フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

[ 往古広告 ] ココア会社のオランダ旅行無料招待キャンペーン

1909年11月
f0028703_22544918.jpg

ココア・ベンスドルプ社は、10日間の素晴らしいオランダ観光旅行に20名様を無料招待します。
行程: パリ~ドルドレヒト~ロッテルダム~デルフト~ハーグ~シェヴナング~アムステルダム~バッサム~マルケン島~エダム~フォレンダム~ユトレヒト~アルンヘム~ニメーグ~アントワープ~ブリュッセル~パリ
出発日: 1910年夏
日数:  丸々10日間
旅行条件: 列車は一等車、一流ホテルに滞在と宿泊、三食付、自動車代、心付け、30kgまでの荷物運搬代などすべて無料。

応募条件:「ココア・ベンスドルプ」を買うたびに外箱を包んでいる黄色か透明の商標片を大切に保管してください。1910年4月の最後の週にそれを全部束ねて下記の宛先へ郵送してください。
 パリ、グラモン街16番地 ココア・ベンスドルプ社 キャンペーン係

その際、10サンチームの返信用切手を同封してください。折り返し受領した商標片の数を記入した受付証を返送します。125gの箱の商標片を1とカウントし、500gの箱のは4とし、1kgは8といたします。
また商標片の郵送は、4月15日から4月30日までの間に行なってください。それ以前でもそれ以降でも無効といたします。
4月30日の時点で最も多くの数量を送ってくれた20名の方が上記の無料招待旅行の当選者となります。旅行出発日は多数決で決まります。出発日当日は午前8時20分、オペラ座広場1番地のクック旅行社の前に集合します。全行程のあいだ一人の案内人が同行してお世話します。

このキャンペーンは、ココア・ベンスドルプを購入される個人のお客様に限定するものであり、大口の取引関係者は除外されます。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #288653 « Le Figaro » le 22 Nov. 1909f0028703_22551183.jpg

[ Ψ 蛇足 ]
「国際列車時刻表」でも有名な旅行会社トーマス・クック社(Thomas Cook)のパリ支店はこんな大昔からオペラ座の前に店を持っていたのかと驚く。
オランダ観光の魅力を満喫する10日間の旅は多くの人々の興味をかき立てたに違いない。このために必死にベンスドルプ社(Bensdorp)のココアを買い続け、飲み続けた人々の姿は想像するだけで悲喜交々に思える。
ところで、なぜオランダがココアとダイヤ研磨で有名なのだろうか?

**これまでの関連記事france100.exblog:日刊紙「プチ・ジュルナル」が募集した保養地「オステンド」旅行(1909.08)
[PR]
by utsushihara | 2009-11-22 22:53 | ※百年前の広告