フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

ロイ・フラー嬢の「サロメの悲劇」上演

f0028703_1550164.jpg1907年11月9日(土)

11月9日20時30分から芸術座では新しい3本立の出し物の初演が行なわれた。最初の2つは短い喜劇で、最後にロベール・デュミエール氏の詩にもとづいた無言劇「サロメの悲劇」が上演された。音楽はフロラン・シュミット氏で、ロイ・フラー嬢が主役のサロメを踊っている。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.35; Déc. 1907
画像 Crédit d’image : © Streetswing.com : Dance History Archives

*「フィガロ」11月1日付の記事から:
芸術座では「サロメの悲劇」の演出準備の大詰めをむかえているが、主演のロイ・フラー嬢は猛烈な仕事によるひどい疲労にもかかわらず、ロンドンに赴いた。そこの優れた電気技師が彼女のために特別に新しい照明器具を製作したためであり、最初に日曜日のバティニョル大通りのこの劇場で使用される。
出典Crédit:BNF-Gallica #287893 « Le Figaro » le 1er Nov. 1907

[ Ψ 蛇足 ]
ロイ・フラー(Loïe Fuller, 1862-1928)は米国出身の舞踊家である。始めは米国の劇場で踊っていたが、白絹のたっぷりとした蝶のような衣装と新しい電気照明技術を生かした独特の舞踊表現を持ってパリに渡り、1890年代にその幻想的・神秘的な踊りで世紀末の観衆を魅了した。
「サロメの悲劇」(La Tragédie de Salomé)は、新約聖書にあるサロメの話を詩に作ったロベール・デュミエール(Robert d’Humières, 1868-1915)が自由に2幕のパントマイム劇にしたものである。彼は貴族の家柄で、プルーストの友人の一人でもあり、英国の「ジャングル・ブック」の作者キップリング作品の仏訳などにも力を注いだ。
デュミエールの依頼で音楽を担当したフロラン・シュミット(Florent Schmitt, 1870-1958)はドイツ風の名前が多いロレーヌ地方の出身で、パリ音楽院でマスネとフォーレに師事した。1900年にローマ大賞を獲得し、その留学の成果を「詩篇47」(Psaume 47, Op.38)で発表し好評を得た。舞踊音楽「サロメの悲劇」(La Tragédie de Salomé, Op.50)は5つの部分からなる30分足らずの曲だが、壮大な空間の広がりとフランス音楽の持つ豊かな色彩を感じさせ、スケールの大きな音響がある。

*参考サイト:
(1)Wikipedia(仏語)Loïe Fuller
(2)Princeton University Press ; « Electric Salome » - Loie Fuller's Performance of Modernism by Rhonda K. Garelick (英論文)「電気的なサロメ~ロイ・フラーのモダニスム舞踊」

[ ΨΨ 蛇足×2 ]
フロラン・シュミット(Florent Schmitt, 1870-1958)の名前は幸か不幸か、類似名の同時代のオーストリアの作曲家フランツ・シュミット(Franz Schmidt, 1874-1939)と同一視されたり、混同されたりしている。ややこしいのは、後者のほうにユゴー原作の歌劇「ノートル・ダム」(Notre Dame)が代表作として残されていることである。さらに室内楽でも「ピアノ五重奏曲」をそれぞれが作っていて主要曲になっており、珍しいことだが、曲想はフロランのほうにフランス色が出ているので恐らく聞き分けることが出来るだろう。(N響アワーあたりで比較番組でもあれば面白い。)
[PR]
by utsushihara | 2007-11-09 15:44 | オペラ、音楽、演劇1907-08