオレンジでも有名なスペインの地中海沿岸の地方で、本来ならば「ヴァレンシア」(Valencia)と表記したほうがいいのだろうが、歴史的に「バレンシア」が定着しているようだ。

*参考サイト:
(1)Amicale de la Musique de la Garde Républicaine(仏語)
(2)バレンシア自治州公式サイト(和文)
[PR]
by utsushihara | 2007-07-25 16:28 | オペラ、音楽、演劇1907-08

日米艦船のフランス寄航

f0028703_14431160.jpg1907年7月24日(水)~27日(土)

7月24日、ブルターニュ半島のブレスト港に日本海軍の2隻の巡洋戦艦「筑波」と「千歳」(画像→)が来航した。司令官として伊集院五郎海軍中将が乗り組んでいた。
ほとんど時を同じくしてストックトン(Stockton)提督率いる米国海軍の戦艦2隻「テネシー」(Tennesee)と「ワシントン」(Washington)が入港した。2人の提督は親睦の相互訪問を交わした。彼らの友好的な態度によって、ワシントンでの事件はごく地域的な(toute locale)出来事とみなされた。

f0028703_14434669.jpg日本の海兵たちは、ブレストで、そしてパリで最も熱意のこもった歓迎を受けた。25日にはエリゼ宮での昼食会があり、懇ろな乾杯が繰り返された。午後はパリ市内の見学。26日には海事省での昼食会と夜はオペラ座でのガラ公演があり、当代随一のソプラノ歌手リナ・カヴァリエリ女史が「タイス」を歌った。
27日にはアルムノンヴィル賓館で伊集院中将と参謀部が主催し、フランス海軍高官を招いての答礼の昼食会が開かれ、その日の夜はパリのオッシュ通りにある日本大使館で晩餐会が催された。(←)は「筑波」の乗組員。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907

[ Ψ 蛇足 ]
f0028703_1444548.jpg伊集院五郎(いじゅういん・ごろう, 嘉永5年~大正10年, 1852-1921)は、薩摩藩出身の海軍の軍人。若くして英国に留学し海軍兵学校で学んだため博覧強記、語学堪能だった。日清・日露戦争で活躍し、1906年からは第二艦隊司令長官だった。(画像→)
1907年2月に遣外艦隊を編成して、まず米国に向かい、植民300年記念祭に参加し、その後英国、フランスを巡訪した。このときはまだパナマ運河は開通しておらず、南米のマゼラン海峡を回ったに違いない。「筑波」は1907年1月に就役したばかりの新鋭艦だが、「千歳」は1899年に米国で建造され、日清・日露の海戦で大きな働きをあげていた。フランスで日本の海軍が大歓迎されたのも日本海海戦での圧倒的な勝利の結果なのだろう。

アルムノンヴィル賓館(Pavillon d'Armenonville)はブローニュの森にあるレセプション会場の一つ。現在も大小さまざまな規模のパーティ会場として使われている。森の東北端にあり、マイヨ旧門から入ってすぐのところにある。

*参考サイト:
(1)国立国会図書館「近代日本人の肖像」のサイト:伊集院五郎
(2)Wikipedia(和文)巡洋戦艦「筑波」
(3)Wikipedia(和文)防護巡洋艦「千歳」

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-07-24 14:38 | 科学、軍事、海事1907-08

アルデンヌの自動車レース(1907)

1907年7月23日(火)~25日(木)

7月23日から25日にかけてベルギーのアルデンヌの周回コースで立て続けに3つの賞杯レースが争われた。f0028703_1782592.jpg
7月24日のリドケルク杯(Coupe Lidekerke)は、ポルリエ(Porlier)が514kmの距離を6時間40分11秒で走って優勝した。
その前日23日のトーヌス杯(Formule du Taunus)では、ムーア・ブラバゾン(Moore Brabazon)が600kmを6時間14分5秒で、また25日のフリー走行ではカテルス(Cathers)が600kmを6時間29分16秒で優勝した。(画像→)
平均時速の最高記録はブラバゾンの小型車で96.24kmであるのに対し、カテルスの大型車は92.55kmにしかならなかった。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907

[ Ψ 蛇足 ]
アルデンヌのレース場(Circuit des Ardennes)は、ベルギー東南部のアルデンヌ地方の高度500m前後の丘陵地帯に作られた。現在F1レースで使用されるスパ(Spa)とほぼ同じ場所ではないかと思われる。

**これまでの関連記事france100.exblog: ACF大賞(フランス・グランプリ)自動車レース(1907.07.08)
[PR]
by utsushihara | 2007-07-23 17:07 | スポーツ、乗物、探検1907-08

ブリュージュの開港

f0028703_18382625.jpg1907年7月23日(火)

ブリュージュはもはや詩人たちから《死の都》と呼ばれることはないだろう。7月23日ベルギー国王レオポルド2世は、皇太子アルベール夫妻とともに建設されたばかりのゼーブリュッゲの開港式典に臨んだ。運河によって海からブリュージュまで繋げられている。市長のヴィザール・ド・ボカルメ氏はブリュージュ港の歴史をたどり、ブリュージュの司教ワッフェレール枢機卿は港と運河とを祝福した。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.32; Sept 1907
画像 Crédit d’image : © Photo RMN 63712 - ©François Vizzavona / Daniel Arnaudet
Gaston Roullet (1847-1925):L'ancien port de Bruges, Belgique (exposé au Salon des Artistes Français de 1920), Localisation inconnue
画像 Crédit d’image : © Photo RMN 171120 - ©Gérard Blot
© Lucien Levy-Dhurmer (1865-1953):Portrait de Georges Rodenbach (1855-1898),poète belge; au Musée d'Orsay, Paris.

[ Ψ 蛇足 ]
古都ブリュージュ(Bruges)は運河が町の縦横を走る、しっとりとした独特の雰囲気のある小都市である。ベルギーの詩人ジョルジュ・ローデンバック(Georges Rodenbach, 1855-1898)が1892年にパリで発表した小説「死都ブリュージュ」(Bruges-La-Morte)が19世紀末の象徴主義文学の傑作として大きな評判を得たことからブリュージュの知名度が高まったものの、その負のイメージに嫌悪感を覚える人も多かったのは記事本文のニュアンスからもうかがえる。

f0028703_183858100.jpgベルギー国王レオポルド2世(Léopold II, 1835-1909)は1865年即位となるので、19世紀後半の植民地主義時代を生きた君主の一人である。中部アフリカのベルギー領コンゴの国王も一時兼ねた。

ゼーブリュッゲ(Zeebrugge)はフランス語表記ではブリュージュ・シュル・メール(Bruges-sur-Mer)で、ブリュージュの外港として初めて開設されたということになる。ベルギーには全長70kmの海岸線にごくわずかの港しかなく、大型船舶が寄航できる本格的な港が必要とされ、数年かけて建設工事が進められていた。
画像(↑)は昔からの運河にあったブリュージュ街中の港。(→)は象徴主義的な独特の作風で知られるリュシアン・レヴィ=デュルメル(Lucien Levy-Dhurmer, 1865-1953)によるローデンバックの肖像画、背景がブリュージュの街である。なお、誰もが連想することだろうが、ブリュージュ(Bruges)には霧(ブリュム; brume)がよく似合う。

*参考サイト:Port of Zeebrugge(英文)地図・情報・歴史ほか
[PR]
by utsushihara | 2007-07-22 18:37 | 各国事情1907-08