フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

カテゴリ:スポーツ、乗物、探検1907-08( 107 )

W・ライト、歳末に飛行新記録

1908年12月31日(木)

ライト氏は今朝最初に42分間の飛行を行なった。建設相バルトゥ氏は正午にル・マン郊外のオーヴール基地に到着し、米国人飛行家は午後2時から周遊飛行の賞杯をめざして飛行を再開した。
正確には2時00分03秒に離陸し、定められた3角形の地点の周回を56回達成した。距離にして150kmを2時間19分03秒4で飛んだのであった。
それに続き5時20分にウィルバー・ライト氏はルイ・バルトゥ大臣を一緒に乗せて再び飛び立ち、3分58秒の飛行を行なった。

f0028703_1683827.jpg1908年のミシュラン航空杯(La Coupe Michelin pour 1908)はその目覚しい飛行によってライト氏の手に残り、同時に2万フランの賞金も獲得した。この賞杯は5年間にわたり新たな基準を設けて授与されることとなっている。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.49; Fév. 1909
出典Crédit:©BNF-Gallica #618490 «Le Petit journal», le 1er Jan. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
上記では「建設相」と訳したが、直訳では「公共工事大臣」(Ministre des Travaux publics)である。大臣を飛行機に同乗させるなどとは思い切ったことをする人である。大臣のルイ・バルトゥ(Louis Barthou, 1862-1934)は閣僚を歴任し、大戦直前の1913年には首相となる。

**これまでの関連記事france100.exblog:ウィルバー・ライトの新たな高度飛行の勝利(1908.11.13)
[PR]
by utsushihara | 2008-12-31 16:06 | スポーツ、乗物、探検1907-08

英人柔術家マツダも敗北

1908年12月31日(木)

レ・ニエの試合が行われた数日後の12月31日、タロー・マツダ(Tarro Matsuda)と称する柔術家が、無思慮にも有名かつ屈強の黒人ボクサーのサム・マクヴェーとマリニー劇場で対戦した。試合は、第8ラウンドで米国ボクサーが相手の顎に一発命中させて倒し、勝った。マツダはそこまで相手と組むことが全くできず、翌日の新聞にはリング・マットに伸びている彼の写真が掲載された。

f0028703_1595791.jpg出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.49; Fév. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
「ジュセトゥ」の記事には:「付け加える必要があるが、自称マツダは本当は英国人であり、日本の柔術を代弁できるほどの腕前を持っていなかった。」とやや連敗続きの柔術を庇う言い方をしている。
二重の蛇足になるが、先般負けた柔術家レニエの息子ルイは、父親の屈辱的な敗戦を深く受け止め、レニエという名前でなく、道場のあった8区の街路名ポンテューを採ってルイ・ド・ポンテュー(Louis de Ponthieu)としてボクサーの道を進み、フランスおよび欧州のチャンピオンとなり、米国巡業では「フレンチ・グラブ・アーティスト」(The French glove artiste)と賞賛されたという。
黒人ボクサーのサム・マクヴェー(Sam MacVea)はしばらく欧州で活動していたと思われ、上記の記事にあるように「有名かつ屈強の黒人ボクサー」(le célèbre et redouté boxeur noir)という定評があった。

*参考サイト:Google Book Preview:Les racines du judo français(Michel Brousse)
出版社: Presses Univ de Bordeaux, 2005
ISBN 2867813689, 9782867813689
http://books.google.fr/books?id=iu8WIAFFwTgC&pg=PA144&lpg=PA144&dq=Padoubny,+ivan,+1908&source=bl&ots=0o5FTaCrSq&sig=oTJAYx4-xxEB5vUodgRfoW8EBLU&hl=ja&sa=X&oi=book_result&resnum=6&ct=result#PPA144,M1

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)フランス柔術敗れたり(レニエ対パドゥニー)(1908.12.19)
(2)馬芸館でヘビー級ボクシング試合:サム・マクヴェー対ベン・テイラー(1908.04.15)
[PR]
by utsushihara | 2008-12-30 15:00 | スポーツ、乗物、探検1907-08

ボクシング・ヘビー級の覇者ジャック・ジョンソン

1908年12月26日(土)

12月26日、豪州シドニーで開催されたボクシング・ヘビー級世界タイトル戦において、米国出身の黒人ボクサー、ジャック・ジョンソンがトミー・バーンズを倒してチャンピオンの座を獲得した。
この世界が注目したバーンズ=ジョンソン戦については更に詳細な情報が入っている。タイトル保持者のカナダ人バーンズは、ジョンソンから強力なパンチを受けて顔が腫れ上がり、もはや立ち上がれない状態となったため、警察官が異例の介入をして試合を止め、手当に搬出せねばならなくなった。審判はそこで黒人ボクサーの勝利を宣告した。
またすでに報じられている通り、この試合の勝者はジェフリーズとサム・マクヴェーの挑戦を受けることになっている。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.49; Fév. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #568924 « Le Matin » No.9071 ; le 28 Déc. 1908

f0028703_23375152.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
このバーンズ対ジョンソンの試合はしばらく前から予定されていたが、体力差で不利と思ったらしく、トミー・バーンズ(Tommy Burns, 1881–1955)側がのらりくらりと日取りの引き伸ばしをしていたきらいがある。(↓下記フィガロ紙の記事参照)
左掲(←)はジャック・ジョンソン(Jack Johnson, 1878–1946)

(1908年9月9日付のフィガロの記事)
黒人ボクサーのジャック・ジョンソンとカナダ人ボクサー、トミー・バーンズとの対戦はしばしば告知されながらもバーンズ側からの法外な要求によって何度も延期されてきたが、ようやく決着をつける時が来たようだ。しかし欧州のスポーツファンは春から待ち望んでいたのにこの試合の機会に浴することができないだろう。バーンズは現在オーストラリアにおり、信頼できる興行主を得ていて、試合はメルボルンで行われる見込みで、開催されれば彼は勝っても負けても15万フランの報酬が保証されている。
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288208 « Le Figaro » le 9 Sep. 1908
(旧1フラン≒¥250でも4千万円近くになる)

*参考サイト:Wikipedia
(1)Tommy Burns (boxer)(英文)和文の頁では上記の試合の経過の説明が読める。
(2)Jack Johnson (boxer)(英文)
**これまでの関連記事france100.exblog:馬芸館でヘビー級ボクシング試合:サム・マクヴェー対ベン・テイラー (1908.04.15)
[PR]
by utsushihara | 2008-12-26 23:34 | スポーツ、乗物、探検1907-08

フランス柔術敗れたり(レニエ対パドゥニー)

f0028703_17175271.jpg1908年12月19日(土)

格闘技でこれまで何度も世界チャンピオンとなっていたパドゥニーは、柔術家のレニエの挑戦を受け、対戦したが、パドゥニーは巨漢のうえ、前もって柔術の戦法を研究し、上半身裸で臨んだため、レニエは為すすべなく、皮肉にも逆に固め技《ボルトの鍵》を食らって敗れた。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.48; Jan. 1909
画像 Crédit photographique:©Photo RMN (Musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / Cote cliché : 00-021912/ Fonds : Photographies / Titre : Ivan Padoubny, lutteur / Auteur : Anonyme / Album de 500 célébrités contemporaines - collection Félix Potin / Localisation : Paris, Musée d'Orsay : don de la Fondation Kodak-Pathé, 1983

f0028703_1720046.jpg[ Ψ 蛇足 ]
柔術家エルネスト・レニエ(Ernest Régnier)はわざわざレ・ニエ(Ré-Nié)と名前を変えて、自ら習得した柔術(ジゥジツJiu-jitsu)を広めるため3年前に拳闘家と試合をして見事な勝利を収めた。このときの技は「腕ひしぎ」だったという分析をルパン研究家 K.-A さんが詳しく述べている。
*参考サイト:「スリムじゃない生活」腕ひしぎ(その1) - アルセーヌ・ルパンの脱走(1-3)

レニエはもっと柔術人気を呼びこもうとしてロシア人レスラーの(←画像↑)イワン・パドゥニー(Ivan Padoubny, 1871-1949)と対戦を試みた。この野望は無残にも砕かれ、パリでの柔術熱が冷めるのではないかと懸念されたほどだった。パドゥニーが逆にレニエに掛けた「固め技」は直訳で《ボルトの鍵》(クレ・ド・シュヴィユ、Clé de Cheville)と書かれているが、具体的な和名は不明である。
この対戦はあまり新聞記事に書き立てられず、見過ごすところだった。週間紙「野外生活」(La Vie au Grand Air)の12月19日号に掲載された。
また下記の « Google Book Preview » で紹介された『フランス柔道の根源』(Les racines du judo français)ミシェル・ブルス著(Michel Brousse)では12月22日の出来事としている。
*Google Book Preview:Les racines du judo français(Michel Brousse)
出版社: Presses Univ de Bordeaux, 2005
ISBN 2867813689, 9782867813689

またこの本には面白い図版も掲載されている。
*図版紹介:「ご婦人方、防御なさい」(Défendez-vous, Mesdames)
ここでは「ジゥ=ジツの秘密」や「本当のジゥ=ジツ」というシャンソンも作られたことがわかって面白い。

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)柔術家vs拳闘家(1905.10.26)
(2)パリの格闘技大会(1906) (1906.11) 世界チャンピオン杯(Le Championnat du Monde)では昨年の優勝者ロシア人のイワン・パドゥニー(Ivan Padoubny, 1871-1949)が連覇を遂げた。
[PR]
by utsushihara | 2008-12-19 17:16 | スポーツ、乗物、探検1907-08

第15回自動車工業サロン展(1908)

f0028703_22213097.jpg1908年12月

今回で第15回目を迎える自動車工業サロン展(Salon de l’Automobile)は11月28日から12月12日までグラン・パレを会場に開かれ、昨年よりも多くの商談がおこなわれた。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.48; Jan. 1908
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288288 « Le Figaro » le 28 Nov. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
下記に引用したちょうど一年前の自動車工業展は「第10回」とあるので、あとの4回は国や場所を変えて開かれていたと思われる。自動車産業も今以上に急速に拡大・発展していた時代である。

**これまでの関連記事france100.exblog:第10回自動車工業展の開幕(サロン・ド・ロートモビル1907)(1907.11.12)
[PR]
by utsushihara | 2008-12-04 22:18 | スポーツ、乗物、探検1907-08

ラグビー・パリ選手権杯決勝戦(フランス・レーシング・クラブ対スポーティング・クラブ)

f0028703_18165512.jpg1908年11月29日(日)

ラグビー・パリ選手権杯決勝戦は11月29日コロンブ競技場で開催されたが、激戦の末、フランス・レーシング・クラブが6対5でスポーティング・クラブを破り、優勝となった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.48; Jan. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288287 « Le Figaro » le 15 Nov. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
上記の決勝戦の前に11月15日に事実上の決勝戦ともなった一戦があった。それは過去2年共々、宿敵同士の対戦となった「スタッド・フランセ対フランス・レーシング・クラブ」の陰で第3のチームとなっていた「スポーティング・クラブ」が「スタッド」と対戦し、これを破ったのだった。しかしながら決勝ではこれまで準優勝に甘んじていた「レーシング」が「スポーティング」を接戦の末、撃破したのだった。

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)ラグビーのパリ選手権決勝戦(1907)(1907.03.03) スタッド・フランセ対フランス・レーシング・クラブ
(2)パリ・ラグビー選手権の決勝戦(1906)(1906.12.16) スタッド・フランセとレーシング・クラブ
[PR]
by utsushihara | 2008-11-29 18:14 | スポーツ、乗物、探検1907-08

米国サヴァンナでの自動車大賞レース

f0028703_2119282.jpg1908年11月26日(木)

欧州における自動車大賞レースと同様に、アメリカ自動車クラブ主催の大賞レースは11月26日サヴァンナ・サーキットで争われた。競技は周回コースを40周、つまり400マイル(約645km)となる。優勝したのはフィアット車のルイ・ワグナーで、6時間10分31秒で走った。2着はメルセデス車のヴィクトリー・エメリーでわずか16秒の遅れだった。3着はフィアット車のナザーロだった。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #288208 « Le Figaro » le 9 Sep. 1908
出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.48; Jan. 1909


*参考サイト:Grand Prize of the Automobile Club of America at Savannah
**これまでの関連記事france100.exblog:米国ブライアークリフ自動車レース(1908.04.22)
[PR]
by utsushihara | 2008-11-25 13:31 | スポーツ、乗物、探検1907-08

新旧機関車の比較

f0028703_18354575.jpg1908年11月

掲載したのは最新型のPLM鉄道の蒸気機関車である。コンパウンド型という2段膨張機関で、4基のシリンダー、直径2mの車輪をつなぐ車軸3基、2軸のボギー台車を備えている2601-2760シリーズの高速を誇る。
その隣に掲載したのは旧型の蒸気機関車、貨物列車用で、これもコンパウンド型の初期のもので、直径1m50の車輪をつなぐ車軸2基、4701-4932シリーズであった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.48; Jan. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
PLMはフランスの幹線鉄道パリ~リヨン~マルセイユ(Paris-Lyon-Marseille)の頭文字を採った社名である。

**これまでの関連記事france100.exblog:怪物機関車の完成(1907.01)
[PR]
by utsushihara | 2008-11-20 18:34 | スポーツ、乗物、探検1907-08

フェミナ劇場でラ=ヴォー伯爵の講演会「大空の征服」

1908年11月14日(土)

有名な飛行家ラ=ヴォー伯爵は、11月14日と15日の2晩、フェミナ劇場において《大空の征服~サントス=デュモンからウィルバー・ライトまで》と題した講演会を催す。入場料は3フランとなっている。これには映画上映も同時におこなわれる。

f0028703_22585091.jpg出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.48; Jan. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288274 « Le Figaro » le 14 Nov. 1908
画像 Crédit d’image : ©CMN: Ministère de la Culture de France (Médiathèque du Patrimoine et de l'Architecture) Archives photographiques diffusion RMN

[ Ψ 蛇足 ]
アンリ・ド・ラ=ヴォー伯爵(Henry, comte de La Vaulx, 1870-1930)はフランス飛行クラブの創設者の一人であり、自ら気球や飛行船の操縦もおこなう人物だった。ライト兄弟の一人、ウィルバー・ライトがフランスに来て飛行記録への挑戦を始めるや、フランス人飛行家たちも大いに触発されて機体やエンジンの改良を重ね、見る見るうちに飛行機の性能が向上していった。この講演会と同時に上映された映画もこうした飛行機の試験飛行を撮影したものが中心だったと思われる。《大空の征服~サントス=デュモンからウィルバー・ライトまで》(La Conquête de l’air – De Santos-Dumont à Wilbur Wright)は飛行船から飛行機へ人々の興味が移っていったことを示すものではなかっただろうか?

*参考サイト:Wikipedia(仏語)Henry de La Vaulx
**これまでの関連記事france100.exblog:第1回ゴードン・ベネット杯飛行船レース(1906.09.30)「フランス飛行クラブ」(Aéro-Club de France)の中心メンバーだったラ=ヴォー伯爵
[PR]
by utsushihara | 2008-11-18 22:55 | スポーツ、乗物、探検1907-08

ウィルバー・ライトの新たな高度飛行の勝利

f0028703_10575721.jpg1908年11月13日(金)

ウィルバー・ライト氏は今日(13日)ル・マンにて新たな驚異的な勝利となる飛行を達成した。これは彼独自の方式であるプロペラの力だけによる離陸であり、支柱(パイロン)や重石を使わない方法である。ただ一つの条件として離陸に役立つ風が充分に吹いていることが必要だが、人々がこれまで疑っていた飛行機の機体だけで上昇すること、しかも他の飛行機よりも速く確実に、が実証されたのである。かくしてアメリカ製の飛行機に対して最後まで批判的な態度を保ち続けてきた批評家たちも降参した。
そのことは、つまりこれまでの離陸の手段として使われてきたレールの上を走る台車に乗せて、支柱と重石の手助けを受けての出発(le départ sur chariot courant sur un rail avec l’aide du pylône et de ses poids)が決定的で理想的な手段ではなかったことを示すものであり、ライト氏の直接離陸の方式こそ最も実効的な手段であり、最も速い、最も確実な結果を生み出すことが明らかとなった。
ライト氏はさらにサルトの飛行クラブによって設けられた上空30mの「高度大賞」(Grand prix de la hauteur)を獲得する快挙を成し遂げた。これは水素をつめた6個の風船を30mの長さの紐で繋いで浮かばせた場所を超える飛行を実現することが要求されていた。
飛行機は4時3分前に飛び立ち、すぐに高度30mまで上昇し、午後4時にはその風船の並びのさらに45m上空、つまり地上から75mに達した。
彼はそのあと地上すれすれまで降下し、支柱の目印にまっすぐ突き進み、4時14分に観衆の歓呼の中、その2m離れたところに着陸した。レオン・ボレ氏の代表するサルト飛行クラブの委員たちは彼に1000フランの高度大賞と祝福を贈った。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #288274 « Le Figaro » le 14 Nov. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
これまで原初期の飛行機の離陸の方法について詳しく書かれていなかったが、どうやら助走のために線路に乗せた台車が使われていたのが大半だったことが上記の記事で判明した。この記事の訳し方にも大いに苦労させられた。ふと「カタパルト」による飛行機の発進が第2次大戦の艦船で行われていたことを思い出し、それに類似した方式だったのだろうと想像してみてやっと理解できたような気がした。

*参考サイト:MORI LOG ACADEMY :【理科】カタパルト発進
**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)ライト兄弟の新たな飛行記録 (1908.09.21)
(2)飛行家ウィルバー・ライトのフランスでの挑戦(1908.08)
[PR]
by utsushihara | 2008-11-13 10:54 | スポーツ、乗物、探検1907-08