フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

突然の嵐でサン=ラザール駅前の道路が陥没

1909年9月18日(土)
f0028703_22582016.jpg


9月18日の夜、パリとその近郊を襲った激しい嵐が数多くの大きな被害をもたらした。その中で最も重大な被害はサン=ラザール駅前の道路で発生した陥没である。
風雨がおさまった早朝午前3時ごろ、降った雨水は下水道に流れ込み、猛烈な水量と勢いで流れていたが、そのうちの本管の一つが決壊した。現在建設工事中の地下鉄南北線の線路内にあふれ出し、この工区の落盤を引き起こしたのだった。
それはちょうど鉄道のサン=ラザール駅前広場とホテル・テルミニュス(終着駅ホテル)の前を通るサン=ラザール街の約20mの長さの道路の陥没となって現れた。歩道にあったキオスクの細長い円筒形の店が倒壊寸前まで傾いた。ルヴァロワ社の自動車タクシー(Auto-Taxi)793-G7号車はちょうどそのときサン=ラザール街の道路を幸いにも空車で通りかかったが、そのまま出来た穴に踏み込んでしまった。運転手のモーリス・エルマンは路面電車の線路が残ったお陰で落下せずに留まった。彼によれば鈍い音を出して地面がへこんで行き、その直後に裂け目から水の流れる激しい音が続いたという。この通りの交通は完全に遮断され、交通整理の警官隊が出て対処した。

パリ近郊のイヴリーでは多くの地下室に浸水し、消防に排水の要請が殺到した。多くの市街地で落雷による停電が起きた。ジュヴィジー駅では一晩中停電が続いた。

パリ20区のジュリアン・ラクロワ街では、プロテスタント教会に落雷し、建物の上にあった十字架に高電流が流れて焼け焦げたため、補修工事が必要となっている。
またバニョレとモンルイユでは午後10時過ぎに低く垂れこめた雲に対して大砲を撃つ試みがなされた。それによって雲が拡散され、あるいは方向が変わることを意図したのだが、砲撃の音と雷鳴とがあいまって、凄まじい響きとなり、ベルヴィルとメニルモンタン地区の住民たちは激しい雨が叩きつける中、緊張を強いられるほかに効果は現われなかった。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #569190 « Le Matin » No.9336; le 19 Sep. 1909
出典Crédit:©BNF-Gallica #618751 « Le Petit journal » No.17068, le 19 Sep. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
このとき工事中のパリ地下鉄南北線とは、現在ではサン=ドニ~シャティヨン=モンルージュを走る13号線を指す。陥没の地点にはメトロのサン=ラザール駅がある。
雨雲に大砲を撃ち放って蹴散らそうとする「伝説的な」試みがここで記事になっているのは珍しい。
[PR]
by utsushihara | 2009-09-18 22:57 | フランス社会政経1909-10