フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

カテゴリ:科学、軍事、海事1907-08( 59 )

第1回航空サロン展の開催(1908)

1908年12月24日(木)

グラン・パレを会場とする第1回航空サロン展(Le 1er Salon de l’Aéronautique)が12月24日から30日まで開催された。初めてのことであるが、1基の飛行船と数多くの飛行機が公衆の目の当たりに展示され、多くの来場者たちは、ライト氏、ドラグランジュ氏、ブレリオ氏、エスノー=ペルトリ氏らの機体の周囲を巡り歩いている。
f0028703_14353743.jpg
(28日付の「マタン」紙の記事)
航空サロン展の成功に弾み。(Le succès du Salon s’accentue)これまでの毎日と同じように昨日の午後も群衆が大挙してグラン・パレに押し寄せた。一昨日予定されていたポール・パンルヴェ氏の飛行機に関する講演会は本日の午後4時に行われる。
アドルフ・クレマン氏は、現在グラン・パレで展示している彼の所有する飛行船よりも5倍の大きさとなる15,000立方米の新たな飛行船を建造する計画であることを発表した。800馬力のエンジンが1つか2つのプロペラを回転させて進むことになる。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.49; Fév. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #568924 « Le Matin » No.9071 ; le 28 Déc. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
当時の人々の最大の関心事が自動車と飛行機だったことがわかる。特に飛行機は数mから数百m、数kmへと一年のうちに飛行距離が飛躍的な進歩を遂げていた。
上記記事にあるアドルフ・クレマン(Adolphe Clément, 1855-1928)は大手自動車メーカー、クレマン=バヤール社(Clément-Bayard)の社主であり、大型飛行船建造への意欲を示し、産業界の活性化の先導をなした。

*参考サイト:Wikipedia(仏語)Clément-Bayard

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)ドラグランジュの飛行記録更新 (1908.09.06) レオン・ドラグランジュ(Léon Delagrange, 1873-1910)
(2)ライト兄弟の新たな飛行記録 (1908.09.21)
(3)自動車ラリー選手の事故死(アルベール・クレマン)(1907.05.17) クレマン=バヤール社(Clément-Bayard)の社主アドルフ・クレマン(Adolphe Clément)の息子
[PR]
by utsushihara | 2008-12-24 14:31 | 科学、軍事、海事1907-08

潜水夫用の酸素供給器

f0028703_17363136.jpg1908年10月

ロンドンのデイリー・ミラー紙の後援によりウォルドーフ・ホテルで催された学術会議で興味深い発表がなされた。海水中での作業に用いられる酸素供給器に関するもので、(←)左掲は着用に立ち会うユージン・サンドゥ氏(中央)と有名な競走選手N.G.ジョージ氏である。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.47; Déc. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
ユージン・サンドゥ(Eugen Sandow, 1867-1925)は「近代ボディビルの父」と称される。中年期以降は健康器具などの製造・販売なども手がけた。「サンドゥ」の名を冠した関連商品(もしくは便乗商品)の広告も当時は多く見られた。

*参考サイト:Wikipedia(和文)ユージン・サンドゥ
**これまでの関連記事france100.exblog: 新型潜水服(1907.01)
[PR]
by utsushihara | 2008-10-21 17:35 | 科学、軍事、海事1907-08

石炭運搬汽船「アマゾン」号の難破

f0028703_17473124.jpg1908年9月3日(木)

9月3日、英仏海峡のニース沖合を逆風で航行中だった石炭運搬汽船「アマゾン」号(Amazon)は、ウェールズ沿岸の岩礁に乗り上げ、船体が2つに割れた。乗組員は全部で32名だったが、船長を含む25名が犠牲となった。ウェールズの沿岸からはこの手の施しようのない海難事故が目の当たりにできたが、一帯で喪に服するしかなかった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.45; Oct. 1908
画像 Crédit photographique:© Casgliad Ffotograffig / Photographic collection; Gathering the jewels; The website for Welsh cultural history: Shipwrecks / The Wreck of the S. S. Amazon on Margam Sands, 1 September 1908
http://education.gtj.org.uk/en/item1/13459
[PR]
by utsushihara | 2008-09-03 17:46 | 科学、軍事、海事1907-08

9月の嵐の中のル・トレポール灯台

f0028703_17445616.jpg1908年9月1日(火)

(←)左掲は9月の嵐の中のル・トレポール灯台である。陰鬱な天候だった8月に引き続き9月の初めもひどい嵐に見舞われた。英仏海峡沿岸の一帯では、海の家が倒壊し、海水浴場は土砂に埋もれ、ボートの破損も数多く報告された。
今年の夏はフランス北部と中部ではとにかく寒い夏のままだった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.45; Oct. 1908
画像 Crédit photographique:©Photo RMN / Gérard Blot / Cote cliché : 04-007761 / Fonds : Peintures / Titre : La Tempête sur le phare / Auteur : Horace Vernet (1789-1863) / Localisation : Nantes, Musée des Beaux Arts
f0028703_17452588.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
1908年の夏はフランスでは冷夏だったようだ。ル・トレポール(Le Tréport)は英仏海峡沿いのディエップの北にある英仏航路の港町で保養地でもある。
「嵐の中の灯台」というテーマは、ロマン主義時代絵画に多く見られる。参考に掲載(→)したのは、オラース・ヴェルネ(Horace Vernet, 1789-1863)作の『嵐の中の灯台』(La Tempête sur le phare)である。
[PR]
by utsushihara | 2008-09-02 17:43 | 科学、軍事、海事1907-08

超能力者ケンダル

f0028703_1863651.jpg1908年8月

ケンダル氏は、未来を予言する能力を有し、人の心理を読む力や、オカルト科学への奥深い造詣は大衆の注目するところであり、ロンドンのミュージック・ホールでの相談会には多くの人々がつめかけている。彼はパリにもやって来るに違いない。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.45; Oct. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
超能力者ケンダル(Kendal)についてはあまり詳しい情報はない。預言者や聖人と異なるのは、神の道を説いたり、奇跡を起こしたりはしない点かもしれない。凡人たちにしてみれば、せめて馬券や宝くじの番号を教えてくれればいい、という刹那的な、皮相な欲望が表に出てしまうのだろうか?
[PR]
by utsushihara | 2008-08-29 18:05 | 科学、軍事、海事1907-08

イタリア軍の新型秘密飛行船

f0028703_21221924.jpg1908年8月16日(日)

イタリアの軍用飛行船が完成する。イタリア北部ブラッチアーノ湖畔で長い間特別工務隊によって作業が続けられていた。イタリア軍の新型飛行船N1はほとんど準備完了し、9月に初飛行を実行する見込みとなった。これまで作業を指揮してきた3人の製作者モリス少佐、クロッコ大尉、リカルドーニ大尉はローマでのドラグランジュの飛行機の試験飛行に注意深く目を配っていた。彼らはまたこのフランス人飛行家による初めての15分間の飛行の公式認定者たちとなった。
この新型N1飛行船に関する最大限の機密が保持され、報道陣は情報をまったく得ることができないでいる。とにかく飛行船についてわかっているのは全長68m、容積2500立方m、機関はバヤール=クレマン社の80馬力、全体にワニスを塗った絹布で覆った葉巻型である。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #288184 « Le Figaro » le 16 Août, 1908
画像 Crédit d’image : © Tuscania Romana : Vigna di Valle – Culla dell’Aviazione Italiana, luogo di memoria(伊語)http://www.tusciaromana.info/c_vdv_origini.htm

[ Ψ 蛇足 ]
モリス少佐:マウリツィオ・マリオ・モリス(Maurizio Mario Moris, 1860-1944)
クロッコ大尉:ガエタノ・アルトゥーロ・クロッコ(Gaetano Arturo Crocco, 1877-1968)
リカルドーニ大尉:オッタヴィオ・リカルドーニ(Ottavio Ricaldoni, 1877-1965)

*参考サイト:
Tuscania Romana : Vigna di Valle – Culla dell’Aviazione Italiana, luogo di memoria(伊語)
[PR]
by utsushihara | 2008-08-18 21:21 | 科学、軍事、海事1907-08

演習砲艦「クロンヌ」での爆発事故

1908年8月12日(木)

演習砲艦《クロンヌ》(栄冠)は8月12日、トゥーロンの南、サラン・ディエールの沖合での艦砲発射訓練の最中に恐るべき爆発事故が発生した。この事件はすぐさまダリアン司令官から海事大臣あての電報で伝えられた。
「砲撃演習ノ最中ニ164.7ミリ砲ノ砲尾蓋ノ爆発ニヨリ、悲シムベキ事故ノ発生ヲ報告イタシマス。原因ハマダ不明。可及的スミヤカニトゥーロンニ帰還イタシマス。」
12日の朝、《クロンヌ》はサラン沖に出て、艦砲射撃訓練をしていた。164.7ミリ砲による砲撃が始まり、午前中の演習は平常通りに実施された。ダリアン司令官は何度も繰り返して言明しているが、訓練は基準に則り進められていたことが確認されている。

砲撃は午後になっても続けられた。砲兵見習兵たちはバブー砲弾を発射する命令を受けた。午後2時30分頃、このうちの一発を装填し、発射したところ、砲尾が突然爆発し、その後側にいた兵士と士官たちは全員投げ飛ばされた。煙が薄れると、そこには目を覆わんばかりの悲惨な光景が現れた。一瞬のうちに艦橋は血汐に洗われ、方々に肉片が飛び散り、瀕死の兵士たちの苦悶のうめき声や叫び声があった。
救難信号により、付近にいた戦艦「聖ルイ」、練習船「マルソー」、駆逐艦「アルバレート(弩)」などが駆けつけ、医師や救護班を送り、無数の負傷者の搬送をおこなった。死者は6名ですべて見習兵であった。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #288181 « Le Figaro » le 13 Août, 1908
出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.44; Sep. 1908

[ Ψ 蛇足 ]
演習砲艦《クロンヌ》(La Couronne; 栄冠)は木造の老朽艦であった。この日35発目の発射であったが、原因は当時重用されたB火薬が砲身内で粉塵化したためではと考えられた。
[PR]
by utsushihara | 2008-08-12 18:21 | 科学、軍事、海事1907-08

巨大飛行船「ツェッペリン4号」の成功と失敗

f0028703_1762329.jpg1908年8月4日(火)~5日(水)

ドイツ帝国防衛のために建造された巨大な飛行船「ツェッペリン4号」は昨日(4日)長い間予告されてきた飛行、華麗な飛行、勝利に満ちた飛行を実現した。これまでプロペラの損傷や格納庫との接触などで2度の延期を余儀なくされてきたが、この日の飛行にドイツ国民全体が狂喜した。
「ツェッペリン4号」はいくつかの損傷個所の修復を終え、空気を注入し、ここ数日間飛行に適した天候の到来を待っていたが、4日、朝7時少し前、フリートリッヒスハーフェン(Friedrichshafen)の格納庫から滑り出て、素晴しい天候のもと、その巨大で堂々とした姿を中空に浮かび上がらせた。そしてシュヴァルツ・ヴァルト(黒い森)を迂回するようにライン川沿いに西に向かった。
午前7時にコンスタンツ(Konstanz)を通過、9時半にバーゼル(Basel)の上空を横切り、11時にカイザーストゥール(Kaizersthul)を通過し、11時45分にシュトラスブルク(ストラスブール,Strasburg)に到着した。繋留地では皇帝ウィルヘルム2世の指示で祝砲が放たれ、歓迎を受けた。再出発の前にツェッペリン伯爵が飛行船に乗り込み、記念の色紙に簡素な言葉で《12時10分、見事な飛行。マンハイムまで。-ツェッペリン》と書き記した。
マンハイム(Mannheim)には午後2時40分、そしてこの初飛行の目的地であるマインツ(Maintz)に午後3時30分に到達した。この大飛行の成功は、ベルリンにも電報で伝えられ、まさにドイツ帝国の国家的な出来事となった。

しかしながら実際には「ツェッペリン4号」はまともな着陸ができなかった。この巨大な飛行船は飛行に不具合が生じ、ウォルムス(Worms)を過ぎてから飛行速度が極端に落ち、ライン川に着水するしかなくなったのである。ある人は方向舵の故障であるとし、別の人は前部の機関の問題であると言った。午後5時45分にマインツから17km離れたライン川に着水した。マインツから多くの人々が駆けつけて来た。この着水は比較的容易におこなわれた。バスス男爵の連絡では不具合は軽微であり、機械の修理とマインツの工場から取り寄せたガスを注入してコンスタンツに向けて再出発する予定である。

8月5日、ドイツの巨大飛行船「ツェッペリン4号」は700kmにおよぶ見事な飛行を達成したものの、ヴュルテンベルク州のエヒテルディンゲン(Echterdingen)に着陸を余儀なくされた。しかし突風に煽られ、火災による爆発で完全に破壊された。この悲惨な最後はドイツ国内に再建のための募金運動を呼び起こしている。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.44; Sep. 1908
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288173 « Le Figaro » le 5 Août, 1908
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288175 « Le Figaro » le 7 Août, 1908
参考画像Crédit d’image: Wikimedia commons, Image:Zeppelin LZ4.jpg
http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Zeppelin_LZ4.jpg

[ Ψ 蛇足 ]
「ツェッペリン4号」(Zeppelin LZ4)の ”LZ” はドイツ語の« Luftschiffbau-Zeppelin »の略号でツェッペリン飛行船の建造通し番号として用いられたようだ。

*参考サイト:Wikipedia(仏語)Ferdinand von Zeppelin (1838-1917) フェルディナント・フォン・ツェッペリン伯爵
[PR]
by utsushihara | 2008-08-04 17:07 | 科学、軍事、海事1907-08

サン=シール陸軍士官学校の百周年

f0028703_14572554.jpg1908年7月2日(木)

7月2日、サン=シールにおいて我が有名な陸軍士官学校の百周年を記念する観兵式と余興の夜会が催された。かつてここはサン=ルイ修道院だった施設であったところに陸軍幼年学校(プリタネ)が設置されていたが、1808年に勅令により陸軍幼年学校はラ=フレシュに移設され、そのあとにフォンテーヌブローにあった特別士官学校がこのサン=シールに移って陸軍士官学校となったのである。
f0028703_14532769.jpg(↑)上画像は騎兵中隊の行進、(→)右画像はガリエニ将軍率いる外人部隊の精鋭である。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.43; Août, 1908
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288143 « Le Figaro » le 6 Juil, 1908

[ Ψ 蛇足 ]
サン=シール(Saint-Cyr)という地名はフランスにとって士官学校と同意義に通用している。これを期して「フィガロ」のグラビア版も発売された。
f0028703_14524896.jpg

[PR]
by utsushihara | 2008-07-02 14:50 | 科学、軍事、海事1907-08

飛行船「レピュブリック」号の初飛行

f0028703_1891248.jpg1908年6月24日(水)

飛行船「レピュブリック」号は6月24日、モワッソンで初飛行に成功した。数日間にわたるパリ近郊の試験飛行を経て軍部に引き渡され、係留地となるトゥルに向かった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.43; Août, 1908

[ Ψ 蛇足 ]
まだ航空機が実用化されていない時代に、「操縦可能な気球」(dirigeable)としての飛行船が軍事的にも非常に重要性が持たれていた。ドイツの軍事力に対抗すべく官民一体となった動きが見られ、技術開発に熱心な産業界でも完成した飛行船を軍部に供用することが多かった。
下記の関連記事にもあるが、半年ほど前にフランス軍は飛行船「祖国」(La Patrie)号を悪天候によって喪失するという失態を経験している。今度こそはという意気込みもあったに違いない。実験地モワッソン(Moisson)はセーヌ川下流の蛇行した草原である。(ジヴェルニーの手前にある)

*参考サイト:ALBUM PHOTO DU XXème SIECLE飛行船「レピュブリック」(共和国)号の写真
**これまでの関連記事france100.exblog: 飛行船「祖国」号の消失(1907.11.29)
[PR]
by utsushihara | 2008-06-24 18:06 | 科学、軍事、海事1907-08