フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

ディエップの断崖で老婦人の謎の死

1909年10月26日(火)

昨日(26日)の午後、5時少し前にディエップの古城断崖(Falaise du Vieux-Château)と呼ばれる崖の上で一人の婦人が散歩しているのを釣り人たちが見かけた。すると突然3発の銃声が鳴ったと思うと婦人が崖から宙に身をひるがえし、海岸の岩の上に墜落死したのである。
捜査の結果、この婦人は71歳の未亡人のオルトルー夫人で、パリ9区のアムステルダム街に住んでいたことがわかった。この不幸な女性は高価な宝石類と100フラン以上のお金を身に着けていた。彼女は警察署長に宛てた手紙で家政婦を包括相続者に指名していると書き記していた。

f0028703_23242785.jpg
[ パリでの当紙の取材 ]
71歳のカミーユ=ポーリーヌ・オルトルー夫人は年金を受けて、パリ9区のアムステルダム街x番地の小さなアパルトマンに2年来住んでいた。家賃は年580フラン(月平均48フラン≒12万円)だった。
とても愛想がよく、いつも朗らかでオルトルー夫人は家政婦のバイエ夫人と毎日を穏やかに暮らしていた。家政婦は60歳でバティニョルのジョフロワ=ディドロ歩廊に住んでいた。
夫人には甥が一人いたが、長い間会っていなかった。彼女にはほとんど付き合いする人はなく、外出もごくたまにしかしなかった。季節のいい夏の間には、田舎に住む友人の若夫婦のもとで数週間過ごすことがあった。先週の金曜日の午後2時半頃、夫人は両手に旅行鞄を下げて部屋から下りてきた。そして管理人に辻馬車を呼んでくれるように頼み、とても陽気に「数日間留守にしますので」と挨拶して出かけた。
当紙が調査を進める上で知ったことだが、オルトルー夫人は7千フランの債務を払ってもらうために出かけたのだという。また先般10月7日には彼女は遺言書を作り、それを家政婦に手渡し、包括相続者にしたことを伝えたのだった。
「これが遺言書よ。この歳になればこの先何が起きるかわかりませんからね。」

オルトルー夫人を知っている人で、我々が尋ねまわった人はすべて、彼女が実年齢よりも20歳は若く見え、しかも自殺したことにとても驚いていた。

出典Crédit:©BNF-Gallica #618789 « Le Petit journal » No.17106, le 27 Oct. 1909
画像 Crédit photographique : © RMN / Agence Bulloz / Cote cliché : 03-002587 / Titre : Vue de la plage de Dieppe, prise du château / Auteur : Eva Gonzalès (1849-1883) / Localisation : Dieppe, château-musée

[ Ψ 蛇足 ]
ディエップ(Dieppe)の海岸を描いた絵は少なくないが、RMNのサイトにディエップ博物館所蔵の珍しいエヴァ・ゴンザレス(Eva Gonzalès, 1849-1883)の風景画「ディエップの浜辺のお城からの眺め」があったので、参考掲載した。エヴァはエドゥアール・マネの弟子兼モデルとなった女流画家の一人である。
[PR]
by utsushihara | 2009-10-28 23:22 | ★ベルエポック事件簿1909