フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

<   2006年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ジャン・ロランの死

f0028703_22565773.jpg1906年6月30日(土)

最も個性的な小説家・時評家であるジャン・ロラン氏は、6月30日パリで死去した。50歳だった。彼は1855年ノルマンディのフェカンに生まれ、独自の感性による代表作「ブーグルロン氏」「フォカス氏」で知られた。彼は弊誌「ジュセトゥ」に掲載予定の作品の執筆の最中であった。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.18; Juillet, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
ジャン・ロラン(Jean Lorrain, 1855-1906)は世紀末を生きた典型的な文人であった。最初は「シャノワール」(Chat Noir, 黒猫)や「デカダン」(Décadent)という雑誌に寄稿した記事が評判になり、「エコー・ド・パリ」(L’Echo de Paris)のような新聞の時評欄を担当するかたわら、詩、小説、劇作などに取り組んだ。芸術仲間の交遊も多く、ダンディを気取り、エーテル嗅引の悪習もあり、社会の裏面の不品行、不道徳に好んで踏み込むという奇矯な人物であった。
主要な作品としては、上記にあるようなユイスマンスまがいの退嬰的な「ブーグルロン氏」(Monsieur de Bougleron, 1897)「フォカス氏」(Monsieur de Phocas, 1901)のほか、幻想的な短篇(コント)を集めた「仮面物語集」(Histoires de masques, 1900)に独自の味わいが見られる。
f0028703_2258128.jpg
Web上では、ジャン・ロランの没後100年を期して開設されたばかりのJean Lorrain: Portrait d’un décadent が詳しい。
また「ナピエヴィル大学の公式サイト」という、本当に実在するのかどうか怪しげな大学の文学研究サイトが興味深い。UdeNap.org = Le site officiel de l'Université de Napierville

「ジュセトゥ」(Je sais tout)の1906年2月号の巻末には、自社広告として当時の錚々たる有名作家たちが執筆を予定している作品の「お知らせ」が掲載されている。そのうち現在でも知名度を保っているのはモーリス・ルブランの「奇岩城」(L’Aiguille creuse)しかない。ジャン・ロランには「野の平和」(La Paix des Champs)という短篇が予定されていた。おそらく絶筆となっただろう。執筆陣には他に、ポール・ブールジェ、フランソワ・コペー、ロニー兄弟などがいる。
また、同誌には彼のジャーナリストの本領を発揮した「ヴェニスを救え」(Sauvez Venise, 1905年5月)、「どん底地区の探訪」(La tournée des Grands-Ducs, 1905年7月)などのルポルタージュを掲載している。

日本では、澁澤龍彦の訳による短篇「仮面の孔」(Les trous de masques)でこの作家のスタイルを垣間見ることができる。創元推理文庫版「怪奇小説傑作集第4巻」の澁澤自身の解説にもあるように、仮面をテーマとする作品の多い同時代のベルギーの画家ジェームス・アンソール(James Ensor, 1860-1949)の絵を連想せずにはいられない。他にも国書刊行会などから「マンドラゴラ」「仮面物語集」「フォカス氏」などの邦訳が出ている。

右の画像は、BNFのデジタル書庫Gallicaで見つけた「マンドラゴラ」(La Mandragore)の原書中にある挿絵である。
[PR]
by utsushihara | 2006-06-30 22:55 | 文芸、評論1905-06

アルベール・ソレル氏の死去

f0028703_18125380.jpg1906年6月29日(金)

アカデミー会員のアルベール・ソレル氏は6月29日パリで死去した。63歳だった。1842年ノルマンディのオンフルールに生まれ、当初、小説家として「大いなる断崖」(La Grande Falaise)で世に出たあと、秀れた歴史家として主著「ヨーロッパとフランス革命」(L’Europe et La Révolution française)を著わした。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.19; Août, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
アルベール・ソレル(Albert Sorel, 1842-1906)については、3ヶ月前にアルベール・ソレル氏にオジリス賞という記事が出たばかりであった。アカデミー・フランセーズの会員紹介はこちら: Albert Sorel
[PR]
by utsushihara | 2006-06-29 18:13 | 文芸、評論1905-06

大富豪ロックフェラー氏のヴァカンス

f0028703_1882274.jpg1906年6月

アメリカの大富豪ロックフェラー氏は、6月と7月をパリ近郊コンピエーニュ付近にあるアヴニュ城でヴァカンスを過ごしている。この城はエーグル伯爵夫人の所有となっているが、かつては故イザベル王妃が住んだところである。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.19; Août, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
アメリカの大富豪ロックフェラー(John D. Rockefeller, 1839-1937)といえば、一代で巨万の富を築き上げた石油王と呼ばれる人物である。
fujiyanという方の「マンハッタンを歩く」というサイトにあるロックフェラー一族の説明がわかりやすくて面白い:添書き:「石油王」ロックフェラー一族

アヴニュ城(Château des Avenues) やエーグル(鷲)伯爵夫人(Comtesse de l’Aigle)、イザベル王妃(Reine Isabelle) などは残念ながら情報が探し出せなかった。もしご存知の方はお教えください。
[PR]
by utsushihara | 2006-06-28 21:07 | フランス政治社会1905-06

勇士ラ・トゥール=ドーヴェルニュの記念祭

f0028703_17415030.jpg1906年6月27日(水)

フィニステール県のカルエ(Carhaix)という町で6月27日、ラ・トゥール=ドーヴェルニュの記念祭が行なわれた。彼は同町の出身で、1800年のこの日にノイブルクの戦いで戦死した栄誉をたたえる毎年の行事である。彼の記念碑の前で、一人の軍曹が「ラ・トゥール=ドーヴェルニュは!」と叫ぶと、もう一人の士官が「栄えある戦場に死せり!」と答えるのである。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.19; Août, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
テオフィル=マロ・ラ・トゥール=ドーヴェルニュ(Théophile-Malo Corret de la Tour d'Auvergne, 1743-1800)は、ブルターニュ地方の法律家の息子として生まれ、早くから軍隊に入り、革命勃発後は外国勢力と激しい戦いを続ける革命軍に入って勇敢な働きを示し、一躍有名となった。当時、第一統領となっていたナポレオンから「フランスの第一擲弾兵」として彰剣を与えられた。その後、ライン軍の最前線となっていたノイブルクでの戦いで戦死した。上の記事にもある「栄えある戦場に死せり!」(Mort au champ d’honneur!)については、そのときに叫び交わされた言葉で、以後しばらくナポレオン陣中で兵士を鼓舞する掛け声として広く用いられた。

画像が不鮮明なのは残念だが、A&A Art and Architecture のサイトに彫像の写真が見られる: La Tour d'Auvergne 作者はカルロ・マロケッティ(Carlo Marochetti)イタリアの彫刻家と思われる。

ラ・トゥール=ドーヴェルニュ(La Tour d'Auvergne)は、直訳の「オーヴェルニュの塔」の言葉どおり、中部山岳地帯があるオーヴェルニュ地方の町の名前である。それが貴族の名前についたのは、ルイ14世の治世に大元帥となったチュレンヌ(Henri de la Tour d'Auvergne-Bouillon, vicomte de Turenne ; 1611-1675)が有名である。
パリの9区にもラ・トゥール=ドーヴェルニュ街があるが、これは全くの別人で、モンマルトルに住んだ尼僧にちなんでいる。
[PR]
by utsushihara | 2006-06-27 17:40 | フランス政治社会1905-06

ル・マンの第1回ACFグランプリ・レース

f0028703_1730841.jpg1906年6月26日(火)~27日(水)

今年のフランス自動車クラブ(ACF)の大賞レースが6月26日から27日にかけてサルトのサーキットで開催された。距離は、1周103Km180mを1日あたり6周走破するレースで、合計1238Km160mとなる。勝利はルノー車のフェレンク・ジス氏にもたらされた。所要時間は、12時間14分07秒で、平均時速は101Km128mである。2位がフィアット車のナザーロ氏で、12時間46分26秒2/5、3位がバヤール・クレマン車のアルベール・クレマン氏で、12時間47分49秒1/5 である。出走32組のうち、完走は11組であった。
また最速周回記録はバラ氏によって出された。52分19秒、時速に直すと118Km301mである。f0028703_17302680.jpg
このレースは厳密な意味でタイヤのレースである。修理はすべて乗ったままで行なわれなければならない。今回初めてのことであるが、タイヤの取り外しが可能で、前もって十分に膨らませたタイヤに交換できた出走者にとって本当に有利なレースとなった。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.19; Août, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
画像は、上が1位のジス(Ferenc Szisz)の運転するルノー車(Renault)、右が2位のナザーロ(Nazzaro)のフィアット車(Fiat)。A.C.F.とは、Automobile Club de France フランス自動車クラブのこと。左下のスーパーマリオのような人物がフェレンク・ジス(Ferenc Szisz; ハンガリー人)である。なお、使用タイヤは1位、2位ともミシュラン、3位はダンロップであった。f0028703_1731647.jpg
記念すべき第1回目のル・マン耐久レースの記事であるが、これに類するレースは以前からも行なわれていたようで、あまり意気ごむほどの表現でないことが面白い。

私事ながら、だいぶ昔にル・マンの町を訪れたときに普通の車で耐久レースに使用されるコース、といっても普段は国道や県道といった道路なのだが、その一部分を「爆走」とまでは行かなくとも(逮捕されない程度に)走ってみたことがある。道路の基盤がしっかりしていて舗装もきれいだった。コースを1周するだけで100km余りというと一辺約34kmの直線路を三角形に走ることになるが、結構大変なことだろうと思った。

この地方はサルト(Sarthe)という県名なので、日米での呼称の「ル・マン」よりも「サルト」で呼ぶほうが多いように思う。百年記念にもなるサイト:Le Circuit de la Sarthe, 1906 が面白い。また、 Forum Auto にも当時のレース風景の写真が多数掲載されている。
[PR]
by utsushihara | 2006-06-26 17:28 | スポーツ、乗物、探検1905-06

大富豪の殺人

f0028703_1616181.jpg1906年6月25日(月)

6月25日の深夜、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンのテラスで恐ろしい惨劇が起きた。その場所はシアター・レストランで、当日は「シャンパン嬢」というレヴュが行なわれていた。大富豪のハリー・ソウ氏は、居合わせていたニューヨークで最も有名な建築家スタンフォード・ホワイト氏に向けて銃を3発発射し即死させた。被害者は、ハリー・ソウ夫人がイヴリン・ネスビットという名前で画家のモデルをしていた頃に愛人関係があったという。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.19; Août, 1906
画像Crédit d’image : ©thestudioarts.com

[ Ψ 蛇足 ]
これはあたりかまわず銃をぶっ放すという、いかにもアメリカ的な殺人事件である。「世紀の犯罪」(Crime of the century)とも言われた。
当時ニューヨークで最も有名な建築家であったスタンフォード・ホワイト(Stanford White, 1853-1906)は、マディソン・スクエア・ガーデンやワシントン・スクエアの凱旋門など、ニューヨークでも50以上の建築物を手がけており、確固たる名声を得ていた。一方で彼は漁色家で知られ、市内各所に女優や芸術家をめざす若い女性たちを住まわせていたという。一時期、画家のモデルであり、劇場のコーラスガールをしていたイヴリン・ネスビット(Evelyn Nesbit, 1884-1967)も彼のもとにしばらく留まっていた。
その後、ネスビットは大富豪ハリー・ソウ(Harry Thaw, 1871-1947)に見初められ、結婚するが、夫は妻と以前関係があったこの建築家に恨みを持つようになり、発作的に凶行に及んだものと考えられた。
いずれにしても2人の男たちの運命を誤らせるに至ったこの女性は一体何者だったのか?多くの画家たちが賞賛した「無垢な」表情が魔性の裏返しなのか?

*参考サイト:
(1)「死人に口あり」という意味なのか(?)この事件の発生以前から裁判の結果までの経過を詳述する読み物風サイト(英文): Dead men do tell tales
(2)「世紀の殺人」というサイト。様々な角度からの検証。特にNew York Times の記事など(英文): Murder of the century; Murder at Madison Square Gardens
(3)「らせん階段」(1999年4月号)という建築家向けの情報誌で、映画化された事件について(和文): 「射殺された建築家、スタンフォード・ホワイト」---映画『ラグタイム』(1983) :渡辺 武信(建築家、映画評論家、詩人)
[PR]
by utsushihara | 2006-06-25 22:14 | ★ベルエポック事件簿1908

ブルターニュの超大型結婚式

1906年6月

ブルターニュ半島のコルヌァイユ地方では600名から800名規模の結婚式を見かけることは稀ではない。しかし最近、フィニステール県ドゥリアンで催された3つの結婚式はこれまで行なわれた規模をはるかに超えるものであった。これらの結婚式は、習慣どおりすべて野外で開かれた。
最初の1つは1200名が招かれたが、あとの2つの式にはそれぞれ約2000名が宴席に臨んだ。この機会に、ワインとシードルの樽75本以上が飲み干され、牡牛15頭、牝牛10頭、仔牛30頭、鶏と兎1000羽近くが料理された。また1個あたり2kgの丸型パン1200個が手押し車にのせてテーブルの列の間をまわって供された。もちろん夢のようなモツ煮(トリップ)や腸詰(アンドゥイユ)が大量に食べ尽くされたのは言うまでもない。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.19; Août, 1906
f0028703_16125362.jpg

[ Ψ 蛇足 ]
コルヌァイユ(Cornouillailles)はブルターニュ半島南西部の土地の名前だが、これはケルトの言葉で英国のコーンウォール(Cornwall)に通じるという。Terres Celtes
ケルト人(Celte; フランスではセルトと発音)は、ゲルマン民族が移動してくる前の中欧の先住民族で、古代ローマではガリア人とも呼んだ。
シードル(Cidre)はりんごが原料の発泡酒、英国ではサイダー(Cider)とも言う。これはお酒です。
モツ煮(トリップ; Tripe)は牛の内臓をシードルなどで煮込んだ郷土料理。よほど慣れないとなかなか食えた代物ではない。(日本人はミソ味でないと・・・?)
[PR]
by utsushihara | 2006-06-24 16:11 | フランス政治社会1905-06

カンボジア国王一行のパリ滞在

f0028703_16324287.jpg1906年6月

カンボジアのシゾワート国王(Sisowath)は6月19日パリに到着した。一行は5人の王子、11人の王女、3人の秘書官などであり、滞在は7月26日までで市内各所を訪れる予定であるが、その行く先々で集まった群衆があらわにする感嘆の声につねに笑顔で応えている。
f0028703_16325710.jpg
画像右(→)はエリゼ宮における大統領夫妻主催のカンボジア国王歓迎の園遊会の様子である。中央奥にファリエール大統領夫人が国王を案内している。その後にファリエール大統領とルーベ前大統領夫人そして閣僚たちと外交団が続いている。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.19; Août, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
上の画像を見てもわかる通り、国王の一行の服装は完全な洋服となっている。わずか40年前に満たない1868年の万博では日本人はまだ刀と髷をつけたままのが大勢だったはず。開化は世界的にも急激だった。
[PR]
by utsushihara | 2006-06-23 16:33 | フランス政治社会1905-06

ノルウェー国王の戴冠式

f0028703_17563428.jpg1906年6月22日(金)

ノルウェー国王ホーコン7世とモード王妃は、6月22日古くからの小都市トロンハイムで戴冠式をあげた。国王はデンマーク王の孫にあたり、王妃は英国王エドワード7世の娘である。式典が行なわれた大聖堂の内部はスカンジナヴィアでも屈指の美しい装飾で有名である。
フランス政府はこの式典のために特使として巡洋艦「オーブ提督」とその司令官ベイル准将を派遣した。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.19; Août, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
1905年のうちにそれまで併合されていたスウェーデンからの分離が決定し、詳細を詰める折衝が重ねられた。新たな国王としてデンマーク王の孫にあたるホーコン王子(Haakon)が迎えられることになったのは、1905年12月のことである。(近日中に記事を追加UPする予定)
王妃はすでに英国から嫁してきていたモード=シャルロット=メアリ・ウェールズ公女(Maud Charlotte Mary of Wales)である。Wikipedia(英文)が詳しい:Maud of Wales
また名前がモードだからではないが(Maud と Mode は違う!)、王室衣装を紹介する:The Wardrobe of Queen Maud of Norway, 1896-1938 “Style and Splendour” という本が出ているようなのでご興味のある方はどうぞ。
[PR]
by utsushihara | 2006-06-22 17:56 | 各国事情1905-06

マドリッド爆弾テロの捜査(続報)

f0028703_1511895.jpg1906年6月

マドリッド警察によるテロ犯人モラルの背後の捜査は何の新しい進展もない状況である。すでに逮捕されている人々、とりわけバルセロナ現代学校のフェレー校長と犯行直後に実行犯の逃亡を助けたナケンス氏は依然拘留中となっている。

出典:BNF-Gallica #102979 « Je sais tout » No.19; Août, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
6月初めに実行犯の発見と自殺があって以後、重要人物とされた2人の取り調べが続いている。画像はジャーナリストのホセ・ナケンス(José Nakens, 1841-1926)。
[PR]
by utsushihara | 2006-06-21 15:01 | 各国事情1905-06