フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

<   2006年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

機関車アトランチック号

f0028703_22504899.jpg1906年1月

英国のブライトン鉄道会社では、このたび米国で「アトランチック」という名称で知られる機関車を導入することになった。この型式の機関車は、ロンドン~ブライトン間の80Kmを50~53分で運行することができる。
この強力な機関車の名称は米国のアトランチック・シティから採られた。そのアトランチック・シティとカウデンとを結ぶ路線は、2つの鉄道会社間で熾烈な競争が行われている。一方のフィラデルフィア&リーディング社は路線が88Kmとなっているが、そこを50分で走行するのに対し、ペンシルヴァニア社の路線は94Kmで、そこを52分で走りぬけるという。列車の重量は200~300トンになる。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.13; Fév. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
画像Crédit :アルザス地方の工業地帯にある小さな町イルキルク=グラッフェンスタデンの今昔ILLKIRCH-GRAFFENSTADEN "HIER & AUJOURD'HUI"でも機関車製造の記録がうかがえる。

この記事のままでも立派な算数の文章題になる。一番早い機関車はどれでしょうか?

機関車の動きを音楽化したことで有名なアルトゥール・オネゲルArtur Honeggerの交響的断章「パシフィック231」(Pacific 231 – Mouvement symphonique No.1 )はこの年からすればだいぶ後年の1924年の初演というが、20世紀初頭に蒸気機関車が人々に与えた非常に人間的な性格、空気=蒸気、食物=石炭、そして水、は文明の発展を肯定する希望とともに受け入れられた。
[PR]
by utsushihara | 2006-01-31 22:49 | 各国事情1905-06

デンマーク国王の死去

f0028703_18301060.jpg1906年1月29日(月)

デンマーク国王クリスチャン9世は1月29日、88歳で逝去した。ロシアの皇太后、英国王妃は彼の娘にあたる。またギリシア国王は彼の息子の一人であり、このたび即位したばかりのノルウェー国王は彼の孫にあたる。王位を継承するフレデリック皇太子は1843年生まれ、62歳、スウェーデン=ノルウェー国王の王女と結婚して子供が3人いる。新国王はフレデリック8世として統治することになる。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.13; Fév. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
画像はクリスチャン9世のものであるが、息子のフレデリックも瓜二つの顔で見分けがつけにくい。
[PR]
by utsushihara | 2006-01-30 18:29 | 各国事情1905-06

「アルト・ハイデルベルク」パリで上演

f0028703_17515952.jpg1906年1月29日(月)

アントワーヌ座で29日催されたのはドイツのマイヤー=フェルスター作の「古きハイデルベルク」という珍しい作品である。ドイツではかなりの公演回数を数えており、ラモン、バウアー両氏の翻訳によっている。

若い貴公子カール=ハインリッヒ(仏語版ではシャルル=アンリ)は小さい頃から叔父のハングの許で育てられ、世間のことは何も知らなかった。叔父は彼に学生生活を経験させるためにハイデルベルクに送ることに決め、養育係とともに出発させる。人々は彼を親しみ深く受け入れ、居酒屋の主人の娘クリスチーネも友愛の情を示すようになる。そうするうちに叔父が死の床についたために、彼は城に戻らなければならなくなる。そこでまた寂しくて陰鬱な生活が始まる。家臣たちは彼をある王女と婚約させることにする。しかしながら彼はハイデルベルクを想い悩み、最後にもう一度訪れることにする。
季節は秋ですべてが変わっていた。その頃は夏だった。人々は彼をうやうやしく迎え、敬意を払ったお世辞を述べるのだった。可愛いクリスチーネまでもが物怖じし、どぎまぎする始末である。彼らは憂いに満ちた心で別れを告げる。
とてもやさしく、とても感傷的なこの作品は、シルヴィ嬢、新人のモープレ青年のほか、アントワーヌ、シェル、シニョレ、クレルジュ各氏によって演じられている。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.13; Fév. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
マイヤー=フェルスター作の「アルト・ハイデルベルク」(Alt Heidelberg) は邦題としては「古きハイデルベルク」なのだろうが、日本の戦前では大学生がドイツ語をそのまま使うのを粋がっていたらしく、「アルト」のままで親しまれたのだと思われる。これは青春の書である。
背景も人物もそこで繰り広げられる出来事も月並みではあるものの、その平凡さが普遍的な憧憬として人々の心に感銘を与えたのであろう。日本でも戦後しばらくの間、戯曲およびその小説化したものが親しまれていたが、今の青年たちにドイツの学生歌などが受けるのかどうか? あぁ時は去り行く!
フランス語版の劇の題名は Vieil Heidelberg である。
[PR]
by utsushihara | 2006-01-29 17:50 | オペラ、音楽、演劇1905-06

軽気球飛行士たちの記念碑

f0028703_1492280.jpg1906年1月28日(日)

ヌィイ市ではパリとの境界にあるテルヌ門に、普仏戦争のときのパリ攻囲戦で活躍した軽気球飛行士たちの栄誉を称える記念碑を造り、1月28日に落成式を行なった。
制作者は著名な彫刻家のフレデリック・バルトルディである。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.13; Fév. 1906
画像Crédit d’image : © Le Petit Journal; supplément illustré du 11 Février 1906

[ Ψ 蛇足 ]
フレデリック・バルトルディ (Frédéric Baltholdi, 1834-1904)の名は何といってもニューヨークに贈られた、かの有名な「自由の女神」像の作者として銘記される。Baltholdi (Wikipedia 英文)

19世紀から20世紀にかけてオスマン男爵による都市改造計画が推し進められる中、パリの至るところにもモニュメント:記念碑、彫像、泉水などが設置されることが流行した。この「百年前の雑誌」の記事でも毎月のようにフランスのどこかで記念碑が建てられたという話題が続くが、ものによっては現存せず、撤去・破損の憂き目に会ったものも多そうだ。

パリ攻囲戦(1870~71年)では当時実用化されたばかりの軽気球が活躍した。プロシア軍に包囲されたパリ市と地方とを連絡する手段の一つにもなった。国防政府の内務相として弱冠32歳のレオン・ガンベッタ(Léon Gambetta, 1838-1882) が就任していたが、彼は気球に乗ってパリを脱出し、ロワール地方のトゥールで軍を再編して戦闘を続けた。

気球でこの攻囲戦に立ち向かった闘士たちの記録の一つをガストン・ティサンディエ著「軽気球で!パリ攻囲戦の記録」( En ballon ! Pendant le siège de Paris; Gaston Tissandier )で読むことができる。グーテンベルク計画(仏文図書)またはBNF-Gallica の電子図書になっている。(ちなみに第1章の項目は、侵攻されたパリ-軽気球基地-気球セレスト号-全部放せ!-上昇-ヴェルサィユ-プロシア軍の銃撃-布告-ウーダンの森-槍騎兵隊-ドゥルーに着地、となっている。)

(蛇足の蛇足)ガンベッタという名前は世界史ではそれほど知られていないが、日本人にとっては彼が文字通り愛国心に燃える熱血漢だったというのがすぐ理解できる。おそらく語感からだろうが、彼はよく「頑張った人」ということだろう。20区のパリ・コミューンの闘士たちが眠るペール・ラシェーズ墓地の北側に彼の名を冠した広場と通りがある。
[PR]
by utsushihara | 2006-01-28 14:07 | 美術、彫刻1905-06

ナポレオン帝政転覆史劇「鷲の身震い」

f0028703_17554875.jpg1906年1月27日(土)

サラ・ベルナール劇場では、27日ポール・ガボー氏の新作「鷲の身震い」5幕6場の上演が行なわれた。この劇は、ナポレオン帝政の転覆を図ったマレ将軍の陰謀を題材としている。

事件は1812年10月22日の夜に起きた。この陰謀は失敗に終わったが、鷲=皇帝は衝撃を受け、身震いし、モスクワの敗退者はまもなく自らの転落を予見する。すべての出来事はこの10月22日の夜の間に展開する。興味深い6場の場面のなかで、警察官パスクの姪と訳を知らぬままに陰謀に加わった若い兵士シャルルとの恋愛がからむ。

この劇の与えてくれる新鮮な感動を読者に約束したい。各紙も好意的に受け入れており、とても華麗な舞台である。出演は、アンドレ・カルメット氏、クラウス氏、モーリー氏、ポール・プラン氏、ネリー・コルモン女史、マルグリット・ブレジル女史などである。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.13; Fév. 1906

f0028703_14511796.jpg[ Ψ 蛇足 ]
このマレ将軍のクーデター未遂事件についてはほとんど知らなかった。ロシア遠征中、パリで留守を預かる将軍の一人、クロード=フランソワ・ド・マレ Claude-François de Malet (1754-1812) が陰謀をめぐらし、ロシアでナポレオンが銃撃されて死んだというデマを流し、政権を乗っ取ろうとしたが失敗に終わった。これは時の権力者に対する賭け勝負のようだが、後年のヒトラー暗殺未遂事件やゴルバチョフ事件などと同じようにあっけなく暴露され、彼は一週間後に処刑された。ナポレオンがこのことを知らされたのは12月初めになってからであるが、すでにロシアからの退却の途上にあり、すぐさま全軍の指揮をミュラに任せ、急遽フランスに戻ることとなった。

第一帝政に関する歴史文献を掲載したサイト<< Anovi >> にマレ将軍の陰謀事件la conspiration Maletの詳細が読める。(仏文)
画像(↑)は当時のフランス警察庁長官ロヴィゴ公爵の名による事件の顛末公告である。

(←)画像は出演者の一人ネリー・コルモン(Nelly Cormon, 1877-19xx)の舞台姿である。アングルの絵を思わせる端整さである。
[PR]
by utsushihara | 2006-01-27 17:55 | オペラ、音楽、演劇1905-06

婦人参政権運動

f0028703_1750496.jpg1906年1月

女性の権利拡大に関する宣伝活動で知られるユベルティーヌ・オークレール女史から先月本誌に届けられた手紙は次のようなものである。
「ここにお送りしたシールと絵葉書は当《女性選挙権》協会が作成したものです。もし出来ましたらこれらの複製画像を貴誌に掲載して、このシールと絵葉書がロケット街15番地にある当協会で取扱っている旨を広く知らしめていただきたいのです。」
絵葉書には次のような宣言文が記載されている。
「男性たちと同じように、法律を遵守し、税金を払っている女性たちは投票する権利を持つべきである。」

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.13; Fév. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
婦人参政権運動というと用語そのものがすでに時代がかった響きとなっているが、日本でも女性に選挙権が与えられたのは約60年前でしかない。
すでに19世紀の末頃からこの運動が活発となったが、フランスでもこの記事にあるユベルティーヌ・オークレール Hubertine Auclerc が精力的な活動を行なっていたようだ。この協会があるロケット街はパリ11区のバスティーユ広場から北東に伸びる古くからの道である。パリの情報サイトPariszine にこの女性に関する記事があったのでご参考に紹介する。Hubertine Auclerc, figure du féminisme de notre quartier 
また別な記事によると、男女の性の平等という考え、「フェミニスム」« féminisme » という言葉を最初に用いたのもこの女性で1882年のことだという。

これから先のことになるが、女性に選挙権が与えられたのは、ロシア革命および第一次世界大戦後の1920年前後が多く、ロシア、英国、ドイツ、北欧3国、米国など次々に実施された。今となってはとても不思議なことにフランスでは、法案が議員たちの頑迷な抵抗にあって承認されず、第二次大戦で占領から解放された1944年にようやく導入の暁となった。
[PR]
by utsushihara | 2006-01-26 17:42 | フランス政治社会1905-06

ハイネ原作の音楽劇「ウィリアム・ラトクリフ」

f0028703_19281470.jpg1906年1月25日(木)

ニースのオペラ劇場では25日ハインリッヒ・ハイネの原作、グザヴィエ・ルルーの作曲による4幕の音楽劇が上演された。ド・グラモン氏の非常に劇的な内容の台本にルルー氏が作曲したのはすでに13年前のことであり、ワーグナーの影響を受けた美しい作品である。劇のクライマックスは第4幕の凄惨な場面である。
ジル・ブラス紙の評によると「グザヴィエ・ルルー氏の管弦楽法は巨匠の腕前として明らかであり、完璧な表現となっている。また今日の音楽家の中でこれだけの賞賛に価する人はごくわずかしかいない。」と述べている。演奏はルルー氏本人が指揮をとり、出演はデルマ氏、エグロン女史などとなっている。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.13; Fév. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
作曲者のグザヴィエ・ルルーは正式にはグザヴィエ=アンリ=ナポレオン・ルルーXavier-Henry-Napoléon Leroux (1863-1919) といい、名前負けしそうな懸念にたがわず、なぜか今日では忘却のかなたに沈んでいる。中部イタリアのヴェレッティ生まれ、パリ音楽院に学び、マスネ、デュボワに師事する。1885年にローマ賞を獲得し、イタリアに留学した。1896年以降、パリ音楽院の和声学の教授となるかたわら、ニース、モンテカルロ、パリなどで活躍し、音楽劇、オペレッタなどを書いた。

「ウィリアム・ラトクリフ」(William Ratcliff) は、ハイネの青年期1822年1月に書いた悲劇で、スコットランドを舞台とする血なまぐさい2世代にわたる男女の愛憎劇である。ハインリッヒ・ハイネHeinrich Heine (1797~1856) は短い人生の後半をパリで過ごし、死去したが、ロマン主義詩人としての名声は高く、この悲劇作品も何人かの作曲家によって取り上げられている。ロシア五人組のセザール・キュイは1869年2月に4幕のオペラとしてセント=ペテルブルクのマリイン劇場で初演した。

最も知名度のあるのは、イタリアのヴェリスモ・オペラのマスカーニによる「グリエルモ・ラトクリフ」(Guglielmo Ratcliff)で、彼の傑作「カヴァレリア・ルスティカーナ」の成功(1890)のあと、若い頃書いていたこのオペラを書き直して1895年2月にスカラ座で初演し、大成功をおさめた。全曲CDも出ている。この経緯についてはディヴィッド・スティヴェンダー氏(David Stivender)による非常に詳細な文献がネットで閲覧できる。「グリエルモGuglielmo」はイタリア語で「ウィリアム William」の名前の言い換えである。 Notes on Guglielmo Ratcliff, Mascagni 4 actes (英文)
[PR]
by utsushihara | 2006-01-25 19:26 | オペラ、音楽、演劇1905-06

モスクワの暴動(06年1月)

f0028703_22164461.jpg1906年1月22日(月)

モスクワの暴動は1月3日になってようやく鎮圧された。暴徒の最後の一団約410人はプロコロフ(Prokhorof)の工場に逃げ込んだ。
ドゥバッソフ(Doubassof)提督は彼らの降伏条件を受け入れることを拒み、工場に猛烈な砲撃を加えた。犠牲者の数がどれだけになるのかを見定めるのは困難である。控え目に見積もっても一般市民で約600人が死に、1500人が負傷したと思われるが、その大半は女性と子供である。

ロシアのクリスマスは1月7日に行なわれ、概して平穏に過ぎた。ストライキで荒れ狂った各地では労働者が仕事場に戻った。

1月22日は、いわゆる血の日曜日事件発生の1周年にあたったが、大きな混乱は起こらずに済んでいる。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.13; Fév. 1906
画像Crédit : Le Petit Journal illustré du 14 Janvier 1906
[PR]
by utsushihara | 2006-01-24 22:15 | ロシア帝政末期1905-06

アルヘシラス国際会議の開催

1906年1月23日(火)

アルヘシラスは欧州で最も魅力的な土地の一つである。地中海を見下ろす標高78mの小高い丘の斜面に作られた町で、ジブラルタルとは目と鼻の先にある。アフリカからの熱い風をまともに受ける土地である。その名前はムーア人がジェジーラ Djezira と呼ぶ「愛と平和の島」の意味の通り、寄港地に広がる緑にいつも被われた小さな島に由来している。人口は約1万5千人である。
ここの住民はこのたびの会議開催地と決まって以来、諸外国からの人々をいかに宿泊させるかに大きな努力を払った。しかし容易なことではなかった。既存のホテルは3軒しかない。その一つクリスチアニス・ホテルが主要なホテルであるが、別館をしつらえるため、何戸かの屋敷を借り上げることになった。
またニエル河の上に鉄橋を建設して各国代表団の車での往来に備えた。外交交渉の期間中、この橋は従来の古い橋の不便さを解消することだろう。

f0028703_182576.jpgモロッコを含む13の国からの代表団が会議に臨んだ。フランス代表団は、代表のルヴォワル氏とともに総領事のルニョー氏、大使秘書官のエナール、シェリゼー両氏、それにコデ司令官とジェセ・キュルリ氏などである。
ドイツ側は代表にラドウィッツとタッテンバッハ伯爵、スペインからは外務大臣のアルモドヴァール公爵、イタリアはヴィスコンティ=ヴェノスタ侯爵、英国はアーサー・ニコルソン卿、米国は駐伊大使ホワイト氏、ロシアはカッシーニ伯爵である。
その他の参加国は、オーストリア、ベルギー、オランダ、ポルトガル、スウェーデン、そしてモロッコとなっている。

会議は1月16日に開始した。ルヴォワル氏によって会議のあり方について提案を行い、「三ヶ条の基本項目、つまりモロッコ君主制の維持、領土の不可分、通商目的の開港」を基本認識とすることで感触の良いスタートをなった。
1月23日の会議では、モロッコへの兵器の密輸入を阻止するための16ヶ条の議案が承認された。次いで関税制度の改革に関しての議論に入った。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.13; Fév. 1906

[ Ψ 蛇足 ]
画像は当時の絵葉書になった諷刺画の一つ。帝国主義植民地政策の端的な表れである。
[PR]
by utsushihara | 2006-01-23 18:00 | モロッコ問題、アフリカ1905-06

バチカンのスイス人警護隊400周年

f0028703_18161540.jpg1906年1月22日(月)

1月22日、バチカンにおいてローマ法王の警護にあたるスイス人部隊の設立400年を祝う式典が催された。それは1506年1月22日のことで、教皇ユリウス2世の要請によりスイス議会から150人の戟槍兵の精鋭が送り込まれ、ローマに入城した日である。
現在はレオ13世によって定められた体制のままとなっている。つまり、大佐1名、中佐1名、少佐1名、司祭1名(中尉の階級とを保持)、大尉3名、中尉1名、数名の少尉、軍曹、伍長、旗手2名、戟槍兵100名、そして太鼓手2名である。

出典:BNF-Gallica #102978 « Je sais tout » No.14; Mars, 1906

[ Ψ 蛇足 ]
画像は20世紀初頭におけるバチカンのスイス人守備兵。
バチカンのスイス衛兵については、日々是好日など多数見つかる。今年(2005年)は百年前と同様に盛大に500周年の記念行事が行なわれた。いったん決めた制度はいつまでも続く。民俗行事もそうしたものかもしれない。
[PR]
by utsushihara | 2006-01-22 18:16 | 各国事情1905-06