フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

画家スタンネル殺人事件

1908年5月30日(土)

世にも恐ろしい殺人事件が土曜日の夜に起きた。凶悪な事件は連日起きているが、二人が殺害される事件は特筆されるべきものである。この惨劇は芸術的かつ上品な環境で起きたゆえに恐ろしさが強められ、被害者スタンネル氏の知名度ゆえに人々の興味が高まっている。彼は展覧会で何度か賞を取り、叙勲も受けた高名な画家であるが、パリ15区ヴォージラール地区のロンサン小路の自邸で、夜間何者かによって絞殺されたのである。義母にあたる未亡人のジャピィ夫人も彼と同じように絞殺体で発見された。一方、画家の妻、若く魅力的なスタンネル夫人は猿轡でベッドに縛り付けられたものの生き延びたのは幸運としか言いようがなかった。
この恐ろしい犯罪は謎に満ちており、小説のような殺人事件の詳細や状況(一戸建ての屋敷、猿轡、紐、嵐の荒れ狂う夜、遠ざけられた番犬など)は人々の興味をさらにかきたてることとなった。いずれにしても、殺人犯たちはあたかも今はやりの推理小説から出てきたような犯行の手際のよさがうかがえた。

事件の最初の発見者は、23歳の家令レミ・クイヤール、金髪の気が弱そうな青二才の男である。彼の話は次のようであった:
ここ数日はご主人が留守だったので1階で寝起きしていました。土曜の夜はお戻りになったので私は4階の自室で休みました。日曜の朝5時半に目覚め、身支度をして、朝食の準備のため下に降りました。お嬢様の部屋のそばを通ると、うめき声が聞こえました。「どうしたんだろう?」と思って見に行きました。
扉は開いていました。泣き声が続いているように聞こえたので中に入りました。マルト様*の小さな鉄製のベッドに奥様が下着姿で縛りつけられていたのです。細く頑丈な紐で足と手をベッドの枠に括りつけ、身体の周りを何回かぐるぐる巻きになって身動きも出来ない状態でした。口の中には大きな綿球が詰め込まれ、声も出せません。脇机には燃え尽きた蝋燭がありました。(*娘のマルトは田舎の別荘にいてこの時は不在)
私は急いで猿轡をほどきました。奥様は奴らがご主人様と大奥様を殺したのだと言いました。寝室と化粧室の間の廊下にご主人様は首を絞められて倒れていました。その口の中にも綿球が詰め込まれていました。
それから大奥様がベッドの上で同じように猿轡をされて首を絞められて死んでいました。
奥様がまだやつらが階下にいるだろうからとおっしゃるので、私は下に降りずに、窓を開けて縁によじ登り、力の限り助けてくれ!と叫んだのです。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102982 « Je sais tout » No.42; Juillet, 1908
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288108 « Le Figaro » le 1er Juin, 1908
画像 Crédit photographique:©Photo RMN : Cote cliché : 00-030101- © RMN / René-Gabriel Ojéda
Titre : Portrait de madame Steinheil / Auteur : Léon Bonnat (1834-1922) / Localisation : Bayonne, Musée Bonnat

f0028703_21325361.jpg[ Ψ 蛇足 ]
有名な「スタンネル事件」(L’Affaire Steinheil)の発端である。新聞ではこの後毎日のように警察の捜査の状況を報じることになる。「ロンサン小路の二重殺人事件」(Le Double assassinat de l’impasse Ronsin)などの見出しも使われた。この事件に関しては下記(↓)の畏友松本さんのサイトでかなり前に紹介されており、詳細はこれをご覧いただければ、社交界での背景も含め、謎がますます深まっていく様子がわかるだろう。
当時の新聞記事を丁寧に追っていくだけで小説1冊分の分量になるだろうと思う。

上掲(↑)は肖像画家として有名なレオン・ボナ(Léon Bonnat, 1834-1922)の描いた『スタンネル夫人の肖像』(Portrait de madame Steinheil)である。なぜ夫人だけが殺されずに生き残ったか?がずっと後年まで疑惑の中心に留まることになる。活発な性格で社交界に艶名をはせたというが、それほどの美人ではなさそうだ。(バイヨンヌのレオン・ボナ美術館蔵)
被害者の画家アドルフ=シャルル=エドゥアール・スタンネル(Adolphe Charles Edouard Steinheil, 1850-1908)の作品はRMNの検索でも凡庸な作品しか見当たらない。

*参考サイト: Le Parti pris des lettres 文字の味方 文学の味方:ピエール・ダルモン『スタンネル事件』ベル・エポックの犯罪(2004.05.22)
[PR]
by utsushihara | 2008-05-30 18:35 | ★ベルエポック事件簿1908