フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

毎日の記録更新―今度はユベール・ラタムの最長距離飛行記録

1909年8月26日(木)f0028703_2382056.jpg

競争心は感嘆すべきものだ。シャンパーニュ平原の大航空週間では大記録が生み出され、そしてさらにそれが次々と塗り替えられている。ここ数日のあいだポーランは祭典の一番の人気者だったが、今日図らずもその座をユベール・ラタムに譲ることとなった。
ラタムは午前中にアントワネット13号の単葉機に乗り、補助翼を駆使した安定的な飛行を見せ、標柱を7周回した。つまり70kmの距離を1時間1分51秒8で飛んだことになる。これはこの機種としては最速記録であり、大いに賞賛を受けた。
午後1時、彼は美しいヘルメットと新しいゴム製の飛行服姿で現われ、今度はアントワネット29号(Antoinette XXIX)の外見が歪んだような単葉機に乗り込んだ。天候はそれまで穏やかに晴れわたっていたのに、急に日が翳り雲が出て、遠くの空で嵐の兆候が見えた。飛行への悪影響が心配されたが、機体は順調に飛び続けた。搭載燃料の重さゆえに高度は地上20m前後を保ち、遠景の黒雲の空に白い機体がはっきり光って見えた。
途中で強い風雨が荒れだした。それでもラタムは飛び続け、15回目の周回を済ませると勢いがついたまま降下し、2号標柱付近の積み藁にプロペラを突っ込んで止まった。機体はわずかに損傷したが、ラタムは無事に降り立った。すぐに迎えの自動車が出向いた。記録は、154.5kmを2時間17分21秒4だった。
昨日のポーランの長距離飛行記録の134.5kmは10km余り更新された。しかし、ポーランの最長時間飛行記録の2時間43分24秒はそのまま残された。
ラタムとルヴァヴァスールは仲間たちから熱狂的な祝福を受け、観衆からも大喝采された。その熱狂や歓声をぬって、新たな記録への挑戦者たちが次々と飛び立っていった。

f0028703_9424087.jpg出典Crédit:©BNF-Gallica #102985 « Je sais tout » No.57; Oct. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #569166 « Le Matin » No.9313 - le 27 Août, 1909
画像 Crédit photographique:©BNF-Gallica #5738268 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.36; 4 Sep. 1909

**これまでの関連記事france100.exblog:
(1)ルイ・ポーランによる長時間飛行記録の更新(1909.08.25)
(2)英仏海峡横断初飛行への挑戦(6)ユベール・ラタム2度目の失敗で涙(1909.07.27)
[PR]
by utsushihara | 2009-08-26 23:04 | スポーツ、乗物、探検1909-10