フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

伊藤博文公ハルビンで暗殺される(1909)

1909年10月26日(火)
f0028703_1881050.jpg
10月26日、日本で最も優れた政治家の一人、伊藤博文公が満州のハルビン(哈爾浜)で暗殺された。犯人は朝鮮人の青年で、自分の国が日本によって蹂躙された復讐だと語っている。伊藤公は長州藩武士の出身で、71歳、《黄色のビスマルク》(Bismarck jaune)は4年間にわたって朝鮮における日本の初代統監として保護国制を定着させたが、流血沙汰なしという訳ではなかった。

(フラf0028703_1882625.jpgンスの主要各紙でもいち早くこの事件は一面トップで掲載された。右は「プチジュルナル」紙の一面→)
日本の元外務大臣(*ママ下注)で、前朝鮮統監の伊藤博文公(Prince Ito)は26日朝、哈爾浜で朝鮮人によって暗殺された。伊藤公は9時半ごろ列車から降り、ロシアの財務大臣ココツォフ氏一行とともに儀仗兵の前を通り、諸外国の領事団のところに近寄ったとき、背後から数発の銃弾が発射され、致命傷を受けて倒れた。
それと同時に南満州鉄道総裁の田中氏は足に軽い傷を負い、また満州総領事の川上氏はかなり重傷を負ったが生命は取り留めた。伊藤公は銃弾を3発受けていた。
すぐさま犯人は取り押さえられた。彼は朝鮮人であると言い、わざわざ伊藤公の暗殺のために哈爾浜までやってきたという。その意図は主権が蹂躙された国の恨みを晴らすことと、公の統治期間中に彼の親族が殺害されたことへの復讐であった。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.59; Déc. 1909
出典Crédit:©BNF-Gallica #618789 « Le Petit journal » No.17106, le 27 Oct. 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #4059975 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.45; 6 Nov. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
伊藤博文(Hirobumi Ito, 1841-1909)は華族の称号では侯爵(marquis)だったが「伊藤公」(Prince Ito)で通っていた。前日25日(月)にロシアの財務大臣と交渉事のために哈爾浜に赴いていた。ロシア側は北京駐在の特命全権公使も会議に出席していたが、満州鉄道の買収に関するものと思われた。
世界史での「日韓併合」はこの翌年の1910年となるが、それまでに保護国制を敷き、着々と日本側への権限の拡大を浸透させてきた頃である。日本国内における衝撃は計り知れないほど大きなものだったようだ。
(この辺は日本史研究のサイトにお任せしたい。)
(*)記事原文には « Le prince Ito, ancien ministre des Affaires étrangères du Japon »(外相)とあり、私たちの常識であるはずの「初代総理大臣」という記述は残念ながら皆無であった。
f0028703_1884377.jpg(←)左掲は伊藤公夫妻と孫たちの写真である。明治時代は、家庭ではまだ和服が普通であった。

[ ΨΨ 蛇足の蛇足 ]
数年前に偶然、東京都品川区の伊藤小学校の近くを仕事で訪れる機会があった。西大井駅のすぐそばに立派な構えの神社かお寺のような境内があって、人が容易に中には入れないようになっていた。そこが「伊藤公墓所」だった。昔は大井伊藤町という町名だったようで、あまり区の観光案内には出ていなかったので、意外な発見をしたような気がした。
[PR]
by utsushihara | 2009-10-26 18:06 | 日本・東洋事情1909-10