フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

カテゴリ:日本・東洋事情1909-10( 8 )

伊藤博文公ハルビンで暗殺される(1909)

1909年10月26日(火)
f0028703_1881050.jpg
10月26日、日本で最も優れた政治家の一人、伊藤博文公が満州のハルビン(哈爾浜)で暗殺された。犯人は朝鮮人の青年で、自分の国が日本によって蹂躙された復讐だと語っている。伊藤公は長州藩武士の出身で、71歳、《黄色のビスマルク》(Bismarck jaune)は4年間にわたって朝鮮における日本の初代統監として保護国制を定着させたが、流血沙汰なしという訳ではなかった。

(フラf0028703_1882625.jpgンスの主要各紙でもいち早くこの事件は一面トップで掲載された。右は「プチジュルナル」紙の一面→)
日本の元外務大臣(*ママ下注)で、前朝鮮統監の伊藤博文公(Prince Ito)は26日朝、哈爾浜で朝鮮人によって暗殺された。伊藤公は9時半ごろ列車から降り、ロシアの財務大臣ココツォフ氏一行とともに儀仗兵の前を通り、諸外国の領事団のところに近寄ったとき、背後から数発の銃弾が発射され、致命傷を受けて倒れた。
それと同時に南満州鉄道総裁の田中氏は足に軽い傷を負い、また満州総領事の川上氏はかなり重傷を負ったが生命は取り留めた。伊藤公は銃弾を3発受けていた。
すぐさま犯人は取り押さえられた。彼は朝鮮人であると言い、わざわざ伊藤公の暗殺のために哈爾浜までやってきたという。その意図は主権が蹂躙された国の恨みを晴らすことと、公の統治期間中に彼の親族が殺害されたことへの復讐であった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.59; Déc. 1909
出典Crédit:©BNF-Gallica #618789 « Le Petit journal » No.17106, le 27 Oct. 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #4059975 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.45; 6 Nov. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
伊藤博文(Hirobumi Ito, 1841-1909)は華族の称号では侯爵(marquis)だったが「伊藤公」(Prince Ito)で通っていた。前日25日(月)にロシアの財務大臣と交渉事のために哈爾浜に赴いていた。ロシア側は北京駐在の特命全権公使も会議に出席していたが、満州鉄道の買収に関するものと思われた。
世界史での「日韓併合」はこの翌年の1910年となるが、それまでに保護国制を敷き、着々と日本側への権限の拡大を浸透させてきた頃である。日本国内における衝撃は計り知れないほど大きなものだったようだ。
(この辺は日本史研究のサイトにお任せしたい。)
(*)記事原文には « Le prince Ito, ancien ministre des Affaires étrangères du Japon »(外相)とあり、私たちの常識であるはずの「初代総理大臣」という記述は残念ながら皆無であった。
f0028703_1884377.jpg(←)左掲は伊藤公夫妻と孫たちの写真である。明治時代は、家庭ではまだ和服が普通であった。

[ ΨΨ 蛇足の蛇足 ]
数年前に偶然、東京都品川区の伊藤小学校の近くを仕事で訪れる機会があった。西大井駅のすぐそばに立派な構えの神社かお寺のような境内があって、人が容易に中には入れないようになっていた。そこが「伊藤公墓所」だった。昔は大井伊藤町という町名だったようで、あまり区の観光案内には出ていなかったので、意外な発見をしたような気がした。
[PR]
by utsushihara | 2009-10-26 18:06 | 日本・東洋事情1909-10

近代化が進む中国軍

1909年8月
f0028703_1075915.jpg満州に鉄道を建設する問題をめぐってここ数日で中国・日本間の対立が激化している。成行きによっては極東の2国間に新たな軍事衝突が起こりかねない状況である。もし外交交渉が合意に達し、中国が攻勢を強める隣人に暫定的な行動の自由を与えたならば、清帝国が自らの軍事的劣勢ゆえに譲歩を強いられたように見られるだろう。
中国では1895年の日清戦争での敗戦以来、軍事力の近代化を進めてきている。昨日の敵であり、将来の敵でもありうる国に触発されたのである。日本が清国を破ったあと、強大なロシアに戦いを挑むことができたのは、とりわけ生産活動における国民の疲れを知らぬ根気強さによる処が大きい。
f0028703_1083095.jpg中国もまた軍備の改革に力を注ぎ、軍服にしても、これまでの伝統的な色彩豊かながら身動きが不便なものを棄て、西欧風の制服に切替えた。(↑)上掲の写真はその過程の一例を示すもので、軍事演習中の竜騎兵団の士官たちが敵を威圧するような強ばった表情で立っている。彼らはまた最近飛行船を軍事作戦に利用するための部隊を配置している。(→)
こうした賢明な軍事研究の進歩は、万一の場合、日本が十分な対抗力を備えた相手と直面し、戦っても勝利できるかどうか考え直す必要も出てきている。

出典Crédit:©BNF-Gallica #618715 « Le Petit journal » No.17032, le 14 Août, 1909
[PR]
by utsushihara | 2009-08-21 10:06 | 日本・東洋事情1909-10

横浜で開港50周年祭(1909)

1909年7月1日(木)f0028703_18222887.jpg

日本では長い鎖国の年月の後、白色人種の影響により(à l’influence des races blanches)開国し、通商を開始してから今年で50年になるのを記念して祝賀行事が盛大に開催された。わがフランス大使ジェラール氏も記念式典に列席し、外交団を代表して時宜を得た演説をおこなった。(→)
(↓)時代の変遷を表わした興味深いいでたちの祝賀行列が市内を練り歩いた。優美な着物姿の芸者たち(des geishas)がその列に加わり、戦国の甲冑と兜に身を固めた侍たち(des samouraïs)も目を引いた。横浜は1850年にはまだ小さな漁村にすぎなかったが、今では人口50万人に迫る都市となっている。
f0028703_18294253.jpg出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.56; Sep. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
遠いフランスの雑誌「ジュセトゥ」の1頁丸ごとにこの横浜の50年祭の写真と記事が紹介された。昨年の150年祭に匹敵するほど気合が入った祭典だったようだ。(もっと早くUPすればよかった。)駐日フランス大使はオーギュスト・ジェラール(Auguste Gérard, 1852-1922)である。
(↓)下掲は「飾り付けられた横浜のある街路」(Une rue ornée à Yokohama)とある。古雑誌ゆえの印刷の不鮮明さが残念だが、(参考サイト↓)「よこはま歴史画像集」にある「弁天町」の写真がそうではないかと思われる。
f0028703_18231133.jpg解説文は「独特で楽しげな提灯と色とりどりの飾り棒、さらには至る処にふんだんに撒き散らされた花吹雪のお蔭で、横浜の50年祭(les fêtes du cinquantenaire de Yokohama)は絵のようにとても美しかった。」とある。

*参考サイト:
(1)横浜開港資料館:「よこはま歴史画像集
(2)横浜開港資料館:館報「開港のひろば」105号特別資料:横浜開港50年祭の記念品
(3)YOMIURI ONLINE 読売新聞;神奈川・企画・連載:開港場物語
(54)開港50年祭 将来構想検討の機会(1909年)
**これまでの関連記事france100.exblog:大隈伯爵邸での仏大使ジェラール(1909.04)
[PR]
by utsushihara | 2009-07-01 18:20 | 日本・東洋事情1909-10

ミカドのキリンの評判

1909年6月
f0028703_1818874.jpg
日本の天皇(ミカド)は東京の宮殿附属の庭園内(dans le parc du Palais Imperial)に動物園を所有しており、人々には限定された日にのみ公開している。ここで飼育されている動物のうちでとりわけ主だったものは一頭のキリンである。この動物はこれまで日本の土地を踏みしめたことがなく、大入りの客を稼いでいる。

f0028703_18182531.jpg出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.54; Juil. 1909
画像 Crédit d’image : ©CMN: Ministère de la Culture de France (Médiathèque du Patrimoine et de l'Architecture) Archives photographiques diffusion RMN / Adresse : Jardin d'Acclimatation, Bois de Boulogne / Légende : Girafe vue de face / Auteur de la photo : Olivier, Henri / Date prise vue : 1901.06f0028703_2139112.jpg



[ Ψ 蛇足 ]
この記事は東京の特派員が報じたものであるが、写真では残念ながらキリンの姿ははっきり見えない。柵に丸い看板で「舶来?」と書かれているのが見える。
(↑)その代わりに同時代のパリのブローニュの森にある動物順化園(ジャルダン・ダクリマタシォンJardin d’Acclimatation)で撮影されたキリン(une girafe)の写真を引用した。
上野公園に最初に行ったときに、なぜ「恩賜公園」と書かれていたのかが上記の記事で納得した。上野の山はかつて皇居の一部だったからである。下記の東京都のプレス資料によると、キリンはドイツから1907年3月にやってきたようだ。

*参考サイト:東京都 報道発表資料 [2007年3月掲載] 恩賜上野動物園 キリン来園100周年記念イベント
[PR]
by utsushihara | 2009-06-01 18:16 | 日本・東洋事情1909-10

新旧日本の徳川公2人

f0028703_2219561.jpg1909年5月

(←)左掲の2人の肖像に古い時代の日本と新しい時代の日本を代弁することができる。右の徳川慶喜公(Le prince Keiki Tokugawa, 1837-1913)は、何世紀にもわたって日本の天皇の権限を簒奪した将軍たちの最後の人であった。彼はその失墜以来、完全に孤立して生きている。左の徳川家達公(Le prince Jetatsu Tokugawa, 1863-1940)はその息子で最近、貴族院議長に選出された。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.54; Juil. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
徳川家の旧将軍家の15代、16代の当主をフランスの雑誌で写真入で紹介した記事である。名前の呼び方が正式なものではない(けいき)、(いえたつ)と表記している。一般人から聞いた情報だからかもしれない。またこの2人は親子関係ではない。詳しくは日本史関係のサイト等を参照されたい。

*参考サイト:
(1)歴史研究所:日本史:徳川将軍十五代
十五代将軍 徳川慶喜
十六代宗家当主 徳川家達
(2)国立国会図書館:近代日本人の肖像:
徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)
徳川家達(とくがわ いえさと)
[PR]
by utsushihara | 2009-05-29 22:18 | 日本・東洋事情1909-10

日本人オサダ氏、劇場建築視察に来訪

1909年5月

f0028703_1485274.jpg(←画像)左掲は日本政府の命を受けて、日本に国立劇場を建設するためにパリを訪れたオサダ氏である。計画の劇場は、パリのオペラ座とコメディ・フランセーズ座を一緒にしたような役割を果すものである。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.53; Juin, 1909

[ Ψ 蛇足 ]
一見すると、これはどういうことか?この人物は何者か?と疑問が続出するが、わざわざ人物写真入りで「ジュセトゥ」誌に紹介されるほど注目された人物である。残念ながら詳しい情報は、日本側のサイトでも入手できなかった。ひょっとすると欧風建築設計家だった長田岩次郎(おさだ・いわじろう)という人かも知れない。(詳細な情報をご存知の方はご教示いただければ幸いです。一応下記に「伏見ビル」の紹介サイトを掲載)

すでにこの一年余り前に、人気女優のサダヤッコ(貞奴)と川上音二郎が公演を兼ねて劇場事情を調べにパリに来ているし、しばらく前から日本では「演劇改良運動」の一環として「国立劇場」を建設すべきだとの機運が高まっていた。下記の国会図書館のコラムでは、2年後(1911)に帝国劇場(帝劇)が完成したことも書かれているが、その写真を見ると外観・内装とも、パリのオペラ・コミック座に類似した感じがする。

**これまでの関連記事france100.exblog:レジャーヌ劇場にサダヤッコ登場(1907.12.10)(…東京に建設される予定の大劇場のために天皇直々の勅命を受けてパリの劇場運営や改革について研究するためである…)

*参考サイト:(和文)
(1)写真の中の明治・大正(国立国会図書館所蔵写真帳から)コラム:明治時代の芝居と劇場(三)演劇改良運動と「国立劇場」の建設論
(2)近代ディジタルライブラリー:斎藤信策「国立劇場と紀念像とを建設せよ」
(3)大阪観光キャンペーン「ココドコ?」Cocodoco? 伏見ビル(国登録有形文化財)設計:長田岩次郎
[PR]
by utsushihara | 2009-05-11 14:06 | 日本・東洋事情1909-10

大隈伯爵邸での仏大使ジェラール

1909年4月f0028703_23543138.jpg

掲載したのは、大隈伯爵がわが駐日大使オーギュスト・ジェラール氏を昼食会に招待したときの写真である。この宴席には日本の政府高官、銀行家、政治家たちが集まった。彼らの作法に従い、招待客たちは「靴下になって」食事をとった。例外はジェラール氏で、彼は前もってスリッパを持参してそれを履いた。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.52; Mai, 1909

[ Ψ 蛇足 ]
オーギュスト・ジェラール(Auguste Gérard, 1852-1922)は外交官であり文筆家であった。若くしてガンベッタ内閣で米国、スペイン、ドイツなどの在外公館に勤務し、その後中国を経て、1907年から1913年まで駐日大使となった。当時の日本は欧米列強にとっては、清国、ロシアを次々に破り、日の出の勢いで富国強兵に突進する急進国で十分注視に値する国だった。彼は東洋通で知られ、自著『日本におけるわが使命』(Ma mission au Japon) のほか、岡倉天心の著書『東洋の理想』(Les idéaux de l’Orient)の仏訳本の緒言を書いている。

上記の大隈伯爵(Le Comte Okuma)とは大隈重信(1838-1922)のことと想定する。中央で花束を持ったジェラール大使の横に紋付袴姿で立っている。写真は不鮮明だが、左から4人目の長髯の人物はひょっとしたら板垣退助かもしれない。
早稲田大学のサイト:大学所蔵の《古典籍総合データベース》に「明治天皇全権親任状 : 外務大臣従二位勲一等伯爵大隈重信 / 内閣総理大臣伯爵松方正義」とあるので、松隈内閣(1896.09-1897.11)で外務大臣を務めたときには既に伯爵位を受けていた。
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/index.html

f0028703_23545347.jpg左掲したのは、同時期に出版された日本に関する書籍の「ジュセトゥ」5月号の紹介記事である。
左側のリュドヴィック・ノードー(Ludovic Naudeau, 1872-1949)はよく知られた評論家で、近著『現代日本』(Le Japon moderne)で彼独特の観察眼によるこの国の進歩を描き出している。
右側のクロード・ファレール(Claude Farrère, 1876-1957)は異国を舞台にした小説を書いているが、『戦(いくさ)』(La Bataille)では現代日本の中にまだ見え隠れする古風な日本の姿を描いている。

*参考サイト:
(1)Wikipedia(仏語)Auguste Gérard
(2)Wikipedia(仏語)Okakura Kakuzō (岡倉覚三, 1862-1913)

[ΨΨ 蛇足の蛇足]
百年経った今でも「家で靴を脱いで靴下になる(en chaussettes)のは日本人だけ」という奇異な民族習慣を我々は保ち続けている。(筆者もフランス人が多数のある会合で冷やかされた経験がある。)
さすがにスリッパ文化が定着したのだが、所詮「部屋履き」なので、洋室のホテルでは「廊下に出るのはご遠慮ください」となっている。日本通のジェラールが用意周到に「持参した」(qui avait pris la précaution de se munir de pantoufles)のは賢明であった。
[PR]
by utsushihara | 2009-04-14 23:53 | 日本・東洋事情1909-10

清国の外国視察団

1909年3月f0028703_23492975.jpg

皇族チャオ・イ殿下を団長とする清国の外国視察団は、先進諸国で導入されている財政の仕組みを学ぶ目的で数日間わがフランスを訪れた。彼は欧州風の養育を受けた唯一の皇族であり、フランス語と英語を流暢に話すことができる。彼は随行する数多くの廷臣たちに取り囲まれている。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.51; Avr. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
原文には(Le Prince Chao-Yi)と書かれた人物は画像の中央に座っているが、漢字名も歴史上の人物としても特定できなかった。ちょうど前年11月に清国最後の皇帝(ラスト・エンペラー)宣統帝溥儀(1906-1967)が即位して数ヶ月、2月に満3歳になったばかりの時である。

Wikioediaの中国語版《维基百科》「1909年」の項には、
1909年---派遣内阁大臣至国外考察宪政的可行性
の記述がある。

先代皇帝光緒帝の弟だった第2代醇親王愛新覚羅 載灃(さいほう、1883-1951)は、溥儀の父親でもあり、摂政となっていた。彼が上記の人物かもと思われたが、英文名は(Zaifeng)となって合致しない。清朝の末期でありながら立憲政治の研究は続けようと試みていたようだ。
3月3日付の北京発の記事には、3歳に達した幼い皇帝に読み書きを教える先生を誰にすべきか難航しているとの報がある。
[PR]
by utsushihara | 2009-03-27 23:48 | 日本・東洋事情1909-10