フランス国立図書館(BNF)のデジタル書庫"Gallica"で見つけた百年前の月刊誌「ジュセトゥ」(Je sais tout=私はすべてを知る、という意味)や新聞「フィガロ」(Figaro)等から記事や画像を紹介。(現在1910年で進行中)


by utsushihara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

フランス社会政経1909-10
フランス政治社会1907-08
オペラ、音楽、演劇1909-10
オペラ、音楽、演劇1907-08
美術、彫刻1909-10
美術、彫刻1907-08
文芸、評論1909-10
文芸、評論1907-08
科学、軍事、海事1909-10
科学、軍事、海事1907-08
★ベルエポック事件簿1909
★ベルエポック事件簿1908
スポーツ、乗物、探検1909-10
スポーツ、乗物、探検1907-08
※百年前の広告
独墺バルカン情勢1909-10
独墺バルカン情勢1907-08
モロッコ問題、アフリカ1909-10
モロッコ問題、アフリカ1907-08
日本・東洋事情1909-10
日本・東洋事情1907-08
ロシア帝政末期1907-10
各国事情1909-10
各国事情1907-08
フランス政治社会1905-06
オペラ、音楽、演劇1905-06
★ベルエポック事件簿1910
美術、彫刻1905-06
文芸、評論1905-06
科学、軍事、海事1905-06
スポーツ、乗物、探検1905-06
モロッコ問題、アフリカ1905-06
ドイツ情勢1905-06
ロシア帝政末期1905-06
日露戦争、東洋事情1905-06
各国事情1905-06

タグ

(24)
(24)
(22)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)

最新のトラックバック

一枚の絵 シャバ「九月の朝」
from 壺中山紫庵
オペラ「フォルテュニオ」
from のんのつれづれなるままに
四月の魚
from ブラッケン・ダーキンの肖像
大統領の恥ずかしいような..
from パリノルール blog
ルルー『黄色い部屋の謎』
from Proust+ プルースト・..
11. 異邦人"シャルル..
from サン=サーンスの墓
フロラン・シュミット
from サン=サーンスの墓
ポール・デュカス
from サン=サーンスの墓
鼻の整形術 美しいスマー..
from 鼻の整形術 美しいスマートな華に
タロー兄弟と、コクトーの..
from 発見記録

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
語学

画像一覧

物議をかもしたミルボーの『学寮』ようやく初演

1908年12月7日(月)

一連の突発的な出来事や裁判所の判決のあとで、オクターヴ・ミルボー氏とタデ・ナタンソン氏の3幕劇『学寮』が12月7日、ようやく初演の日の目を見た。その次の日の8日(火)の予約会員向けの公演では、「無礼講」の王者を標榜する王党派闘士(カムロ・デュ・ロワ)の若者たちによる妨害で混乱した。しかしながらその後、人々の評価はこの辛辣な現代悲劇を演ずる出演者たち、バルテ嬢、ユグネ氏、ド・フェローディ氏などを賞賛するばかりの方向となっている。

f0028703_21282055.jpg
出典Crédit:©BNF-Gallica #102983 « Je sais tout » No.48; Jan. 1909
出典 Crédit:©BNF-Gallica #618465 « Le Petit journal » le 7 Déc. 1908
画像 Crédit photographique:©Photo RMN (Musée d'Orsay); Gérard Blot /Cote cliché :00-010537 /Titre :Octave Mirbeau, écrivain français /Description :Album de 500 célébrités contemporaines - collection Félix Potin / Localisation : Paris, Musée d'Orsay

[ Ψ 蛇足 ]
なぜこの劇作品がごたごた続きの末に初演に至ったかの経緯を手短かに述べる。最初1906年12月にコメディ・フランセーズ座の支配人ジュール・クラルティ(Jules Claretie, 1840-1913)がオクターヴ・ミルボー(Octave Mirbeau, 1848-1917)(↑画像)の書き上げた作品『学寮』(Foyer)を上演したいと「不用意に」受け入れたことが発端である。雑誌『ルヴュ・ブランシュ』の編集者としても知られたタデ・ナタンソン(Thadée Natanson, 1868-1951)も共作者として加わっていた。まず台本に目を通したクラルティは、作者が大胆かつ辛辣に現代の上流階級の堕落ぶりをあからさまに描いていたのに驚き、多くの箇所での書き直しを要請した。しかしすでに確固たる地位を築いていたミルボーにとっては出来ない相談であり、それを拒否することになった。するとクラルティは1908年3月に舞台稽古を急遽中止させてしまった。作者のミルボーからコメディ・フランセーズ座を訴える裁判が起こされ、判決は作者側の勝訴となったのである。
その間、上述の記事にあるような極右の「アクシオン・フランセーズ」(L'Action française)や王党派の活動家たち、特に11月に結成されたばかりの「王党派若衆組=カムロ・デュ・ロワ」(Camelots du Roy)などによるさまざまな妨害行動が起こされ、そのたびにミルボーたちは不正を告発し、自分たちの正当性を貫く姿勢を取り続けた。
f0028703_21284159.jpg
戯曲『学寮』(Foyer)の主題は、代議士で慈善家で知られる男爵が、運営する子供たちの学寮の資金を流用してしまったことを何とか揉み消そうとするために、夫人の愛人関係を利用して金策したり、党派間の馴れ合いを取引材料としたり、という偽善的な慈善事業を赤裸々に暴き出すものである。
これまでヴォードヴィル喜劇界で活躍していたフェリクス・ユグネ(Félix Huguenet, 1858-1926)がコメディ・フランセーズに迎え入れられて主演する最初の作品となったが、大女優ジュリア・バルテ(Julia Bartet, 1854-1941)との共演は幸先の良いデビュとなった。(↑画像はフィガロ掲載のイラスト、左からユグネ、バルテ、ド・フェローディである)

*参考サイト:Wikipedia(仏語)« Le Foyer » d’ Octave Mirbeau en collaboration de Tadée Natanson
[PR]
by utsushihara | 2008-12-07 17:25 | オペラ、音楽、演劇1907-08