フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

独飛行船『ツェッペリン3号』のベルリン訪問

1909年8月~9月f0028703_182834.jpg

好天と微風に恵まれ、ツェッペリン3号(Zeppelin-III)は8月29日正午過ぎに無事ベルリンに到着した。市の中心部上空とテンペルホーフの演習場の上を高度150~200mで通り過ぎた後、テーツェル射撃場に着陸した。皇帝ウィルヘルム2世は搭乗するツェッペリン伯爵がゴンドラから降り立つのを待ちうけ、最初に握手をして飛行の成功を祝福した。軍楽隊が愛国賛歌「ドイツ、すべてに冠たるドイツ」を続ける中、皇族一行は搭乗員を歓迎し、ベルリン市長ベイッケ氏が公務員を代表して飛行船とツェッペリン伯爵(→)の栄誉を称える演説を行なった。
式典の後、皇帝はツェッペリン伯爵のほか、操縦士のコルスマン氏、機関士のデュルとコバーらの搭乗員を皇室主催の昼食会に招いた。宮殿の外には入場を許された群衆が集まり、皇帝と伯爵が演台に何度か立ち現われると歓呼の声と賛歌で包まれた。この飛行船は民衆の愛着心の対象であり、伯爵はあたかも英雄であった。

f0028703_18283432.jpg
ツェッペリン3号は29日の夜11時24分に南西方向の母基地フリートリヒスハーフェンを目指して離陸した。30日朝、飛行船はウィテンベルク付近のバルジッヒに緊急着陸を余儀なくされた。前面の2番目のプロペラが破損して飛び散り、その破片が飛行船の本体に穴をあけ、ガスが抜けてしまったのである。錨と砂袋を捨ててバランスを保ちながら飛行を続けることはできたが、着地して修理するほうを選んだ。デュル技師は電信を打ち、補修部品と修理工員を派遣するよう要請した。修理には約2日間かかる見込みである。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.57; Oct. 1909
出典Crédit:©BNF-Gallica #618731-32 « Le Petit journal » No.17048-49, le 30-31 Août, 1909

[ Ψ 蛇足 ]
フリートリヒスハーフェン(Friedrichshafen)はコンスタンス湖畔の町。ヴュルテンブルク侯の夏の離宮があった。地名の由来は、1811年領主フリートリヒ1世が古来修道院のあったホーフェン村と自由市ビュヒホルンを併せて新しい町を作ったときに命名された。
飛行船はその存在感は人々を圧倒させるが、風雨や事故に対して非常に脆弱な機体であり、操作の扱いにくさからも、やがて飛行機にとって代わられる運命にあったと予見できる。

**これまでの関連記事france100.exblog:飛行船「ツェッペリンZ-II」の不時着(1909.06.02)
[PR]
by utsushihara | 2009-09-01 18:25 | 科学、軍事、海事1909-10