フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

高踏派の詩人シュリ=プリュドム死去

f0028703_23562199.jpg1907年9月7日(土)

高踏派を代表する詩人で「むなしき優しさ」(Les Vaines tendresses)、「正義」(La Justice)、「幸福」(Le Bonheur)などの詩集の作者で知られるシュリ=プリュドム氏は9月7日パリ南郊シャトネーの村で死去した。1839年パリ生まれ、68歳だった。1881年にアカデミー会員に選ばれ、「パスカルの真の信仰」(Vraies religion de Pascal)などの高邁な哲学的な著作もある。
シュリ=プリュドム氏の葬儀は文学界における当月の大きな出来事となった。シャトネーでの葬儀に続き、パリのマドレーヌ寺院およびペール・ラシェーズ墓地で葬儀は厳粛に執り行なわれた。芸術各界の名士たちが花飾りのまったくない柩の周りにぎっしりと並んだ。弔辞はまったく読まれなかった。彼が25年間にわたって座り続けたアカデミー・フランセーズからは、フランソワ・コペー、ジュール・ルメートル、アンリ・ウッセィ、フレデリック・マッソンらとともに終身事務局長のガストン・ボワシエが出席した。
ミサはオペラ座の歌手ミュラトー氏とデルプージェ氏の独唱で奏された。墓地への葬列は、第104歩兵連隊、第13砲兵隊、および第2胸甲騎馬隊によって導かれた。

出典:BNF-Gallica #102981 « Je sais tout » No.33; Oct 1907
画像 Crédit d’image : © Photo RMN6742- ©Gérard Blot
Titre :René-François-Armand Prudhomme (1839-1907), poète dit Sully-Prudhomme
Auteur : ©Paul Chabas (1869-1937) Localisation : Châteaux de Versailles et de Trianon, Versailles.

[ Ψ 蛇足 ]
シュリ=プリュドム(Sully-Prudhomme, 1839-1907)は筆名である。本名はルネ=フランソワ=アルマン・プリュドム(René-François-Armand Prudhomme)である。単一の筆名の場合はヴォルテール、スタンダールなどと同様に「何の誰兵衛」という苗字と名前の区別がつかなくなる。
その詩作には同時代人の人生や心情についての道徳的省察が加わり、感受性の鋭い表現は一種の分析的叙情性(une sorte de lyrisme analytique)に満ちたものとなった。彼の詩は19世紀後半の多くの作曲家たちによって歌曲に取り入れられており、特に下記の4曲はいずれも低声(バリトンまたはコントラルト)向きの歌でとても味わい深い。
シャルル・グノー(Charles Gounod) :「祈り」(Prière)
アンリ・デュパルク(Hneri Duparc) :「ため息」(Soupir)
ガブリエル・フォーレ(Gabriel Fauré) :「水辺で」(Au bord de l’eau)
ガブリエル・フォーレ(Gabriel Fauré) :「ゆりかご」(Les Berceaux)

1901年にはノーベル文学賞を受賞し、その賞金をもとに詩人賞を創設した。晩年を過ごしたシャトネー=マラブリー(Châtenay-Malabry)はソー公園(Parc de Sceaux)の西側に位置し、一時期文豪シャトーブリアンが暮らした屋敷の「狼谷」(La Valée aux loups)で有名である。(↑)上掲はポール・シャバス(Paul Chabas, 1869-1937)による肖像画。
*参考サイト:Poésie sur la toile(仏語)Sully Prudhomme

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by utsushihara | 2007-09-07 23:50 | 文芸、評論1907-08