フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

ルーヴル百貨店の創業者ショシャール死去

1909年6月5日(土)f0028703_2349239.jpg

ルーヴル百貨店の創業者の一人であり、億万長者であったアルフレッド・ショシャール氏は6月5日死去した。彼は相当な金額と数量を誇る絵画と装飾品の収集家としても知られたが、そのほとんどをルーヴル美術館に遺贈した。また、独身生活を送った彼には遺産相続人がおらず、その莫大な遺産は遺言により親しい友人や使用人たちに分け与えるか、さまざまな慈善団体への寄付となった。受贈者としては、元文部大臣だった政治家のジョルジュ・レイグ氏、フィガロ紙の編集長ガストン・カルメット氏、ブルサン夫人などが挙げられる。
葬儀はマドレーヌ寺院での告別式のあと、ペール・ラシェーズ墓地までの葬列に物見高い大勢の人々が沿道に集まり、念入りに用意されていた豪華な装飾の霊柩車を見送った。

出典Crédit:©BNF-Gallica #102984 « Je sais tout » No.54; Juil. 1909
画像Crédit photographique:©BNF-Gallica #5526278 « La Revue hebdomadaire et son supplément illustré » No.25; 19 Juin, 1909

[ Ψ 蛇足 ]
アルフレッド・ショシャール(Alfred Chauchard, 1821-1909)は実業家として、仲間のオーギュスト・エリオと共にルーヴル美術館の近くのリヴォリ街に面したグラン・オテル・デュ・ルーヴルの一階で店舗を構え、「ギャルリ・デュ・ルーヴル」と称していた。折しも産業革命の進展と万国博ブームで、パリでは消費文化が急速に拡大し、あちこちにデパート(グラン・マガザン)が開業した。彼らも新たにパレ・ロワイヤル広場に面したビルを買い取り、2年の改装工事のあと1877年にデパート「レ・グラン・マガザン・デュ・ルーヴル」(ルーヴル百貨店)を開店した。ショシャールらは巨万の富を築いた。このデパートは、エミール・ゾラの小説『ボヌール・デ・ダム百貨店』のモデルともなった。

f0028703_23494220.jpgその後1879年にエリオが死去し、後継者に経営権が移ると、理由は不明だがショシャールは1885年に株を譲渡し、経営から手を引いた。それからは美術品の収集や文化人との交遊を深め、例えばバルビゾン派の巨匠ミレーの名画「晩鐘」が米国の美術館に売られそうになるのを、高値で競り落として買い戻したりした。

(←)画像はパリ8区ヴェラスケス通りの自邸を出てロンシャンの別邸に赴くありし日のショシャールの姿である。

*参考サイト:
(1)Wikipedia(仏語)Grands Magasins du Louvre
(2)Les Grands Magasins du Louvre - Paris 1er(仏語)写真でたどる変遷
(3)Wikimedia commons; Fichiers multimédias dans la catégorie « Grands Magasins du Louvre »
(4)BNF-Gallica Exposition de “Au bonheur des Dames” de Zola(ゾラの小説の挿絵展)

**これまでの関連記事france100.exblog:デパートのお歳暮広告(1908)(1908.12.07)
[PR]
by utsushihara | 2009-06-05 23:48 | フランス社会政経1909-10