フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

歌劇『クオ・ヴァディス』のパリ初演

1909年11月26日(金)
f0028703_18501682.jpg

シェンキェヴィッチの小説にもとづいた5幕7景の歌劇『クオ・ヴァディス』(Quo Vadis)は11月26日、ゲテ座においてパリでの最初の公演がおこなわれ、大成功をおさめた。この歌劇の台本はアンリ・ケーン氏、作曲はジャン・ヌーゲス氏であり、今年2月10日にニース歌劇場(Opéra Municipal de Nice)で初演されたものである。出演は、マリー・ラファルグ女史、テヴネ女史、ジャン・ペリエ氏、セヴェイヤック氏などで、中間部のバレエのディヴェルティスマンをトルーアノヴァ嬢が踊り、注目された。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.59; Déc. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #288658 « Le Figaro » le 27 Nov. 1909
画像 Crédit d’image : ©CMN: Ministère de la Culture de France (Médiathèque du Patrimoine et de l'Architecture) Archives photographiques diffusion RMN
f0028703_1851265.jpg
[ Ψ 蛇足 ]
1905年にノーベル文学賞を得たポーランドの作家シェンキェヴィッチ(Henryk Sienkiewicz, 1846-1916)は、皇帝ネロ治世下のローマを舞台とした歴史小説『クオ・ヴァディス』(Quo Vadis, 1895)で世界的な評価を得た。(画像→)
フランスでは数年前にエミール・モローによって戯曲化され、ポルト・サン=マルタン座で上演された。オペラ化は台本作家としても有名なアンリ・ケーン(Henri Cain, 1857-1937)と若手作曲家のジャン・ヌーゲス(Jean Nouguès, 1875-1932)によって進められた。
パリでの公演は、2大歌劇場を補完する市立歌劇場ゲテ座(Théâtre lyrique de la Gaîté)の支配人イゾラ兄弟によって取り上げられたが、歌手たちが二番手クラスで賄われたのは致し方なかった。それにもかかわらず著名な歴史小説が原作であったせいか、オペラ作品としては人気があり、第1次大戦後の頃まで、欧州各地や米国で繰り返して取り上げられた。
f0028703_18514924.jpgディヴェルティスマンを踊ったナターシャ・トルーアノヴァ(Natacha Trouhanowa, 1885-19xx)はロシア出身のバレリーナで、踊りとともに美貌で注目され、この年の月刊誌「ル・テアトル」No.253の表紙写真に掲載された。(←画像)彼女はこの数年後、デュカのバレエ曲「ペリ」で艶めかしい姿で主役を踊ることになる。

[ ΨΨ 蛇足の蛇足 ]
「クオ・ヴァディス」とは、ラテン語で「あなたはどこに行くのですか?」とペテロが(キリストに)問いかけたという言葉だが、この百年前当時にも好んで使われたようで、競走用気球や競走馬の名前としてつけられていた。現代でも欧州を中心とした(日本でも)ビジネス・ダイアリーや手帳の文具ブランド名となっている。下記(↓)の文具メーカーのサイトに(英文)「そもそもの由来」が絵入りで掲載されている。

*参考サイト:
(1)Quo Vadis Blog, Tools for Creative Minds (ラテン語の意味:英文解説)
(2)Wikipedia(英文)Jean Nouguès 作曲家ジャン・ヌーゲス

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)コレットのパントマイム「欲望と愛情と妄想」ジャン・ヌーゲス作曲(1906.02)
(2)オペラ・コミック座の新シーズン(1909~1910)(1909.10)
[PR]
by utsushihara | 2009-11-26 18:49 | オペラ、音楽、演劇1909-10