フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

コンセール・コロンヌの正指揮者の交代

1909年11月14日(水)f0028703_9445730.jpg

シャトレ座を拠点として毎週日曜日に続けられてきたコロンヌ管弦楽団の演奏会《コンセール・コロンヌ》(Concerts-Colonne)の主宰者エドゥアール・コロンヌ氏は病気のため、正指揮者の座をガブリエル・ピエルネ氏に譲ることになった。ピエルネ氏はこれまでもしばらく代役としてこのオーケストラを指揮しており、パリの音楽演奏会の伝統を担うコロンヌ管弦楽団の名声を今後も保ち続けるだろう。

11月14日午後2時半からシャトレ座で行なわれる今季4回目のコンセール・コロンヌ定期演奏会では、優れたピアニストであるラウール・プーニョ氏が独奏者として出演し、ダンディとフランクの曲を演奏する。指揮はガブリエル・ピエルネ氏、曲目は以下の通りである。
1.ラロ:歌劇「イスの王」序曲 « Le Roi d'Ys » ouverture (Ed. Lalo).
2.ベートーヴェン:交響曲第2番Deuxième Symphonie, (Beethoven)
3.フランク:交響的変奏曲Variations symphoniques (C. Franck) プーニョ独奏 Raoul Pugno(pf)
4.フォーレ:劇音楽「シャイロック」より6曲 « Shylock » (G. Fauré), musique de scène pour la comédie de Shakespeare (シャイロックの歌、間奏曲、マドリガル、祝婚歌、夜想曲、終曲)
5.ダンディ:フランスの山人の歌による交響曲Symphonie sur un chant montagnard (V. d'Indy) プーニョ独奏Raoul Pugno(pf)
6.ワーグナー:歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲 « Lohengrin » prélude de troisième acte (R. Wagner).

f0028703_945145.jpg出典 Crédit:©BNF-Gallica #5526308 « Touche à tout » No.12; Déc. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288638 « Le Figaro » le 09 Nov. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288640 « Le Figaro » le 11 Nov. 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica - Gabriel Pierné (1863-1937) : [portraits et documents] 1901
Cliché d’Henri Manuel; Source gallica bnf.fr / Bibliothèque nationale de France
画像 Crédit photographique : © RMN / François Vizzavona / Cote cliché : 97-013223 / Titre : Portrait de Raoul Pugno, pianiste et compositeur (1852-1914), exposé au Salon de la Société Nationale des Beaux-Arts de 1912 / Auteur : François Henri E. Morisset (1870-19xx) / Localisation : Paris, agence photo RMN, fonds Druet-Vizzavona

[ Ψ 蛇足 ]
ガブリエル・ピエルネ(Gabriel Pierné, 1863-1937)はパリ音楽院でマスネやフランクに学んだ。作曲家としては広範なジャンルにわたる作品を作り続けたが、印象派的色彩の軽妙なものが多い。指揮者としてはコロンヌ管弦楽団の演奏会で振る機会が多く。特に1909年2月、練習中にコロンヌが倒れてからはほとんど彼が常任の代役を勤めてきた。70歳を越えたコロンヌが復帰を断念してピエルネに後事を託したのは順当な判断であった。
この1909年秋冬のシーズンには、コロンヌ管とラムルー管の双方でベートーヴェンの全交響曲を年代順に演奏する企画がぶつかり、毎週日曜日に競ってプログラムに上げられた。ただしラムルーのほうが3週先行したためこの日(11/14)はコロンヌが第2番、ラムルーが第5番(運命)を演奏した。もともとかけもちが出来ない時間帯なのだが、同日の同曲激突はあまり感心しないので良かった。
(↑)上掲はピアノ独奏者で登場した巨匠ラウール・プーニョの肖像である。

**これまでの関連記事france100.exblog:指揮者コロンヌ練習中に昏倒
http://france100.exblog.jp/11909392
(1909.02.12)
[PR]
by utsushihara | 2009-11-14 09:44 | オペラ、音楽、演劇1909-10