フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

オペラ・コミック座で「フォルチュニオ」の初演

f0028703_1812059.jpg1907年6月5日(水)

アルフレッド・ド・ミュッセの「燭台」(Chandelier)にもとづく5幕の新作オペラ「フォルチュニオ」(Fortunio)が6月5日オペラ・コミック座で初演された。台本はロベール・ド・フレー氏とガストン=アルマン・ド・カイヤヴェ氏の共作で、音楽はアンドレ・メサジェ氏という、フランス歌劇の特徴を良く表現した魅力あふれる作品である。画像(←)はその第3幕の一場面である。マルグリット・カレ女史が主役のジャクリーヌを演じ、とても美しい声と優美さでもって歌い上げ、公演は大成功であった。

出典:BNF-Gallica #102980 « Je sais tout » No.30; JUIL 1907
画像 Crédit d’image : © CMN: Archives photographiques (Médiathèque du Patrimoine et de l'Architecture) Atelier Nadar

[ Ψ 蛇足 ]
作曲者のアンドレ・メサジェ(André Messager, 1853-1929)は、科白の多い軽い内容のオペラ・コミックやバレエ作品を残しているが、指揮者としてもドビュッシーの歌劇「ペレアスとメリザンド」の初演を行なったとして歴史に残っている。彼はすでに1908年からオペラ座の正指揮者に予定任命されており、50歳代半ばの最盛期であった。
**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)芸術家のラントレ(2)音楽家たち [ アンドレ・メサジェは燭台を音楽にした。](1906.09)
(2)次期オペラ座支配人にアンドレ・メサジェ(1907.01.23)

ロベール・ド・フレー(Robert de Flers, 1872-1927)とガストン=アルマン・ド・カイヤヴェ(Gaston Arman de Caillavet, 1869-1915)の共作体勢はすでに評価が高まっており、人気劇作家の一二を争うほどであった。
**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)ヴァリエテ座の「ミケットとその母親」(Miquette et sa mère) (1906.11.02)
(2)「夫の好機」の上演(La Chance de Mari) ジムナズ座(1906.05.15)

f0028703_18111525.jpg主役を歌ったマルグリット・カレ(Marguerite Carré, 1881-1947)は、ノルマンディ出身のソプラノ歌手であったが、オペラ・コミック座の支配人アルベール・カレ(Albert Carré)の妻でもあったため、オペラ・コミック座を中心とした公演に数多く出演している。(下記のBlog関連記事参照)いわゆる大物ソプラノ歌手(メアリー・ガーデンやニノン・ヴァランなど)に比べればどうしても聞き劣りはしたものの、そこそこの役柄は立派にこなしていたという。(画像→)
だが劇場支配人とその花形女優の妻という組合せは、往々にして横槍や陰謀が生まれやすいようである。以下にアンリ・ビュッセルの証言を引用してみた。

*参考サイト:
(1)ResMusica.com Quotidien de la Musique Classique(仏語)Malibran-Music -
Paris L’Opera-Comique – Vol.II « de Miarka à Marouf »
La célébration du centenaire de la troisième salle FAVART (Paris) sous la fabuleuse direction d’Albert CARRE.
(2)Amazon.co.jp Andre Messager:Fortunio 「フォルチュニオ」のCDが出ていた!

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)「蝶々夫人」のパリ初演(1906.12.28)
(2)音楽劇「ミアルカ」の初演(1905.11.07)
(3)マスネの新作「ケルビーノ」初演(1905.02.14)
(4)歌劇「マノン」500回目の公演(1905.01.13)

***アンリ・ビュッセル著『パリ楽壇70年』、池内友次郎・訳編、音楽之友社(1966.10)刊より引用。
1905年3月19日(日):9時から正午まで、サン=クルー教会の大オルガンを弾いてすごした。それから、オペラ・コミック座では昼公演(マチネ)の「オルフェ」を指揮し、夜は「ルイーズ」を指揮した。幕間に、アルベール・カレに会いに行き、シーズン後に劇場を去りたいという決心を告げた。(音楽院の)合唱指揮者と(オペラ・コミック座の)オーケストラ指揮者という二つの職務を果たすことが不可能になったからである。心のなかで考えていることは言わないでおいた。それは、マルグリット・カレ夫人が、私に少しの同情も示さず、ひどく私を悩ませた、ということだった!


f0028703_10394490.jpg[ ΨΨ 蛇足の蛇足 ]
ミュッセの詩に「フォルチュニオの唄」(Chanson de Fortunio)というロマンス小詩がある。おそらく上記の劇中人物に詠わせたものと思われる。フォルチュニオ(Fortunio)という人名は、"fortune" という語源からすると《財善富男》のような名前の感じだろうと推測する。この詩に作曲家のオッフェンバックが曲をつけている。昔のエラートLP盤の復元CDでバリテノール歌手のカミーユ・モラーヌ(Camille Maurane, 1911-2010)が歌っているのを聴いてみたが、大正時代の浪漫オペレッタ風の味わいで、まさにレトロじみた曲だった。
高名なオペラ訳詞家の三浦真弓さんのお話を参考にしながら、《たはむれに》自己流で以下に訳してみた。ご参考になれば幸いである。

(→)右の画像は、この年のサロンに出展された「詩人の夢」(Le Rêve du poète - Alfred de Musset)と題されたモンセル・ド・ペラン(Moncel de Perrin, 1866-19??)の浮彫作品(部分)である。ミュッセの没後50年記念らしい。
出典:BNF-Gallica #110437 Catalogue illustré du Salon de 1907, Société des artiste français 


  フォルチュニオの唄                 Chanson de Fortunio
            アルフレッド・ド・ミュッセ             Alfred de Musset
             (「新詩集」所収)         (Recueil : Poésies nouvelles)

愛する人が誰かを言えと              Si vous croyez que je vais dire
思われようと                      Qui j'ose aimer,
国に代えてもその名は               Je ne saurais, pour un empire,
言えませぬ                      Vous la nommer.

お望みなら歌に乗せて               Nous allons chanter à la ronde,
歌いましょう                      Si vous voulez,
憧れの輝くような金髪の               Que je l'adore et qu'elle est blonde
女(ひと)のことを                   Comme les blés.

女(そ)の気まぐれに命じたことを         Je fais ce que sa fantaisie
私はおこない                     Veut m'ordonner,
わが生命(いのち)が要るのなら          Et je puis, s'il lui faut ma vie,
捧げましょう                      La lui donner.

人知れぬ愛の不幸は                Du mal qu'une amour ignorée
苦痛をあたえ                     Nous fait souffrir,
裂かれた心を死ぬまで               J'en porte l'âme déchirée
持つのです                      Jusqu'à mourir.

愛する人が誰かと言うには             Mais j'aime trop pour que je dire
愛しすぎていて                    Qui j'ose aimer,
その女(ひと)のために死にたい          Et je veux mourir pour ma mie
その名を告げずに                  Sans la nommer.

試訳©写原祐二(2007.06)

**参考サイト(追加):カミーユ・モラーヌ エラート録音集大成
CD6枚組の3枚目: 第22曲「フォルチュニオの唄」 作曲者:ジャック・オッフェンバック
ピアノ伴奏:ジェルジー・シェベック
[PR]
by utsushihara | 2007-06-05 17:59 | オペラ、音楽、演劇1907-08