フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

マスネの歌劇「アリアーヌ」の初演

f0028703_18132529.jpg1906年10月31日(水)

巨匠マスネの新作オペラ「アリアーヌ」は10月31日オペラ座にて初演され、大成功を博した。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.23; DEC. 1906
画像Crédit d’image : © Archives photographiques (Médiathèque de l'architecture et du patrimoine) © CMN

[ Ψ 蛇足 ]
オペラ「アリアーヌ」(Ariane, 1906)はギリシア神話・英雄伝説にもとづいて詩人カチュル・マンデスが台詞を作り、マスネが作曲したものである。マスネにとってはすでに代表作「マノン」(Manon, 1884)、「ウェルテル」(Werther, 1892)、「タイス」(Thaïs, 1894)、「ケルビーノ」(Chérubin, 1905)などを世に出しており、巨匠としてフランス・オペラ界の頂点を極めていた。

クレタ島の王家の娘アリアーヌ(アリアドネ)は怪物ミノタウロスを退治に来た英雄テセー(テセウス)を赤い糸によって助ける。愛し合った二人は船でアテネに向けて出帆するが、同行したアリアーヌの妹フェードルはテセーに横恋慕し、海に嵐を起こして船をナクソス島に寄港させる。テセーはフェードルの熱愛に心を変えるようになり・・・(後略)

写真は、主役のアリアーヌを歌ったリュシエンヌ・ブレヴァル(Lucienne Bréval, 1869-1935)

*参考サイト:Jules Massenet-Une passion : Ariane オペラ「アリアーヌ」の解説(仏文)
**前の関連記事Blog:
今シーズンのオペラ座(1906年~07年)
芸術家のラントレ(2)音楽家たち (1906.09)
[PR]
by utsushihara | 2006-10-31 18:13 | オペラ、音楽、演劇1905-06

潜水艦「リュタン」殉難者の葬儀

f0028703_1721111.jpg
1906年10月30日(火)

10月16日ビゼルト沖合18kmの海中に沈没した潜水艦「リュタン」の引揚げ作業は強力な装置が必要で、11日間を要した。原因の調査が行なわれ、潜水艦後部のバラスト室の取水口が理由はわからないが開け放たれたままになっており、潜水が開始された時に外から海水が一気に流入したものと思われた。海中の強力な水圧がバラスト室の内側の鋼板を歪ませてしまい、潜水艦の後部全体に海水が浸入したようだ。再浮上を試みて艦の前方に置かれていた安定錘を分離した。その次にハッチから脱出しようと試みたらしく、部分的に開いていたことが判明した。しかしこの最後の試みで艦の内部に海水が流入し、沈没を早めることとなった。
10月30日ビゼルト軍港の兵器庫の作業所に犠牲者16名の柩が安置され、慰霊式がしめやかに営まれた。フランスに戻った遺骸は家族らによって丁寧に埋葬された。艦長のフェポー大尉(写真左)はパリで、ミヨ中尉(写真右)はノルマンディのエネクヴィルにて告別式が行なわれた。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.23; DEC. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
*参考サイト:Man Machine System : 潜水艦って何?潜水艦の構造/潜航のしくみ(和文)
**前の関連記事Blog:潜水艦「リュタン」の沈没(1906.10.16)
[PR]
by utsushihara | 2006-10-30 17:18 | 科学、軍事、海事1905-06

子供のおしおき台(ピロリ)

f0028703_17395635.jpg1906年10月

ロンドンのいくつかの古い教会の中庭にはいまだに子供のためのおしおき台を見ることができる。かつてはある種の非行少年を処罰するために使用されていた。このこわい道具は昔の思い出の品として保存され、近所のいたずらっ子たちのおもちゃとなっている。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.23; DEC. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
現代で「ピロリ」(Pilori)というと胃癌のもととなるピロリ菌のことかと思うが、昔は刑罰の道具として欧州には一般的に存在したようだ。画像検索でも意外に沢山出てくる。
*参考サイト:Le voyage à Sarrant Le Pilori (仏文: トゥールーズの某小学校の社会科見学の記録らしい)
[PR]
by utsushihara | 2006-10-29 17:36 | 各国事情1905-06

ブーランジェの新刊「傷ついたアマゾネス」

f0028703_1736284.jpg1906年10月

マルセル・ブーランジェ氏は剣の名手であると同時に当代の優れた作家でもある。今月出された彼の作品「傷ついたアマゾネス」は繊細であるとともに飛びぬけて上品な作品で、現代の社会不安に頭を突っ込んでいる。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.22; DEC. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
マルセル・ブーランジェ(Marcel Boulenger, 1873-1932)は、むしろフェンシングの選手として知られる場合も多い。1900年のオリンピック第2回パリ大会にも出場し、銅メダルを獲得している。まだ著作権の保護期間内にあたるので作品の電子化等の公開は行なわれていない。「傷ついたアマゾネス」(L’Amazone blessée, 1906)は311頁の長篇小説である。他に歴史小説も多い。
[PR]
by utsushihara | 2006-10-28 17:34 | 文芸、評論1905-06

クレマンソー内閣の発足

f0028703_18513559.jpg1906年10月27日(土)

サリアン氏の退任を受けて、ファリエール大統領は10月21日エリゼ宮にクレマンソー氏を呼び、組閣を命じた。氏は10月25日、新しい閣僚を集め、最初の閣議をもった。10月27日の官報に掲載された各大臣は下記の通りである。

総理/内務(兼任)ジョルジュ・クレマンソー Georges Clemenceau(一部留任)
文部・文化    アリスティド・ブリアン Aristide Briand(留任)
法務       ジャン・ギュヨ=デセーニュ Jean Guyot-Dessaigne
外務        ステファン・ピション Stéphen Pichon
財務        ジョゼフ・カイヨー Joseph Caillaux
軍事        ジョルジュ・ピカール Georges Picquart
通商産業     ガストン・ドゥメルグ Gaston Doumergue(留任)
海事        ガストン・トムソン Gaston Thomson(留任)
農業        ジョゼフ・リュオー Joseph Ruau(留任)
植民地       ラファエル・ミリエス=ラクロワ Raphaël Milliès-Lacroix
建設・郵政     ルイ・バルトゥ Louis Barthou (留任)
労働・厚生    ルネ・ヴィヴィアーニ René Viviani

11月5日に開かれた国会の審議で新内閣の施政方針は、376対96で承認された。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.22; NOV. 1906&No.23; DEC. 1906
f0028703_18511010.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
突然の辞任のようにも思えたが、もともとクレマンソーの圧倒的な存在感の陰ではサリアンは首相としての職責遂行が困難だったのかもしれない。ここまでの半年間の政治関連記事では、ファリエール大統領の次に内相クレマンソーの記事の頻度が高かったこともその推測の根拠である。
新内閣では内相を兼務するクレマンソーも含め、12人中6人が留任となった。新大臣の中では外相のピションの動向と、ドレフュス事件で苦難を共にしたピカール将軍を軍相に大抜擢したことが注目される。予言的な言い方になるが、クレマンソー内閣は当分安定して続くだろう。

画像はレアンドル(Léandre)のデッサンによるクレマンソー像(部分)で、「ジュセトゥ」誌第22号(1906年11月)に掲載された。それに付いているコメントはまだ首相就任前のものだが、「クレマンソー氏は今年の話題の王(彼の政敵は暴君とさえも言うが)の一人である。内相としての立場で輝かしい論客として圧倒的な地位を占めており、・・・(後略)」と述べている。

**前の関連記事Blog: サリアン首相の引退(1906.10.17)
[PR]
by utsushihara | 2006-10-27 18:47 | フランス政治社会1905-06

カルーソの友情出演

f0028703_17115216.jpg1906年10月25日(木)

有名なテノール歌手エンリコ・カルーソ氏は、名優コクランが創立した演劇俳優協会の慈善公演がトロカデロ宮で行なわれるのに際して友情出演をするために航路はるばる米国からやって来た。写真は10月25日オステンド港に到着後、友人の作曲家バルテルミー氏と会見したところである。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.22; DEC. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
世紀のテノール歌手カルーソ(Enrico Caruso, 1873-1921)はナポリ生まれで、ミラノ歌劇場をはじめ各地で名声を博したが、1903年以降は米国に渡り、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場を中心として活躍していた。

f0028703_17121688.jpgトロカデロ宮(Palais du Trocadéro)は、1878年のパリ万博のために現在のパリ16区トロカデロ広場の場所に建設された展示館である。一般にムーア様式と言われるアルハンブラ宮殿の柱廊のような円形の回廊に囲まれ、両翼にローマ教会の鐘楼のような塔が見える記念堂のような、墓廟のような、折衷的な印象がある。(引用元は多数あって不明だが、当時の古い絵葉書の画像があるので引用した(←))この建物は残念ながら現存していない。1937年の万博に際して完全に取り壊され、代わりに現在のシャイヨ宮が建てられた。今見たら奇抜だったかも。

*参考サイト:
(1) ウィキペディア:「エンリコ・カルーソ」(和文)
(2) Wikipedia :Ancien Palais du Trocadéro(仏文)
**前の関連記事Blog:
エンリコ・カルーソの自画像(1905.01)
舞台俳優の養老院に劇場開設(1906.07.25)
[PR]
by utsushihara | 2006-10-26 17:10 | オペラ、音楽、演劇1905-06

チャド調査団の出発

f0028703_178124.jpg1906年10月25日(木)

アフリカのナイジェリアとチャドとの英仏国境を確定させる役務を帯びた調査団が10月25日ユーロプ号にてボルドー港を出発した。団長はティロ大尉(写真前列中央)で、他に4人の士官が加わり、うち1名は通訳、1名は軍医、さらにもう1名は地理学者となっている。彼らの任務は15ヶ月間である。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.22; DEC. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
*参考サイト:外務省ホームページ、チャド共和国
**前の関連記事Blog:コンゴ調査団の出航 (1906.08.25)
[PR]
by utsushihara | 2006-10-25 17:04 | モロッコ問題、アフリカ1905-06

茶色犬の噴水

f0028703_177959.jpg1906年10月

ロンドンにある「動物実験に反対する会」はラッチミア公園の一角に近代医学の発展の犠牲となった一匹の茶色のテリア犬を記念して噴水を建てた。あらゆる野蛮な行為を抑止するために、電気仕掛けのチャイムも据付けられている。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.22; DEC. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
これは英国社会史上で「茶色の犬事件」(The Brown Dog Affair)として記録されている。最初は1903年2月に大学の研究所で生体実験を受けた茶色のテリア犬が2ヶ月以上も苦しみ続けた末に死亡したことが発端であり、同じ研究所でそうした取扱いを受けた犬が1年で200匹以上いたことが動物愛護の観点で大きな騒ぎとなった。1906年10月に上記の噴水が建てられ、そこの水飲み場は犬と人間の両方に供された。しかしこれには医学生たちを中心とした反対運動も起こり、1910年3月早朝に秘密裏に撤去されたり、第2次大戦後再建されたりと複雑な様相を呈している。

*参考サイト:
(1) 国際菜食主義者連合International Vegetarian Union (IVU)のサイトにある図書紹介欄 Book ReviewsThe Brown Dog Affair(英文)
(2) 英Wikipeda : Brown Dog Affair(英文)
[PR]
by utsushihara | 2006-10-24 17:02 | 各国事情1905-06

詩人ロリナのための記念碑

f0028703_15472950.jpg1906年10月21日(日)

アンドル県フレスリーヌ村ではその地ゆかりの詩人モーリス・ロリナを記念する碑板の除幕式が行なわれた。この碑板は詩人に捧げるために有名なロダンが制作した浮彫で「詩人とミューズ」と題され、村の教会の壁面に設置された。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.22; DEC. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
モーリス・ロリナ(Maurice Rollinat, 1846-1903)は中仏ベリー地方シャトールーの出身で、ジョルジュ・サンドが代母となって洗礼を受けたこともあって初期はのどかな田園生活や自然描写の美しい詩集を生み出した。パリに出てボードレールやポーの影響を強く受けたあとは作風をがらりと変え、生々しい陰惨さや不吉さを表現する詩を発表し、自由な文人たちの集団「水治療者」(Les Hydropathes)に加わったり、カフェの「シャ・ノワール」で自作に独特の音楽をつけて歌ったりした。
最初の結婚が破局に至った1882年以降はベリー地方の田舎、特にフレスリーヌ(Fresselines)に引きこもり、再び自然の情感豊かな「風景と田舎の人々」(Paysages et paysans, 1899)などの詩集を残した。彼の暮らした田舎家は、その後ロダンやギヨーマンなどの芸術家たちの住まいともなった。

*参考サイト:
(1)「フレスリーヌにおけるモーリス・ロリナ」Maurice ROLLINAT à Fresselines La mémoire de Maurice ROLLINAT ロダンの「詩人とそのミューズ」(Le Poète et sa Muse)の浮彫が参照できる。(仏文)
(2)「シャノワール」(Le Chat Noir)を彩った才人たちの一人Maurice Rollinat (仏文)
(3)松本さんの訳されたアルフォンス・アレ「犬嫌い宣言」にもロリナの詩「猫」への言及がある。
[PR]
by utsushihara | 2006-10-23 15:45 | 美術、彫刻1905-06

ベルシーで葡萄の収穫祭

f0028703_22373080.jpg1906年10月21日(日)

10月21日、パリ12区ベルシー地区にあるワイン商たちの主催による葡萄の収穫祭が行なわれ、いくつかの山車、つまりワイン飲み人形(←画像掲載)、水飲み人形、シャンパン用ワイン飲み人形等々が日曜日の午後、12区の街路を練り歩いた。大勢の群集がその行列に加わった。
f0028703_22374793.jpg
一方ドイツのミュンヘンでは毎年10月の新ビールの仕上がりを祝って大がかりな祭典が催される。地域のビール醸造業者が広場や街頭に屋台を出して、ドイツ人に好まれるこの飲み物を味わいに大勢が押しかけるのである。(→)遠く離れた国からも商人たちがやってきて大きな取引が成約する機会となっている。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.22; DEC. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
知名度からすると現在ではミュンヘンのオクトーバーフェスト(十月祭)が有名である。パリのベルシーに昔からあったワイン業者の倉庫街は区画整理のため取り壊しになってしまった。

下記の「パリ・クール」というサイトで昔日の収穫祭の葡萄踏みの写真を見つけた。モノクロながら、こうしたうら若い快活な女性の姿に見とれると少年の頃のきれいなお姉さんへの憧れの恋心を思い出す。
* 参考サイト: Paris Cool : Photos de Paris 11e arrondissement vendange foulée aux pieds

仏単語の葡萄の穫り入れは「ヴァンダンジュ」というが、なぜ vindange でなくて、vendange なのかといつも考え込んでしまう。
[PR]
by utsushihara | 2006-10-22 22:36 | フランス政治社会1905-06