フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

リムスキー=コルサコフの歌劇『雪娘』(スネグロチカ)パリ初演

f0028703_18372692.jpg1908年5月22日(金)

オペラ・コミック座の『雪娘』の総稽古は5月20日(水)午後1時から、初演は5月22日(金)午後8時からと決定した。オストロフスキーの戯曲より作曲者のリムスキー=コルサコフ氏が序章と4幕の台本をまとめ、アルペリン女史の翻訳をもとにピエール・ラロ氏がフランス語版の台本を用意した。

(↑)画像はリムスキー=コルサコフの歌劇『雪娘』の第3幕の舞台である。5月22日オペラ・コミック座で初演され、作曲者と出演者に大きな拍手喝采が寄せられた。円内は主役の雪娘役のマルグリット・カレ女史と王様役のレオン・ベイル氏である。他に春の精にマリエ・ド・リール女史、冬老人にヴュイユ氏などである。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102982 « Je sais tout » No.42; Juillet, 1908
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288083 « Le Figaro » le 13 Mai, 1908

[ Ψ 蛇足 ]
フランスの記事には「スネグロチカ」としかなかったので『雪娘』に結びつけられなかった。『雪娘』(スネグロチカ= Snégourotchka, ou Snegurochka)はウクライナの民話を題材としている。春の精と冬老人の間に生まれた雪娘は、姿かたちは美しくとも心の中は冷たく、羊飼いの青年の恋愛の心を理解できなかった。やがて・・・

(5月8日付の「フィガロ」の記事から)
オペラ・コミック座のマルグリット・カレ女史は主治医の勧告に従い、南仏のイェールに静養に行くことになった。彼女はそこに半月ほど滞在し、こじらせた風邪を治すとともにこれまでないがしろにしてきた精気を取り戻し、『雪娘』の稽古に集中するつもりである。
南仏から戻る頃にはオペラ・シーズンは終わりに近づき、このリムスキー=コルサコフの美しい作品を上演するには時間がないので、支配人のアルベール・カレ氏は『雪娘』の大成功を願うあまり、上演を次のシーズンの初めに延期することを決めたように思われる。
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288083 « Le Figaro » le 8 Mai, 1908

この記事とは裏腹にマルグリット・カレが早めに復帰したため、上記の初演にこぎつけたものと思われる。リムスキー=コルサコフ(Nikolai Andreevich Rimsky-Korsakov, 1844-1908)がパリの上演に立ち会ったかどうかは調べが及ばないが、彼はそのちょうど1ヵ月後の6月21日に64歳で死去することになる。その前にこうした公演がなされたのは何よりだったに違いない。

*関連サイト:
(1)Wikipedia(英文)Snegurochka
(2)リムスキーダイスキー【ディスコグラフィー】雪娘
[PR]
by utsushihara | 2008-05-22 18:43 | オペラ、音楽、演劇1907-08