フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

ガストン・ルルー「黄色い部屋の謎」の刊行

1907年12月

わが書籍出版部はガストン・ルルー氏による「黄色い部屋の謎」を刊行したところである。この本は、若く洞察力のある新聞記者ジョゼフ・ルールタビーユの最初の事件であり、読者にとっては初出誌に掲載されたときと同じように、かなりの成功作に出会ったように思うだろう。この犯罪捜査の物語は単行本という形をとって、並外れた器用さと知性を兼ね備えた若き素人探偵が、黄色い部屋の苦悶に満ちた謎を解明する活躍を描き、多くの読者に息つく隙も与えないだろうと思われる。最後の1ページまで結果が予測できない、かくも風変わりで夢中にさせるこの作品は、今や大いに売り出されている。別掲にあるような色刷りの表紙で1冊3フラン50である。

出典Crédit:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.36; Jan. 1908; Notes des éditeurs
画像Crédit d’image :Wikisource : Image:Leroux Chambre Jaune.jpg
http://en.wikisource.org/wiki/Image:Leroux_Chambre_Jaune.jpg?match=fr
f0028703_11175267.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
上記は「ジュセトゥ」1908年1月号(12/15発売)の編集後記に記述のあった宣伝文句である。《わが書籍出版部》とはこの「ジュセトゥ」の版元であるピエール・ラフィット社(Éditions Pierre Lafitte)の書籍出版部門のことである。「黄色い部屋の謎」(Le Mystère de la chambre jaune)はフランス・ミステリーの古典的名作で、外部との出入りが閉ざされた密室での事件の謎をどう解明するのかがトリックとして後世の推理小説に大きな影響を与えた。初出誌は、絵入り新聞「イリュストラシオン」の別冊土曜版(Supplément de l’Illustration)で、連載第1回が1907年9月7日に始まった。
作者のガストン・ルルー(Gaston Leroux, 1868-1927)も長い間ジャーナリストとしてロシアの特派員をやったり、小説や劇を発表したりしていたが、モーリス・ルブランやシャーロック・ホームズの人気に刺激を受けた謎解き小説を書こうと、自らの経験をもとに新しい主人公ルールタビーユを生み出した。すでにこの第1作からシリーズ化を構想していたと思われるのは、副題としてアルセーヌ・ルパンに類似した「新聞記者ジョゼフ・ルールタビーユの途方もない冒険の数々」(Les Aventures extraordinaires de Joseph Rouletabille)と複数形でつけているからである。
下の参考サイト(4)(5)にもあるように2003年6月に映画化されていたが、残念ながら日本には入ってこなかった。(DVD邦訳字幕版等の商品化もされなかった。)

*参考サイト
(1)L’Univers de Joseph Rouletabille(ジョゼフ・ルールタビーユの世界:仏語)
(2)Wikisource : La bibliothèque libre ; Mystère de la chambre jaune, par Gaston Leroux(原書のネット無料閲覧ウィキソース:仏語)
(3)BNF-Gallica #80520 : Le Mystère de la chambre jaune, par Gaston Leroux(原書のBNFファクシミリ版1910年版:仏語、レトロな挿絵が豊富)
(4)Cinebel.be; Le Mystère de la chambre jaune(シネベル仏語の映画サイト:黄色い部屋の謎)
(5)楽天Blogフランスのブルゴーニュから:「黄色い部屋の謎」があった城

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)今シーズンのオペラ座(1906年~07年)(1906.09)支配人ペドロ・ゲラールと「オペラ座の怪人」
(2)オデオン座でヴィニーの「チャタトン」再演(1907.01.26) ルルーの劇作「判事たちの家」の紹介

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-12-13 11:16 | 文芸、評論1907-08