フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

バリトン歌手ラサルの死

1909年9月7日(火)

元オペラ座専属バリトン歌手のラサル氏は長いあいだ病気に苦しんでいたが、9月7日午後6時頃デュボワ養老院で死去した。
彼は1847年リヨンの生まれで、家族の意向では実業家になるべく教育を受けた。しかし彼の美しい声、素晴しいバリトンの声が音楽関係者の注目を集め、彼に歌手としての道を歩むよう勧めた。彼はパリに出て国立音楽院に入ったが、すぐに中退し、リエージュの劇場で初舞台を踏んだ。演目はマイヤベーアの歌劇『ユグノー教徒』(Les Huguenots)のサン=ブリの役だった。その後、リール、トゥールーズ、ハーグ、ブリュッセルで次々と声価を高め、1872年からパリのオペラ座で契約し、『ウィリアム・テル』や『アフリカの女』をはじめ、『ラオールの王』、『ポリュークト』、『サムソンとデリラ』、『シギュール』などで当代随一の最も稼ぎの多いバリトン歌手となった。また役者としての演技も人々をうならせ、欧州各地のみならず、米国での公演でも大喝采を博した。
f0028703_20585386.jpg彼はかなりの資産を蓄えたので、その後、少年期のもう一つの夢だった実業家の道を試みた。いくつかの事業に手を染めたがあまりうまく行かず、晩年はパリ音楽院の教授におさまり、後進の指導に傾注した。

出典 Crédit:©BNF-Gallica #288575 « Le Figaro » No.251, le 8 Sep. 1909
出典Crédit avec l’illustration:©BNF-Gallica #39751 « Larousse mensuel illustré, revue encyclopédique » No.34 Déc. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #5526296 « Touche à tout » No.10; Oct. 1909

[ Ψ 蛇足 ]
雑誌「トゥシュ・ア・トゥ」の10月号の人物往来欄(Leurs figures)には、ジャン・ラサル(Jean Lassalle, 1847-1909)の死に関する逸話が紹介されている。

ラサル氏は不治の病に冒されていたが、その見通しについて甘い期待を抱くことはなかった。彼は死の半月前に息子を病床に呼んだ。その息子も歌手としてまもなく初舞台を踏むことになっていた。「お祖父さんは私がオペラ座で初めて歌う日の前の晩に亡くなったのだ。私の場合もそうかもしれない。お前が歌う時間の直前に私が死んだことが知らされるだろう。」と彼は語った。
ラサルの予言は本当に当った。息子はベルギーの海浜保養地オステンドのクルサール劇場(Kursaal)で舞台の出番となるまさにそのときに彼は最期の息を引き取ったのである。

息子はロベール・ラサル(Robert Lassalle)といい、テノール歌手として活躍した。オペラ座の舞台には1911年に立つことになる。

*参考サイト:
(1)Jean Lassalle Biography(英文)
(2)YouTube; Jean Lasalle, French Baritone (1847-1909) Massenet: "Chant provençal"マスネ作曲「プロヴァンスの歌」
[PR]
by utsushihara | 2009-09-08 18:48 | オペラ、音楽、演劇1909-10