フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

ラッコニージの露伊両君主会談

1909年10月24日(日)f0028703_22482872.jpg

ロシア皇帝ニコライ2世のイタリア訪問における両君主の会談は有名なラッコニージの夏の離宮で催されたが、晩餐会で交された何度かの乾杯の発声には月並み以上に変わったことはないものの、欧州の均衡に影響を及ぼしかねない出来事ゆえに、各国から大いに注目を浴びる結果となった。
これはイタリア外交における恐らく重要な変更のきざしと思われた。両国の外相イスヴォルスキー(Isvolsky)氏とティットーニ(Tittoni)氏とは、この機会に先年のオーストリア帝国によるボスニア併合以来途切れていた折衝を、中東の現状維持の意向ともども会談の項目に取り上げた。彼らはまた、独墺伊の「三国同盟」(Triplice)条約の次の更新についても意見を交し、イタリアが依然として忠実にその枠組に留まっていることを踏まえながらも、新たな平和の手段を模索した。総体的に両国間の会談は平和の保証であり、他の諸国に対し好意的に受けとめられた。
わがフランスの外相ピション(Pichon)氏も帰途につくロシア皇帝の列車に乗り込み、同行のフランス外交官との打合せの時間を持った。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.59; Déc. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #5526304 « Touche à tout » No.11; Nov. 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #4059975 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.45; 6 Nov. 1909

[ Ψ 蛇足 ]f0028703_22485239.jpg
ラッコニージ(Racconigi)はトリノの南約40kmにある町で、中世から城館(Castello Reale di Racconigi)があり、ヴィットリオ=エマヌエーレ3世も夏の離宮として使っていた。(町の全景→)

三国同盟(Triplice)は、ビスマルクの時代の1882年に独墺伊で締結された軍事同盟である。この時各国の君主も宰相もほとんど代替わりして、まもなく30年を経過しようとしていたので「次の更新」(prochain renouvellement)という言葉も出てきていたのだろう。

*参考サイト:Wikipedia(和文)ラッコニージ(Racconigi)
**これまでの関連記事france100.exblog:欧州バカンス外交(1907)(1907.08)
[PR]
by utsushihara | 2009-10-24 22:47 | 各国事情1909-10